TOP » Blog » Game

ALL /  1 /  2 /  3 

悪魔城ドラキュラ ギャラリーオブラビリンス

2009/01/30 : Game

公式サイト

悪魔城ドラキュラ 蒼月の十字架に続く、ニンテンドーDSでの悪魔城ドラキュラシリーズ第二弾。

今回も蒼月の十字架と同じくマップ探索型のアクションRPGシステムが採用されてますが、大きな特徴としては蒼月の十字架のおまけモード(ユリウスモード)のようなキャラクター切り替えが使えるということ。

従来のバンパイア・ハンター達と同じく物理攻撃主体のジョナサンの他に魔法攻撃主体のシャーロットがプレイヤーキャラクターとして使用でき、2人を切り替えながら、時には2人同時に使用しながら悪魔城の中を進んでいきます。
特にエフェクトが派手な合体技はボス戦などで思い通りに決まると気持ちよいです。

また、クエストと呼ばれる新要素では、与えられる課題をこなすことで新しいアイテムや技・魔法を習得することが得ることができるため、本筋のストーリーとは別の楽しみ方も。

モンスター辞典、アイテム辞典などのやりこみ要素や、クリア後の別モードも充実しており、悪魔城シリーズが好きなら長く楽しめる一本になると思います。
実際、かなり長い時間自分のDSはこのソフトの専用機になってました(笑)。

[続きを読む......]

悪魔城ドラキュラ 蒼月の十字架

2009/01/19 : Game
悪魔城ドラキュラ~蒼月の十字架~ コナミ殿堂コレクション
コナミデジタルエンタテインメント (2009-10-29)


悪魔城ドラキュラ 蒼月の十字架

ニンテンドーDSでの悪魔城ドラキュラシリーズ第一弾。従来の横スクロールアクションではなく、「悪魔城ドラキュラX 月下の夜想曲」のような探索型アクションRPGシステムが採用されているのですが、これがDSと相性が良く、上画面にマップ、下画面にメインの画面というのが見易くてよかったです。

DSならではのタッチペンを使ったアクションもありつつ、なかなか緊張感のある戦いが楽しめます。

今回のシステムの特徴である、モンスターの能力を取り込んで装備できるという「タクティカル・ソウル」システムもなかなか奥深く、上手くソウルを組み合わせてボスを攻略したり、マップの謎解きをしたりといったところが楽しいです。

モンスター図鑑のコンプリートやアイテム収集などのやりこみ要素のほか、クリア後には別キャラクターで別ストーリーを楽しめたり、タイムアタックができるボスラッシュモードや、ハードモードなど長く遊べる工夫にもぬかりはありません。

ゴシックテイストのゲームの雰囲気に合わせた音楽や、細部まで書き込まれたドット絵、細かい仕掛けなども楽しく、マップ内を目的なく散歩しているだけでも楽しめます。

ドラキュラシリーズだけでなく、「メトロイド」形式のマップ探索型アクションが好きな人にもオススメの一本です。
「月下の夜想曲」にハマっていた自分にはかなりツボにはまったゲームでした。

[続きを読む......]

マリオカートDS

2008/09/19 : Game
人気レースゲーム『マリオカート』がニンテンドーDSに登場。「キノコ」や「こうら」といったお馴染みのアイテムのほかにも、コース上を飛行してライバルをなぎ倒す無敵の「キラー」、自分より上位のカートの視界に墨をくっつけて邪魔をする「ゲッソー」の2つの新アイテムが登場。また、課題をクリアーしていく1人用新モード「ミッションラン」が追加された。コースは、新たな16コースとリメイク16コースを合わせた合計32コース。ゲームシェアリングで8人対戦が可能のほか、Wi-Fiで国内や世界の強豪と対戦することもできる。

甥が持っていて、今年の正月にちょっと遊ばせてもらったら急に欲しくなって購入。

プレイしてみて分かったのですが、DSと凄く相性の良いゲーム。新コース+過去のコースがあるので、他機種でプレイしていた人にも楽しめるようになっているのかと。

初心者から上級者まで、長く遊べるのが良いところかと。いろいろなテクを駆使してタイムが縮んでいくのは楽しいです。

150ccが難しくて全部クリアできませんが、気長に挑戦していきたいところ。

DS持っているなら持っていて損のない一本。

[続きを読む......]

ドラゴンクエストモンスターズ ジョーカー

2008/04/25 : Game
B000BQYJO6ドラゴンクエストモンスターズ ジョーカー
スクウェア・エニックス 2006-12-28

by G-Tools

GB版の「ドラゴンクエストモンスターズ テリーのワンダーランド」が中々ハマったので、DS版ドラゴンクエスト IVクリア後にプレイ。

ドラゴンクエスト VIIIのレベルファイブが開発ということで、画面は全てDQ8ライクな3D。
画面が小さいので不安でしたが、上画面にメインビュー、下画面にマップが出るので操作性を損なうことも少なかったです。

モンスターも初代ドラクエから8作目まで幅広く出演(?)しており、ドラクエシリーズファンには嬉しいところ。
戦闘シーンも3Dアニメーションでモンスターたちがリアルに動くのは観てるだけで楽しいものが。

ルーラの仕様の問題で移動や、メタルスライム狩りまでの過程が面倒だったりした点もありますが、逆に自分で工夫して効率よく移動する方法を考えたりするのも、また遊び方の一つかと。

初回クリアのあともやりこみストーリーが続くのが、やりこみ前提というこのゲームの性質を踏まえた展開でナイスでした。
ちなみにネタバレになりますが、クリア時のBGMがあの曲だったのは結構ぐっときました。

現在はメインで使ってたモンスターを鍛えつつ、ボスキャラ系の配合に挑戦中です。
攻略サイトみたらまだまだ先が長そうなので、もうしばらく遊べそうです。

[続きを読む......]

ドラゴンクエストIV 導かれし者たち

2008/03/21 : Game
B000UTM356ドラゴンクエストIV 導かれし者たち
スクウェア・エニックス 2007-11-22

by G-Tools

■ニンテンドーDS版『ドラゴンクエストIV 導かれし者たち』スペシャルサイト

人気RPG、ドラゴンクエストシリーズの第4作のリメーク&NintendoDS移植版。
どこでも手軽にドラクエが遊べるのはもちろん、グラフィックや追加要素も傑作ゲームに新たな魅力を追加しています。

オリジナルは1990年に発売されたものですが、時代を超えて楽しめるクオリティの高さは流石の一言。

オリジナルからの追加要素としてはざっと以下のような感じ。

  • べんりボタン(「しらべる」がボタン一つで行える)
  • 「ふくろ」の導入
  • 仲間会話システム
  • 戦歴システム
  • 移民の町
  • 地図が上画面に表示
  • 「ちいさなメダル」が非アイテム扱いに(アイテム欄で邪魔にならない)
  • モンスター図鑑
  • 第6章の追加

中でも楽しかったのは仲間会話システム。
それぞれのキャラクター毎の性格などの設定がより細かくされ、物語により踏み込んで楽しむことができます。
ただし全7人の仲間のうちパーティに組み込めるのは4人まで(主人公をパーティからはずした場合)なので、全てのキャラクターの会話を聞くには、シチュエーションや町毎にパーティメンバーを入れ替える必要が。

追加となった第6章は、最近のドラクエによくあるクリア後の裏ダンジョン的なものでしたが、結構楽しめました。

オリジナル経験者も未経験者も楽しめる名作RPGの一本です。


ちなみに自分の第5章のパーティは主人公、アリーナ、クリフトを中心に、状況に応じてライアン、ブライ、マーニャを入れ替る、というスタイルがメインでした。

[続きを読む......]

JUMP ULTIMATE STARS

2008/03/04 : Game
B000KED8MSジャンプアルティメットスターズ(特典無し)
任天堂 2006-11-23

by G-Tools

歴代の週刊少年ジャンプのキャラクターが勢ぞろいしているニンテンドーDS用格闘ゲーム。

最近の作品はONE PIECEとHUNTER×HUNTER、ピューと吹くジャガー、DEATH NOTEくらいしか読んでないのですが、ドラゴンボール、キン肉マン、北斗の拳、男塾、聖闘士星矢などなつかしの作品もてんこ盛り。

好きな作品のキャラクターをパワーアップさせて戦うのは楽しいです。
自分はルフィ(ONE PIECE)とケンシロウ(北斗の拳)が一番使い勝手がよかったので、この2キャラクターを中心にデッキを組んでました。
最近の知らない作品のキャラクターは全然パワーアップさせてなくて、ほぼ初期状態のまま放置(笑)。

格闘ゲームが苦手でも、簡単操作で技が出るのでストレスなく遊べます。
といいつつも、自分は難しいミッションがクリアできずにコンプリート前に諦めてしまいましたが(笑)。

アクションゲームが好きで、週刊少年ジャンプの読者の方なら結構楽しめると思います。

[続きを読む......]

きみのためなら死ねる

2008/01/24 : Game
B00067HN3Yきみのためなら死ねる
セガ 2004-12-02

by G-Tools
Nitendo DSだからできる、ほかのプラットフォームには移植できない新ギミック満載の新しいゲームが本タイトルだ。一言で言うなら、タッチパネルで繰り広げられる新しい愛の形だ。

ナイスバディの魅力的な彼女。彼女のまわりには、いつもイメメンたちが。主人公である少年は、彼は彼女に一目ぼれをしてしまいまう。そして、彼はいつか彼女に振り向いてもらいたくて、色々な試練に立ち向かうという、シンプルなストーリー。ゲームを進めると、シナリオに合わせて、主人公の彼女に対する想いを試すいろいろなことが起きる。たとえば、彼女がさそりに襲われたり、砂浜で大事なものを無くしたりなど。さまざまな局面で、的確なタッチアクションをしなければならない。

ゲームのキーになっているタッチアクションとは、取る、撃つ、つなぐ、扇ぐ、さわる、こするなど、多数用意されている。ありきたりなアクションではあるが、ゲームの中ですると新しい感覚に見舞われる。マイク機能にも対応しており、ろうそくを吹き消すなどのアクションもある。操作体系だけでなく、独特の色使いのグラフィックも必見だ。

発売(発表?)当初、その独特のメインテーマ曲が2ch界隈を中心に話題になったゲーム。
Nintendo DSゲットしたらやってみたかったタイトルの一つです。

そもそもスペースチャンネル5が大好きで、その開発スタッフがソニックチームと合流して開発した、ってところから期待大だったのですが、やっぱり大当たりでした。

基本的にはタッチペンを使ったミニゲーム集。しかしグラフィックと音楽のセンスが良く(好き嫌いの分かれるところかもしれませんが)、

あと若干ネタバレになりますが、中盤以降で出てくる「ダンス」というミニゲームが懐かしのスペースチャンネル5的なゲームです!
これはかなり嬉しかった!!

ゲームの難易度はやや高めに感じました。
後半は集中力がモノを言います。
特に一周すると出てくる「ハード」モードだとかなり難しいです。現在鋭意挑戦中ですが、これをクリアすると「ヘル」という最高難易度のモードも出てくるとのこと。

クリア後のやりこみ要素もあり、中々長く遊べるタイトル。
ただ「Love Scene」などのゲームでは、場面によっては電車の中など公共の場でやってると変な目で見られそうなものもあるので、注意が必要です。

[続きを読む......]

ゼルダの伝説 夢幻の砂時計

2008/01/23 : Game
B000FJ8DB4ゼルダの伝説 夢幻の砂時計
任天堂 2007-06-23

by G-Tools

昨年末にNintendo DS Liteを入手後、いろいろな人にオススメを聞いて購入した一本。

DS版のゼルダということで何が違うかというと、剣やブーメランをはじめ、様々なアイテムを使うアクションRPGでありながら、殆どの操作がタッチペンで行われるのが特徴。

最初は大丈夫かと思いましたが、これが思ったよりストレスなく操作できるのにまず驚きました。
特にブーメランの軌道をペンで描くとか、回転切りとかいう操作はタッチペンならでは。

そして特筆すべきがメモシステム。
地上やダンジョンを問わず地図にメモができることで、謎解きや攻略の手助けになるだけでなく、逆に地図にメモをすることを前提とした謎もいくつかあり、これもタッチスクリーンというインターフェースを上手く活かしているなー、と感心しました。

2画面あるということを活かしたボス戦も「おぉ、こうきたか!」と嬉しい驚きが。

難易度もそれほど高くなく、かといって難しすぎもないあたり、流石任天堂、というゲームバランス。
メインストーリーだけを追っていくとわりとあっさり終わってしまうかもしれませんが、ミニゲームや隠しイベント、やりこみ要素などもあり、なかなか遊び応えがありました。

携帯ゲームとしてのアクションRPGとしては傑作中の傑作かと。
一通りクリアしてしまったのですが、また1からやりたくなるゲームの一つです。

[続きを読む......]

METAL GEAR SOLID 3 SNAKE EATER

2007/10/09 : Game
B000RK1F7Aメタルギア 20th アニバーサリー メタルギア ソリッド3 スネーク イーター
コナミデジタルエンタテインメント 2007-07-26

by G-Tools

「ゲーム」の持つ可能性をぐっと広げたスニーキング・アクションゲーム「メタルギア」。PlayStarion版での大ヒットとなった「メタルギアソリッド」は1作目、2作目共に何回もプレイし、そして3作目を遅ればせながらプレイし、ハマっている最中です。

今作ではそれまでの近未来的な雰囲気から一変し、60年代の米ソ冷戦時代のジャングルが舞台。舞台を変えただけでなく、いろいろな新要素が追加され、さらにゲームを奥深いものにしています。

前作までは敵の視界に入った時点で即発見されていましたが、近作からは迷彩服やフェイスペイント、そしてワニの被り物までをも駆使して「カモフラーシュ」することで、敵の視界に入っていても気づかれない、というより一掃スリリングな楽しみ方ができるように。特にワニの被り物して敵のサーチライトで照らされながら水中でじっとしているのはなかなかスリルがあります。

さらに前作までは体力回復の一手段でしかなかった食料が、「スタミナ」の概念が導入されたことにより、スタミナと体力がそれぞれ別のパラメータとなることに。スタミナを回復するためには食事をしなければいけないのですが、そこがタイトルの「Snake Eater」の由縁で、蛇をはじめジャングルに生息する様々な生き物が食料になります。もちろん全ての動植物が良い食料になるわけではなく、毒のあるものや不味いものもあるので、毒のあるものを敵兵に食べさせたりすることで任務をスムーズにできる、なんて要素も。

アクションとしては近接格闘術CQCの導入により、尋問や敵を盾にするなど今までになかったアクションが出来るように・・・なるはずなのですが、これがなかなか難しくて全然うまく出来ません。ついつい安全な場所から敵を狙い撃ち、という前作までの手法に頼りながら進むことに。

レーダーに敵の視界が投影されなくなったことで、難易度は大きく上昇しており、コツを掴むまでは中々上手に進めませんが、このシリーズ特有の様々な隠し要素&お遊び要素もてんこ盛りで、何周しても飽きません。

現在特殊アイテムが大体揃って来たので、「ノーキル・ノーアラート(一人も殺さず、一回も見つからず)」に挑戦しようと思ってるのですが、中々うまいこといきません。

とりあえず「メタルギアソリッド」という新たなゲームのジャンルを傑作かと。難易度は高いですが、ハマり度も高いです。

[続きを読む......]

ドラゴンクエストVIII 空と海と大地と呪われし姫君

2005/06/09 : Game
B00062ILP8ドラゴンクエストVIII 空と海と大地と呪われし姫君


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

いわずと知れたコンシューマゲーム機用RPGシリーズの、2004年に発売された8作目。
7作目のドラゴンクエストVII エデンの戦士たちでは全てポリゴンで表現された斜め見下ろし型の画面でしたが、今回はレンタリング手法をガラっと変え、鳥山明の原画をほぼ再現した状態のキャラクターが画面内を動き回るという大革命が。
ストーリーや謎解きは従来のドラクエシリーズを引き継いでオーソドックス且つ分かりやすい内容。
加えて、テンションシステム、スキルマスターシステムや錬金釜など、やりこみ的要素もある新システムが満載、という内容。

自分にとってRPGが「良い作品」だったかどうかという基準は、クリアした後に「もう一回最初からプレイしたい」と思わせるかどうか、というところなのですが、前作はクリア後すぐに売ってしまったのに対して、本作はクリア後見事にもう一度やりたいという欲求が。
おそらく時間の余り余っていた学生時代なら3周くらいやっていたであろうと思われます。

(以下、ネタバレを含みます。)

[続きを読む......]

ALL /  1 /  2 /  3 

rakuten