TOP » Blog » Book

« SEIKO SNDD61 | Monthly List | 2014年もよろしくお願いします! »

脳男 (小説/映画)

2013/12/26 : Book Movie
脳男 (講談社文庫)
脳男 (講談社文庫)
posted with amazlet at 13.12.26
首藤 瓜於
講談社

連続爆弾犯のアジトで見つかった、心を持たない男・鈴木一郎。逮捕後、新たな爆弾の在処を警察に告げた、この男は共犯者なのか。男の精神鑑定を担当する医師・鷲谷真梨子は、彼の本性を探ろうとするが......。
脳男 [DVD]
脳男 [DVD]
posted with amazlet at 13.12.26
バップ (2013-08-28)

都内近郊で無差別連続爆破事件が発生。刑事の茶屋が犯人のアジトに潜入するが、確保出来たのは身元不明の謎の男の一人だけ。生まれつき並外れた知能と肉体を持ち、正義のため犯罪者を抹殺する感情のない殺人ロボット。人は、彼を"脳男"と呼んだ...。強烈な個性を放つキャラクターたちが、それぞれの"正義"を胸に、予測不能のドラマを展開するバイオレンスミステリー!

小説と映画、どっちも面白かったので合わせてのレビューです。


小説版はストーリーがシンプルで、読後がスッキリした感じ。
「脳男」の本質をうまく描写できているのはこちらかと思います。

一方映画はサイコ・サスペンスにアクション要素が入った感じで、色々と+αの登場人物やサイドストーリーを絡めてきています。
うまくエンターテインメントとして味付けされています。


個人的な好みで言ったら映画の方がオススメです。「脳男」こと鈴木一郎を演じる生田斗真の演技が良く、また松雪泰子演じる精神科医、鷲谷真梨子について映画で付け加えられた家庭の事情などの人物背景や感情の乱れなどもよりドラマチックに描かれています。

江口洋介演じる茶屋刑事だけは原作の方がインパクトありそうです。
不良を片手で成敗できる大男、ってのはなかなか


どちらか一つだけでも十分作品としては傑作の部類に入りますが、映画を観た後、補完的に小説を読むと楽しめるのでは、と思います。

---

漫画版もありました。こちらは未読。


小説版はもちろんKindle版も。


続編も出てました。

Bookmark and Share

Update 2014/03/20

トラックバック

トラックバックURL:


sakura