TOP » Blog » Web

« Golden Week日記(後半) | Monthly List | 金環日食 »

虚構新聞騒動について

2012/05/16 : Web

もう殆どの人が忘れていると思いますが、このBlogは昔はエセニュースサイトみたいなことやってました。

今回Twitterを主として発生した、嘘ニュースサイトの最大手である虚構新聞絡みのあれこれが興味深かったので、まとめてみました。


事の発端

発端は以下の記事。

橋下市長、市内の小中学生にツイッターを義務化

大阪市の橋下徹市長は13日、市内全ての小中学生に短文投稿サイト「ツイッター」の利用を義務付ける方針であることを明らかにした。早ければ6月にも「ツイッター利用条例(仮)」案を市議会に提出、可決した後、2学期が始まる9月からの本格施行をめざす。

条例案では、週に1時間程度「ツイッター学習の時間」を設け、ツイートの方法や、フォロー、リツイート、ブロックなど基本的な使い方を指導するとともに、毎日最低1回のツイートを義務付ける。また橋下氏のアカウント(@t_ishin)を必ずフォローすることも定めている。

http://kyoko-np.net/2012051401.html

これについてTwitterで虚構新聞の記事を本当のニュースだと誤解した人たちが、橋本大阪市長に対してマジギレ。

(キレた人たちのツイートはTogetterというサイトにまとめられてますが、あまりそういう人たちを晒し者にするのも趣味が良くないので割愛します。)


冷静(?)な人たちの反応

一方、虚構新聞の存在とそれにまつわる過去の騒動を知っている人たちはこんな反応。

虚構新聞からのお詫び

そして虚構新聞の公式Twitterアカウントにお詫びツイートが。

【お詫び】本日付記事でネット界隈をお騒がせしたことをおわび申し上げます。現実にありえないことをお伝えするのが本紙のポリシーですが、今回非常に多くの方から「橋下氏ならやりかねない」と思われたのが最大の誤算でした。今後はもっと現実離れした虚構報道を心がけます。申し訳ありませんでした。

http://twitter.com/kyoko_np/status/201941260045520896

これで一応収束?ということでそのあと公開された虚構新聞の記事がこれ。

虚構新聞デジタル:「書店にレモン仕掛けた」 京都、6800人が避難

15日午後8時ごろ、京都市嘘中京区にある嘘ブックストア「嘘丸善」に嘘レモンを仕掛けたという匿名の嘘電話があり、嘘警察が嘘出動する嘘事件があった。この嘘騒ぎで書店周辺100メートルを嘘通行禁止にしたため、嘘住民や嘘歩行者など6800人(嘘)が嘘避難した。仕掛けられた嘘レモンは嘘爆破物処理班によって嘘凍結処理された。嘘けが人などは出なかった。

http://kyoko-np.net/2012051602.html

これでもか!と「嘘」という文字を文章のあちこちに散りばめてます。読み難い(笑)。

考察

今回の騒動の発端は、結局ニュースのソースを確認する「1クリック」をしないで、タイトルだけ読んで大騒ぎした人たちが沢山いた、ということなのですが、自分もそうですがタイトルだけで判断してしまうことって結構あるのかと。

昨年の震災後、原発や放射能関係でも本当だかデマだかわからない情報がTwitterやFacebookで飛び交っていました。

普段2ちゃんねるはじめ真偽のわからない情報が飛び交うようなサイトを観ている人は、衝撃的なニュースを聞いたときに「で、ソースは?」という反応をしますが、慣れてない人は記事タイトルだけで反応してしまうことが多いのかと。


こういうことは昔もあったようです。

そのラジオドラマは、1938年10月30日に、アメリカのCBSネットワークにおける「マーキュリー劇場」という番組で放送された。宇宙人が地球(アメリカ)に攻めてきたという内容である。現場からの報告など、実際のニュース放送のような形で放送された。そのため、多くの市民が現実に起きている出来事と勘違いし、パニックを引き起こした、とされているのである。しかも、その作品をプロデュースしたのはオーソン・ウェルズであった。

ラジオドラマ「宇宙戦争」事件 : 宇宙戦争 (H・G・ウェルズ) - Wikipedia
放送後、新聞社を黒幕として非常に多くの訴訟がオーソン・ウェルズを含む製作者に対して行われたが、すべて棄却または無罪となっている。番組放送中、何度も「これはドラマである」旨の放送をしていたためである。なお、警察は暴徒の襲撃に備えて番組終了後にラジオ局を緊急警備した。

ラジオドラマ「宇宙戦争」事件 : 宇宙戦争 (H・G・ウェルズ) - Wikipedia

今回はあくまでネット上で騒動になっただけでしたが、話題や伝え方によっては訴訟問題になるというリスクも。いくらジョークでも、受け取り手によってはいろんな解釈や反応があるので、発信する側もいろいろ訴えられないように予防策を考えておく必要がありますね。

1949年、エクアドルにおいて同様のドラマが放送されたが、この時は放送後に暴徒化した民衆によって出演者6名を含む21名が殺害され、プロデューサーは投獄されている。

ラジオドラマ「宇宙戦争」事件 : 宇宙戦争 (H・G・ウェルズ) - Wikipedia
という記載もあるので、国や文化によっては大惨事になったりする場合もあるのかと。

エイプリルフールでは期間限定でジョーク仕様にするサイトが多いですが、これは「エイプリルフール」という免罪符があるので今回とは違うお話し。

日本人は昔から皮肉や風刺を好む「ジョークの通じる国民性」だと思っているので、虚構新聞のような小粋なジョークサイトもみんなで楽しみながら応援していきたいと思っております。


ちなみに過去の虚構新聞の記事で「この発想はなかった」と感心した記事はこちら。

「嘘ニュース」という自分のサイトのスタンスを逆に利用した究極の風刺だと思います。

関連記事など

Bookmark and Share

Update 2014/03/19

トラックバック

トラックバックURL:

» 金環日食 from Onion Kills Zombies: Blog

2012年5月21日は金環日食でした。 2012年5月21日の日食 - Wikipedia 我が家でも観るつもりでいたのですが、息子の小学校から「金環日食...
2012/05/23 09:12:40


sakura