TOP » Blog » Game

« ピアノ | Monthly List | No Return/Malignant Co./Bong Tongue City : メルマガ創刊! »

大航海時代IV ROTA NOVA

2009/03/18 : Game
13%OFF(約300円引き)で→ 2,550円
www.amazon.co.jp
大航海時代IV ROTA NOVAの通販をもっとみる

Windows版、PS版で発売された大航海時代IV PORTO ESTADOの携帯ゲーム機(DS、PSP)移植版。
携帯ゲームのシュミレーションとはいえ、かなりのボリュームで、長い間遊べます。コーエー曰くリコエイションゲーム(シミュレーションゲームとコンピュータRPGを融合したジャンル)とのことで、単なるシミュレーションではなく、RPG要素もあります。

舞台は16世紀末~17世紀初頭のヨーロッパから始まります。まずは3人の主人公から一人を選び、ゲームスタート。ポルトガルのお坊ちゃんだったり、オランダの商人だったり、スウェーデン海軍の提督だったりとそれぞれ立場や航海の目的がちょっとずつ違います。

ゲームをスタートしたらまずは近くの港に行き、その町と契約。契約すると自分の本拠地との間で交易が出来るようになり、資金を増やすことができます。

資金が増えてきたらちょっと足を伸ばして遠くの町と契約。他の町・地方の特産物や流行品は高く売れるので、効率よく稼ぐ方法を模索するのがなかなかの醍醐味です。莫大な利益を生み出す「黄金航路」を発見するとギルドから報奨金が出ます。

こうして交易を続けて港から港を旅していくうちに様々なイベントが発生したり、新たな航海士が仲間になったり、同盟勢力や敵対勢力が出来てきます。敵対勢力は交易や海戦で戦うことになり、それぞれの地方で宝物を発見したり、地方艦隊を編成したりしつつ北海・地中海・アフリカ・新大陸(アメリカ)・インド洋・東南アジア・東アジアで自分の勢力を伸ばしていくというゲーム。

攻略方法や黄金航路が何通りもあり、アイテムの数も多いので一回クリアしても次のプレイではまた新しい発見があるので長く遊べるのが嬉しいところ。また、主人公ごとにイベントやキーとなるアイテムの入手方法が違ったりするのも良かったです。

タッチペンでのプレイも快適でDSというデバイスにマッチしたアレンジがしてあるのもナイスポイント。

ただどの主人公でプレイしていても、後半になって資金が潤沢になると一気に難易度が下がるのでプレイが「作業」になりがち。これは「三國志」「信長の野望」といったコーエーの他のシミュレーションでも同じような感じなので、ある程度は仕方ないところかと。

ともあれ、シミュレーションが好きで歴史に興味がある人はより楽しめる一本かと。


Bookmark and Share

Update 2014/03/20

トラックバック

トラックバックURL:


sakura