TOP » Blog » Diary

ALL /  1 /  2 /  3 /  4 /  5 /  6 /  7 /  8 /  9 /  10 /  11 /  12 /  13 /  14 /  15 /  16 /  17 /  18 /  19 /  20 /  21 /  22 /  23 /  24 /  25 /  26 /  27 /  28 /  29 

MOLESKIN

2010/02/12 : Diary

一つ前の日記でMOLESKINのノートをコストのため断念、ということを書きましたが、なんと本日妻がバレンタインプレゼントにMOLESKINのルールドノートブックをプレゼントしてくれました。

100212-175102.jpg

仕事用のノートは無印のA5布クロスカバーノートが安くなっていたので数冊まとめ買いしてあるので、せっかくなのでプライベート用のノートとして使おうかと。
ほぼ日手帳では書ききれない、家庭やバンド活動についての諸々を書き留めていければと思います。

[続きを読む......]

ほぼ日手帳

2010/02/12 : Diary

昨年は「なぜか、仕事が速い人」の時間管理術のエントリーにも書いたとおり、アドエスでプライベートのスケジュール管理、能率ダイアリーで仕事の予定やToDO管理をしていました。

しかし、1年運用してみてやっぱりデジタルと紙それぞれ一長一短があることがわかり、今年は

  • 紙でスケジュール管理したい。
  • プライベートとビジネスを一冊に
  • 予定だけじゃなく、健康管理やバンドの企画構想なども書き込みたい
  • 仕事の長いメモは別途ノートを用意し、それに書く。
という方針を決めた上で手帳をいろいろと探した結果、今年からはほぼ日手帳を使い始めました。

まずはプライベートとビジネスの予定を一元管理することで、自分の1日、1週間、1ヶ月の予定のバランスを取り易くなりました。

そしてプライベートでもビジネスでも考え事をするときはやはり紙の手帳の方が向いている気がします。1日1ページと、十分なスペースのあるほぼ日手帳はそういう意味でも書き込むスペースが多くて助かります。

また、デイリーページ下部に記載されている「日々の言葉」も面白かったりためになったりするものが多く、毎日の楽しみの一つになりつつあります。

これは普段のページ。
会議の予定やToDOを青字、その他のコメントや気がついたことなどを黒字で書き込んでます。
また、後々参照すべきことや大事なことを書き込んだページにはカラーの付箋をしおりとして貼り付けています。

100212-174940

先日の出張中のページ。
観光で訪れた場所をメモってます。

100212-174845

仮の予定や、流動的なToDOは付箋に書くことで、予定が変わっても付箋を貼り付けるページを変える事で対応できています。


手帳はほぼ日ストアで購入したのですが、ストア特典のボールペンとしてJETSTREAMの三色ペン(0.5mm)がついてきました。

これの書き心地が抜群で、すっかりハマってしまいました。紙の上をペンが滑るように書けるので、モノを書くのが楽しくなります。

ほぼ日手帳で使われているトモエリバーという紙では湿気の状態によってJETSTREAMのインクが裏抜けすることがあるのですが、自分にとってはあまり気にならなかったです。
ガンガン書いているのでインクの減りが早いので、先日替え芯を多めに購入したほどです。


---

ちなみに仕事用のノートにはA5サイズのしっかりした厚手のノートが欲しく、これもいろいろと検討。
本当はMOLESKINが欲しかったのですが、ガンガン書き込んでガンガン消費するにはちょっとコストが高い、ということで最終的に無印良品のA5布クロスカバーノートに決定。

教科書的な製本なので、しっかり折り曲げないと両ページの隅々まで書けないのが難点ですが、持ったときの触感や後で参照しやすい辺りが気に入っています。

[続きを読む......]

The Legian Tokyo

2010/01/24 : Diary

The Legian Tokyoの招待券を頂いたので、妻と二人でいってきました。

バリ風の内装。夜景が綺麗です。

The Legian Tokyo

[続きを読む......]

パリ出張 7日目

2010/01/23 : Diary

【1/16(土)】

いよいよパリ最終日。
この日は23:35にシャルル・ド・ゴール空港発の便、ということは21:30くらいにチェックインすれば大丈夫なので、20:00過ぎにホテルでタクシー呼んでもらえばOK。つまりそれまではフリータイム!


というわけでまずはチェックアウト&精算してホテルにスーツケースを預けてから地下鉄でシャイヨー宮へ。
シャイヨー宮からエッフェル塔を眺めながらセーヌ川沿いを近代美術館まで散歩し、観光気分を高めます。

20100116-183118-01

20100116-184145-01

20100116-184214-01

20100116-184738-01


そして市立近代美術館。
ピカソ、マティス、モディリアーニなどの作品を堪能。

モダンアートなので部屋全体が作品、とかなんだか暗くて怖いスペースもありました。

20100116-190037-01

この近代美術館の売店で「POPVILLE」という可愛い飛び出す絵本を発見。
ページをめくる度に街が発展していく、という文章で説明するとなんだか味気ないですが、なんだか色遣いもセンスもよく、とてもよい雰囲気なので購入することに。

Amazonで探したらあった!けどまだ日本では発売してない模様。


そしてせっかく滞在中始めての昼移動なので、地下鉄ではなく景色を楽しみながらバスでオランジュリー美術館に移動・・・するはずが、バスの路線が思っていたのと違ったせいか、乗り過ごしてポンヌフまで行ってしまったため、小雨が降る中、セーヌ川沿いを歩いて戻ることに。
まぁこれも旅の楽しみのうちってことで。

20100116-200600-01

20100116-201110-01

再びルーブルの前を通ります。

20100116-201738-01

チュルイリー公園。
小雨が段々本降りになりかけてきました。

20100116-201833-01

20100116-203303-01

そしてようやくオランジェリー美術館。

モネの「睡蓮」の連作が圧巻でした。
2つの部屋に4枚ずつ、合計8枚の巨大な絵画。
観られて良かった!

20100116-205559-01

とても大きな作品ですが、一部を切り取っても素晴らしい。
全体を楽しみつつ、部分も楽しめる凄い作品です。

20100116-210410-01 20100116-210457-01

他にもルノワール、モジリアニ、セザンヌ、ピカソ、ルソー、ドラン、シスレー、マティスなどの作品を堪能。ここでもやはり音声ガイド借りて、その作品の背景や当時の様子などの解説を聞きながらゆっくり楽しみました。

---

オランジェリーを出たら雨がかなり強くなってました。折り畳み傘持ってて良かったです。

この時点で14:00くらい。
チュルイリー近くの「アンジェリーナ」というカフェをフランス人の同僚にオススメされたので行って見る事に。
ガイドブックにも乗ってる有名店なので、日本人観光客の団体など含め10人くらい並んでました。

とりあえず昼食にサンドイッチを注文。そのあとでここの名物のモンブランケーキと「ショコラアフリカン」というホットチョコレート(飲み物のチョコレート)を注文。
甘い!けど美味い!チョコレート好きな人にはたまらない一品かと。
となりのフランス人カップルはこれに生クリームたっぷり入れて飲んでましたが、自分にはそれは流石にヘヴィというかこってりしすぎだったので、生クリームはあまり入れずにほとんどそのまま飲みました。


「アンジェリーナ」出た後は辺りを散策。
しかし「I (ハート) Paris」のTシャツやグッズのある土産物屋ばかりで、ちと辟易してたので本屋や裏通りを回って見たりしました。


ルーブル近くで見つけたサッポロラーメン。

20100117-010000-01

そしてマクドナルド。なんだかオシャレ。
中を覗いたところ、フランスパンっぽいパンを使ったメニューがありました。フランスのオリジナルメニューでしょうか。

20100117-010410-01


また雨が強くなってきたので、ふらりとルーブル近くのアンティークショップに入ってみました。

20100117-012122-01

この写真にあるような中世の鎧や武器、そして貴族が使ってるような高級家具がいろいろと。
美術館とは違い「売り物」であるという事実が、単なる美術品とは違う興味を持って楽しむことが出来ました。

20100117-013714-01

20100117-011641-01


最後に買物でもしようかとギャラリー・ラファイエットへ。
建物の真ん中がどーんと吹き抜けで、その上にはモザイクのステンドグラスがある、というゴージャスなデパートです。
世界中のブランドショップが集まってるんじゃないか、というくらいの勢い。

20100117-025537-01

20100117-021815-01

20100117-025530-01

しかしこの時期がバーゲン、そしてこの日が土曜日だったので凄い人!
1日歩いて疲れていたののと、バーゲンと人ごみの熱気に当てられてなんだか気持ちが悪くなってきてしまいました。

結局人の余りいないお土産だとか雑貨コーナーを見て回っただけで何も買わずに出てきてしまいました。
んー、こういうの場所は「何か買う」じゃなくて、ちゃんと「このブランドのこれが欲しい」という目的意識を持って来ないとダメですね。最後の最後で誤算でした。


と、ここでタイムアウト。地下鉄でホテルに戻り、予定通りの便に搭乗。帰りのフライトでは機内食食べた後そのまま寝てしまい、その後目覚めてから「くもりときどきミートボール」と「インフォーマント!」を鑑賞。

成田への到着が遅れ、予定してた成田エクスプレスに乗れなかったため帰宅までに時間がかかって疲れましたが、無事帰宅できました。


今回は出張の合間にいろいろと観光する時間があってラッキーでした。経費削減のためなかなか海外出張の機会がないのですが、またこういう機会に恵まれたら積極的に海外の文化を肌で感じてきたいなと思いました。

パリ出張 6日目

2010/01/22 : Diary

【1/15(金)】

研修最終日。いろいろと得るものが大きかったです。
ちゃんと帰ってから日本のメンバーにフィードバックしたり、その後の自分の仕事に繋げないと。

---

そしてこの日は早めに終わったので、さっさとホテルに荷物を置いて(流石にノートPC持ち歩いて観光は厳しいので)、夜のルーブル美術館へ。

研修の講師(中国系アメリカ人)の持っていたガイドブックにはルーブル美術館は18:00で閉館、って書いてあったのですが、自分の持っているガイドブックには金曜は22:00までやってる、って書いてあったので念のためホテルのコンシェルジェに確認したら、自分のガイドブックが正しかったので一安心。


20100116-020546-01

20100116-020344-01

20100116-020636-01

20100116-020733-01


3年前は駆け足で回ったルーブルですが、今回は気になるやつをじっくりと堪能したかったので、音声ガイドを借りてポイントを絞ってゆっくり回りました。

ガイドあると一人じゃ気づかないことがいろいろ分かって面白かったです。美術品ってそれ自体が持つオーラというか魅力を自分の視点で楽しむのもいいけど、歴史のある作品についてはその歴史や作品の背景、作者のプロフィールなんかも知っておいた方が面白いですね。

まずはベタに「ミロのビーナス」。
音声ガイドのおかげで新しい発見がありました。
20100116-024834-01

そしてミケランジェロの「囚われの身/瀕死の奴隷」。
20100116-030706-01

「エロスの接吻で目覚めるプシュケ」。
20100116-031119-01

「サモトラケのニケ」。
これは3年前観たときに身震いするような衝撃というか何かを感じたので、是非もう一度観たかったのです。
20100116-040425-01

20100116-031859-01

そしてそのニケの手。
20100116-032018-01

かの有名な「ハンムラビ法典」。
「目には目を、歯には歯を」などの条文がびっしりと書かれている・・・はず。
20100116-052212-01

ナポレオンの部屋。
20100116-045306-01


他にも再度観たかった絵画を中心にいろいろと。

18:00に入館し、音声ガイドの返却期限の21:30までたっぷり堪能しました。

---

その後近くのレストランで夕食。
ウェイターがやたら無愛想でした。

パリ出張 2~5日目

2010/01/19 : Diary

基本的に研修での出張なので、観光する時間はそれほどなかったので、この辺りはまとめてレポート。

---

【1/11(月)】

朝7時に起床するも、外がまだ暗い!どうもこの時期のフランスは日照時間が8:30~17:00くらいのようで、つまりホテルにいる間はずっと夜みたいなもんでした。

ダンフェールロシュロー駅から会社までのシャトルバスが出てるので、それに乗り込んで会社へ。天気予報によると最高気温-1℃、最低気温-4℃とのこと。といっても車内&社内は暖かいので寒いのはホテルからバスまでと、バスから社内までの移動のみですが。

そして会社に着いたら雪景色!中庭には誰かが作った雪だるまもありました。

20100111-185442-01

研修は基本英語なのですが出席者7名中自分以外の6名が全員フランス人のため、雑談は全てフランス語。フランス語は挨拶程度しか分からないので、その間は話が終わるまで待つしかないのがちとつらかったです。

そんな感じで研修1日目は無事終了。


ホテルに戻ってからは、昨日行ってみた駅とは反対側を探検することに。息子へのお土産に「うっかりペネロペ」の原著で、あまり言葉の多くないもの(「読んで」と言われて困らない程度のもの)を購入。

そしてお腹がすいてきたので適当にその辺のイタリアン(と思われる)レストランに入ったら、客が誰もいない!これは地雷踏んだか?と思いながらも、フランス語のメニューを指差して前菜、メイン、デザートと適当に頼んだら結構美味しかったので良かったです。食べている間に他にも3~4組くらいのお客が来たのでこれも一安心。

その後ホテルに帰るまでの間で「TOYOTOMY」というスシレストランを発見。

20100115-054919-01

しかし以前日本に来たフランス人に「フランスの生魚はオススメしない」ということを言われていた上に、ここまで来て寿司食べるのもなぁ・・・と結局入りませんでした。

ちなみにもう少しホテルから離れたところには「OSAKA SUSHI」という店も。
フランス人の同僚は家で手巻き寿司したりしてるらしく、寿司ってある程度メジャーな食べ物ではあるみたいです。

---

【1/12(火)】

この日最高気温-1℃、最低気温-3℃という寒さ。

時差ボケのせいか、夜中に何度も目が覚めたのでイマイチ本調子じゃなかったですが、朝(日本は夕方)自宅に電話して妻子と会話したおかげで気力で研修に臨むことができました。


研修終わって荷物をホテルに置いたら、夜のエッフェル塔へ!

地下鉄の回数券を売っている場所が地下鉄の駅構内に見つからず、近くのバスのチケット販売機でも取り扱っておらず、どうしよう・・・と心が折れかけましたが、RERの駅に入ったらあっさり扱ってる窓口を見つけて一安心。

そして地下鉄に乗ってエッフェル塔へ!
寒かったけど、巨大建築好きとしてはパリのシンボルともいえる建築物を間近で観ることができてよかったです。

20100113-032553-01

展望台からの眺めを楽しもうかと思いましたが、他の日にモンパルナス・タワーの展望台に昇ろうと思っていたのでこの日は下から眺めるだけで満足。

近くをちょっとウロウロしたあと、駅前のイタリアンレストランでパスタ食べて帰宅。観光地なだけあって、英語メニューのあるレストランだったので安心して注文できました。

20100113-034051-01 20100113-034127-01

あと会社でも地下鉄でも、iPhoneユーザを結構見かけるなー、と思ってたら、フランスは2社のキャリアがiPhoneを扱っているとのこと。日本のようにソフトバンクの独占市場ではないので、普及率が高いのかもしれません。
その他にはHTC製などのスマートフォンユーザも結構目に付きました。

---

【1/13(水)】

さすがに疲れが溜まっているようで、この日は研修終了後どこにも行く気になれず。
夕食もホテルのレストランで済ませ(高くて出張予算オーバーw)、早めに就寝。

ちなみにテレビはニュース、カートゥーンチャンネル、MTVなどは英語の番組があったのでそんなのを適当にザッピングしたりしてました。フランス語分からないので、英語に出会うだけでホッとしますw。

---

【1/14(木)】

ランチは一緒に研修受けている人たちと社員食堂で食べるのですが、そんな中でフランス人との文化の違いで気づいたことをいくつか。

  1. みんなポテトとステーキだけ、とか食事のバランスが日本人から見ると異様に偏っているように見える。
  2. でもデザートは必ず食べる。
  3. デザートを複数チョイスする場合も。
  4. デザートのヨーグルトにてんこ盛りに砂糖入れる(これは1人しか見てないけど)。
  5. おしぼりがない。でも食事前にみんな手を洗うわけではない。パンを手づかみで食べるのに・・・。

まぁそれも慣れれば気にならないのかもしれないですが。

あと一緒に研修に参加していたフランス人女性の娘さんが最近ドラえもんにハマリ出したとのコト。そして彼女は谷口ジローファンのとこと。またジブリ映画もやっぱり人気という話で盛り上がりました。日本のマンガ&アニメ文化の話題ってどの国の人でもある程度盛り上がるので便利です。


そしてこの日の研修後は買物へ。

地下鉄の乗換えの際に目にした、駅構内で演奏してたジャズバンド。
若いけどかなりハイレベルで、結構な人だかりができていました。

20100115-030212-01

そして夜のマドレーヌ寺院。

20100115-032156-01

この近くのフォション本店で紅茶好きの妻へのお土産を購入。

その後モンパルナス・タワーの展望台でパリの夜景を楽しもう、と思ってたのですが、ガイドブックにも公式サイトにも22:30までと書いてあったのに、到着した20:00にはもう閉まっていてショック!

仕方がないので、近くのレストランでローストチキン食べた後に近所のスーパーで買物など。
ヨーロッパの文房具ってなんかオシャレなのでいろいろ欲しくなったのですが、細かいところで作りが雑だったり使い勝手が悪そうだったので、A4の書類ケースとクリップセットのみ購入しました。

観光客向けじゃなく、地元の人向けのお店ってその土地の文化が直に味わえて楽しいです。
夜景は見られなかったけど、夜のパリをうろうろして楽しめたのでこの日はそれなりに満足しました。

[続きを読む......]

パリ出張 1日目

2010/01/19 : Diary

20100113-034745-01

1/10から1/16(帰国は1/17)まで、会社の研修でフランスのパリに行ってきました。
3年ぶりの海外出張、しかも初めての一人での海外ということで最初はちょっと不安でしたが、研修後もある程度自由時間があったので観光も楽しめました。

というわけで出張記を徒然に。
カメラはコンパクトデジカメ持っていって、さらに

【1/10(日)】

早朝の高速バスで成田空港へ。
エールフランス便なので第一ターミナル・・・と思い込んでたら、実はJALとの共同便なので第二ターミナルだったことに到着してから気づく。
もっと良く確認しておくんだった・・・。

慌てて電車で第二ターミナルに移動し、無事チェックイン。
小腹が減ったので、たこ焼き食べました。

100110-091655

ちなみに出張中に撮影した食事の写真はこのたこ焼きの写真だけw
もっと撮影しておけば良かったです。

そして無事帝国どおりに搭乗。
JALは今ニュースで色々言われている割りに、機内の設備もサービスも良くて快適でした。ビジネスクラスだけあって機内食もかなりクオリティ高かったし!といってもビジネスクラスなんて会社の経費じゃなければとても乗れませんが。

機内では「THIS IS IT」「カールじいさんの空とぶ家」「サロゲート」「ようこそゾンビランドへ」などを鑑賞。ここでぐっすり寝ちゃうと夜時差ボケで眠れなくなりそうなので、映画が充実していて退屈しないで良かったです。どの映画も面白かったので、レビューはまた別記事で。

そして現地時間の夕方に無事到着。
最高気温-1℃というだけあって、寒い!
父親に暖かいコート借りて、さらに帽子、厚手の手袋、マフラーと防寒していってよかったです。

ハイヤーでパリ市内のホテルまで送ってもらい、ホテルにチェックイン後、近くを散策。
ホテルの周りはこんな雰囲気。

20100114-013944-01

5分ほど歩くと、RERと地下鉄、バスターミナルのあるダンフェールロシュローという大きな駅に出ます。

その近くの商店街などをブラブラと。

20100112-020221-01

ちなみにこのときはホテルチェックインして夕飯食べようと財布だけ持って出かけたんですが、英語メニューのあるレストランが殆どない!

ホテルがあるのがパリの中心部からはちと外れたところで、距離的に言うとシャンゼリゼ通りが池袋ならダンフェールロシュローは練馬、という感じなので、観光客向けの英語メニュー置いてあるところってあまりないのです。

電子辞書に簡単な仏単語なら入ってるので持っていけばよかったんだけど、どうせ英語メニューあるだろう、くらいの気持ちで行ったのが大きな誤算。

というわけで無難に「オニオンリング」「タコス」とかそういう明らかに何が出てくるか分かるもの頼んでしまいましたw 。
ハンバーガーとかあったからあれは明らかにフランス料理の店じゃなかったけど。
でもタコス頼んだら、プレートにタコス2つとピラフとサラダとカレー味の豆料理とてんこ盛りだったので、かなりお腹いっぱいに。

そして明日からの研修に備え、この日は早めに就寝。

謹賀新年2010

2010/01/04 : Diary Blog

newyear2010_image

というわけで今年もよろしくお願いします!

年末年始は実家でだらだらしたり、子供の面倒みたり、だらだらしたり、餅たべまくったり、だらだらしたりしてました。


餅

というか夜は本読んだり勉強したりしようといろいろ持っていったんだけど、結局飲みながら喋っていたか、DSでドラクエ9やってたか、テレビばかり観ていました(笑)。

いやー、正月のテレビって面白いですねー。
ちなみに年越しはDynamite!!観てました。


そんなこんなで明日から仕事なので、気合入れて行きたいと思います。
今年も充実した一年になりますように。


しかし明日ちゃんと起きられるかな・・・。

高円寺

2009/12/05 : Diary

NEVERFEARでもNo Returnでも、他のバンドでも数え切れないくらいお世話になったライブハウスが閉店。


なんかいろいろ書きたいことがあって、一回凄い長文になったんだけど、そういうことを今書きたいわけじゃない、と思って全消去。

20000Vでは、何回も深夜貸切でPA練習をさせてもらった。あの場所でNEVERFEARの1stアルバムの大半が出来たといっても過言ではない。

GEARではNEVERFEAR時代は第二のホームとして、No Returnはじめてからは第一のホームとして活動させてもらった。


とにかく、お疲れ様&ありがとう。
自分が育った場所がなくなるのは寂しくて切ないですが、育ててくれたことは忘れません。

田無神社 例大祭

2009/10/12 : Diary Photo

田無神社の例大祭にに行ってきました。

屋台の食べ物ってどうしてああどれもこれも美味しそうなんでしょうか。
空手の演武とか大道芸とか面白かったです。

EOS_2009_10_11_2767

EOS_2009_10_11_2769

EOS_2009_10_11_2777

EOS_2009_10_11_2781

EOS_2009_10_11_2782

EOS_2009_10_11_2819

[続きを読む......]

ALL /  1 /  2 /  3 /  4 /  5 /  6 /  7 /  8 /  9 /  10 /  11 /  12 /  13 /  14 /  15 /  16 /  17 /  18 /  19 /  20 /  21 /  22 /  23 /  24 /  25 /  26 /  27 /  28 /  29 

rakuten