TOP » Blog » Diary

« Santa Claus is Coming to Home | Monthly List | 年末年始日記 その1 »

2016年もよろしくお願いします!

2016/01/05 : Diary Blog

newyear2016.blog

昨年もお世話になりました、今年もよろしくお願いします!

毎年恒例の振り返りと今年の目標的なやつを。

家族関連

長男は小学4年生。水泳、体操、ピアノを続けています。宿題などを言われずに出来るようになってきました。最近は漫画とレゴ、それから15年前パパがやっていたPlayStation2の「サルゲッチュ2」にハマっています。

娘さんは幼稚園年少さん。運動会では5段の跳び箱から飛び降りたり、踊ったりと成長をみせ、毎週金曜日の遠足では遠い距離を頑張って歩くことが出来ました。物怖じせずにんなもの
に挑戦する3兄弟中一番のチャレンジャー。

次男君は1歳7か月。秋に歩きはじめ、兄姉の言葉・行動をなんでも真似っこの時期になってきました。おしゃべりたくさん。あっという間に成長するのが驚くやら勿体ないやら。
お姉ちゃんにオモチャを取られて泣いてもすぐに立ち直る3人目です。

妻はゴスペルをはじめ、市民祭りで歌いました。夢は片付いた家に住むこと。5人家族での断捨離は難易度が高いですが、諦めないで取り組んでいくとのことで、自分も不用品の仕分けを頑張っているところです。

去年の記事と読み比べるとみんな成長していて面白いですねー。
子供の成長楽しみです。
あと沖縄旅行もとても楽しかったので、毎年行けるように諸々調整頑張りたいですね。

バンド関連

空手コンドルの復活に伴う加入というのが一番大きかったです。
後から加入、というのはこれまでなかった経験なので、既存曲を新しいメンバー構成に合わせて消化しつつ、新曲を作っていくことで新しい「現在進行形の空手コンドル」を構築できたかなと。
わずか2曲ですが、レコーディングすることによって自分なりの「空手コンドル像」を確立できたのも良かったです。

何よりもサンプラーのhatchの加入が刺激的でした。今までこういうタイプの楽器(?)と一緒にやることなかったので、純粋に面白かったです。
でもSUMMER SONIC 2002にギタリストとして出演したメンバーがギター弾かずに、それを差し置いて自分がギター弾いている、と冷静に考えると恐縮します。何せ2002年のSUMMER SONICはGUNS N' ROSESがヘッドライナー。GUNS N' ROSESと対バン(?)したメンバーとバンドやってる!と考えるとテンション上がりますね(笑)。

ライブ実績としてはNo Returnで4本、空手コンドルで4本、Malignant Co.で1本、とどれも濃いイベントでした。

今年は40歳になる歳なので、このようなイベントを企画しています。

40.K.Z. - O.K.Z. 40th Birthday -
2016/6/25 (土) 新宿ANTIKNOCK
Open 17:00 / Start 17:30
Adv 1,500 yen(仮)
<Band> 空手コンドル / No Return / Malignant Co. / NEVERFEAR / + 3 guest bands

今現役のバンド3バンド+昔のバンド1バンドの、計4ステージ!
それに加えてレア度の高い豪華なゲストバンドを迎えて開催します。

40歳になるタイミングで何かやりたいなー、と思い、構想3年、準備1年という企画です。是非お越しください!

NPO関連

NPO法人アクセプションズでは、[ M.O.D.S. Vol.3 ][バディウォーク Vol.4]という大きなイベントをやらせてもらい、自分も色々と裏方でイベント支えさせてもらいました。
この団体は皆意識もポテンシャルも高くていつも活動が楽しいです。

自分たちのやっていることが果たして「ダウン症の啓発」にどれだけ貢献しているのか?と問いかけながら、手探りでやっているところも多いですが、参加してくれた人や関わってくれた人からのポジティブなフィードバックを糧に、頑張っていきたいと思います。

今年も色々企画を練っているところですので、是非お付き合いください!

仕事関連

昨年はチャレンジを求めて部署異動し、今までとジャンルもメンバーもガラっと変わって新鮮さを感じつつも、荒波のような仕事の中で勉強の毎日でした。
半年経って大分自分のペースが作れ出したり、やり方が確立してきたので、今後はもっと要領良くやっていきながら、新たな価値を生み出すような仕事したいと思います。

その他

読書はKindleでセールなどで安く購入したものばかり読んでました。ざっとライブラリをみると伊坂幸太郎、三浦しをん、伊藤計劃、重松清、貴志祐介、池井戸潤、堂場瞬一、小川洋子などが多かったです。ミーハーです。
今はハインラインの「月は無慈悲な夜の女王」をセールで入手したまま未読だったので、読んでます。でもこれ前に読んだことあるような気が...。

ビジネス書はちょっと食傷気味になってきたので、英語の勉強がてら英語版のビジネス書を読もう...と思って途中で投げ出してるのが何冊かあるので、それを読み切るのが当面の目標。

漫画では手塚治虫新世紀エヴァンゲリオンのkindle版が安くなっていたタイミングで大人買い。
亜人僕だけがいない街ダンジョン飯が面白かったです。
あと刻々も途中までしか読んでませんが、気になってるところ。大人買いしちゃおうかな。

テレビはおそ松さん機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズくらいしかコンスタントに観てませんでした。どっちも夜に一杯やりながら録画を観るのが楽しみになってます。

映画は劇場に全然行ってないので、テレビやAmazonプライムビデオで観てるだけ。
面白かったのは「ダークナイトライジング」「クローン」「ミスト」「ウォッチメン」「スクール・オブ・ロック」「超高速!参勤交代」。
観る時間が中々ないので、名前知っている&前から気になってた映画を片っ端から観てるだけです。
しかし「ウォッチメン」は凄く良かったので、思わず原作コミックまで購入。これは別途レビュー書こうと思っています。

音楽は空手コンドルとしての自分を鍛えるため、今までメインで聴いてなかったヒップホップやR&B、ファンクなどを色々聴いてみましたが、そんな中はじまったAmazonプライムミュージックに驚愕しました。気になるジャンルのプレイリストを片っ端から落とすだけで入門編的な感じになるのが凄い!
メタル系が充実しているのも満足度高いです。あとはスマホアプリにEQ機能が付けば最高なんですが。

こうしてみると読書も映画も音楽もAmazonにずっぽりハマった1年でした。Fire Stick TVも素晴らしいです。

---

そんな感じで今年の抱負より去年の振り返り色が強い記事でしたが、今年もよろしくお願い致します!

---

Bookmark and Share

Update 2017/01/04

トラックバック

トラックバックURL:


sakura