TOP » Blog » Book

« セルラー | Monthly List | Malignant Co. 新宿ANTIKNOCKありがとうございました! »

Think Simple―アップルを生みだす熱狂的哲学

2013/07/19 : IT Book
複雑に考えて仕事する自分を、誇りに思っていないか。

「シンプル」は現代ビジネスにおける最強の武器だ
スティーブ・ジョブズのもとでアップルの「Think Different」キャンペーンにたずさわり、iMacを命名した伝説のクリエイティブ・ディレクターが初めて明かす、ビジネスとクリエイティブにおける「シンプル」という哲学。
いまや世界一のテクノロジー企業となったアップル躍進の秘密とは?もちろん誰もが知っている事実がある。アップルには偉大なるビジョナリーがいた。デザインに優れ、エンジニアリングにも、製造も小売もマーケティングもコミュニケーションもすべてが優れていた。だが、それらすべてを超越した何かが、真にアップルをアップルたらしめたのだ。
――アップルは「シンプル」の熱狂的信者なのだ

スティーブ・ジョブスのビジネスパートナーとして15年間、「Think Different」キャンペーン、「iMac」の命名と今のアップルの礎になるような実績を残してきた著者による、ジョブスの徹底したマーケティング哲学についての本。

「シンプルである」ということがどれだけ今のビジネスシーン/市場で困難なことか、そしてそれを貫き通すジョブスの並々ならぬ信念がどれだけ強いか、各章で述べられているエピソードの数々からそれが窺い知ることができます。

これはただのジョブスのエピソード集ではなく、何故アップルが今の製品群と今のポジションを勝ち得たかの大きなヒントが述べられています。

シンプルであることは、複雑であることよりむずかしい。
という一文は、アップルのようなPC/モバイル機器メーカーだけではなく、何かを作り出すことを生業としている全ての人に共通することかと。

音楽にさえも言えることかもしれません。

確固たる哲学と、それを実現する技術。
その「技術」の部分にどれだけ投資しようとも、哲学がブレることがないというのがジョブスのCEOとして凄いところだったということが改めてわかる、そしてアップルの魅力の秘密に迫ることができる一冊。

割引なKindle版もあります。

---

【関連書籍】


Bookmark and Share

Update 2014/03/19

トラックバック

トラックバックURL:


sakura