TOP » Blog » Live

ALL /  1 /  2 /  3 /  4 /  5 /  6 /  7 /  8 /  9 /  10 /  11 /  12 /  13 /  14 /  15 

打首獄門同好会 [やんごとなきワンマン]@新木場Studio Coast

2017/04/06 : Live

打首獄門同好会(以下、打首)のワンマンライブに行ってきました!

前回のワンマンからはや1年。
今年リリースしたアルバム「やんごとなき世界」のツアーファイナルでした。

やんごとなき世界
やんごとなき世界
posted with amazlet at 17.04.06
打首獄門同好会
Living,Dining&kitchen Records (2017-01-25)

このアルバムも佳曲揃い!
先行シングルの「島国DNA」では「日本の米」に続く食物崇拝系の歌。
かと思えばその次に発表された「歯痛くて feat. Dr.COYASS」と、最近ではE.P.OやMalignant Co.のラッパー歯科医COYASSをゲストに迎えた虫歯ソング。

打首獄門同好会「島国DNA」


打首獄門同好会「歯痛くて feat.Dr.COYASS」

歯が治ったらまたお菓子ソング「きのこたけのこ戦争」を発売前に発表と、話題づくりもかなり戦略的に展開。
こういう情報の出し方も昔から上手いんだよなー。

打首獄門同好会「きのこたけのこ戦争」

ヘヴィなのにキャッチーな楽曲は子供にも大人気で、我が家でも11歳、6歳、2歳が全員で打首の曲を口ずさんでいます。

今回は会場を新木場Studio Coastに移して、ということだったのですが、なんと前売券が短期間で売り切れ!
約10年前に高円寺GEARなどでイベントに出てもらっていた時には想像もつかないくらいのバンドになりました。

去年のワンマンに参戦して以来、すっかりファンになった長男が今年も行きたがったこともあり、また個人的にもCOYASSが参加している打首を大舞台で観たかったのでいざ新木場へ。

[続きを読む......]

FULLGAIN 一夜限りの復活ライブ @横浜BAYSIS

2017/03/23 : Live

NEVERFEAR時代よく対バンしていた仲間の一つ、FULLGAIN
それがなんと15年ぶりに復活するという!


ボーカルNAGURA、ギターのTATSUYAはそのままですが、リズム隊はnoTOKYO安藤健作エロパンサー3世
ある意味これもレアということで、是非是非観たい!ということで平日夜でしたが、仕事終わりに横浜までダッシュで向かいました。

しかし横浜遠い!
なんとか最後の3曲に間に合いました。

リズム隊は緊張しているとか言いながら、流石のクオリティ。
そしてNAGURAとTATSUYAはかつてのFULLGAINの名曲をかつての感じでがっつり演奏。
全然ブランク感じさせないステージでしたね、現役感バッチリ出ていて、本人たちは「これっきり」なんて話をしていましたが、これなら復活してパーマネントに活動しても全然いけるんじゃ…と思いました。

と言いつつも、バンド続けるのって色々なエネルギーがいるので、なかなか難しいので、そんなに簡単な話じゃないんですよね。
とにかくまた観られると良いな~、と思いながら、FULLGAINの音源を聴いていようかと思います。

最後にNAGURAとTATSUYAと、遊びにきてた空手コンドルTO-Kaと記念撮影。
FULLGAIN、15年ぶりのライブ見届けてきました! 後半しか見られなかったけど、往年の名曲を堪能。 noTOKYOリズム隊も良い仕事してました。 お疲れ様〜!!

---

[続きを読む......]

[ 道場破り Vol.14 ] ありがとうございました!

2017/03/22 : Live

毎度のごとく遅くなりましたが、[ 道場破り Vol.14 ]ありがとうございました!

この日はコンピレーションアルバム【道場破り】の発売記念ということで、収録されている7アーティスト+オープニングアクトの計8組が出演、という長丁場な一日

道場破り
道場破り
posted with amazlet at 17.03.22
VA (オムニバス)
Hooky Records (2017-01-18)

当日会場にはリリース記念を祝うお花を頂きました!
なんと空手コンドル元メンバーのコマッキーからも!!これはかなりのサプライズでした。

---

[続きを読む......]

GUNS N' ROSES [ Not In This Life Time ] 2017/01/28@さいたまスーパーアリーナ

2017/03/14 : Live

世界で一番好きなバンド、GUNS N' ROSES(以下GN'R)!

アクセル・ローズという希代のボーカルと、スラッシュダフ・マッケイガンというスーパースターを擁したモンスターバンドだったのですが、不仲でスラッシュ&ダフが脱退。
その後は「アクセルと愉快な仲間たち」といった感じで活動していたそのGN'Rに、なんと、ケンカ別れしていたその2人が復帰との話が!
そしてワールドツアーをやるとの話が!

GN'Rは大人になってからは来日の度に観に行っているのですが、スラッシュがプレイしている自分の一番大好きなGN'Rを観たのは、「Use Your Illusion World Tour - Get in The Ring Tokyo 1993 -」の1月の東京ドーム。
つまりアクセルとスラッシュが同じステージに立っているのを生で見たのは高校1年生の時、なので実に24年ぶり

さらにツアータイトルが「NOT IN THIS LIFE TIME」、つまり「この人生ではもうあり得ない」ということ。
本人たちがどう思ってるか分かりませんが、そう言われたら居ても立っても居られないファン心理。

これは観に行かないと!

ジャパンツアーの発表に心躍り、先行予約に応募&当選!
どの席にするか迷ったのですが、3万円のVIPチケットに!
IMG_20170128_150807_512.jpg

この3万円という金額には少し心揺れましたが、「NOT IN THIS LIFE TIME」だから、少しでも近くで観たい、ということで奮発することに。

---

で、いよいよ当日!
物販に早めに並ぼうと思っていたのですが、なんと西武池袋線の人身事故で遠回りするハメになり、1時間ロス…。
遠回りしてなんとか会場に到着するも、グッズ売り場でまた1時間くらい待つことに。
そしてなんとかTシャツ(4000円)2種類とパーカー(7500円)を購入!

IMG_20170129_005350_856.jpg

また「黒い服ばかり」と家族に言われそうですが、これはもう最初から買おうと思って予算組んでいたので、問題なし!
そして物販出たらnoTOKYOのLINDAとスタッフ アコちゃんが待っててくれました。優しい。

しかし二人はスタンド席だったので、一しきり盛り上がった後は別行動。

VIPスタンディングは入場口が別。
クロークは帰りの混雑を考えて使わず、荷物をコンパクトにしてVIPエリアへ。自分のエリアはアリーナの右前方。

そしてオープニングアクトのMAN WITH A MISSIONがほぼ定刻にスタート。

[続きを読む......]

空手コンドル@渋谷CYCLONEありがとうございました!

2017/01/27 : Diary Live

すっかり遅くなってしまいましたが、1/15は空手コンドルの今年初ライブでした!

[ Playing In The Day Game Vol.2 ]という、渋谷サイクロンとギャレットの2会場を使用したサーキットイベントで、豪華12バンドが出演するというもの。
行ったり来たりで色んなバンド楽しめてお得なイベントでした。

空手コンドルはアウェー的な雰囲気かなと思ってたら、サイクロン会場のトリ前を任され、気合十分で臨んだら客席が凄く盛り上がっていて、年明け一発目からなかなか良いグルーヴをぶちかませたんじゃないかと思います。

主催者のASHIGALL、ありがとうございました!

【2017/1/15 空手コンドル セットリスト】

  • Intro
  • Pay Back
  • テリトリー
  • あの雲の向こう
  • 闘争神
  • SHAKKA

そしてみおちゃんが撮ってくれた写真など。
いつもありがとう!!


相変わらず悪そうな人たち。

[続きを読む......]

Malignant Co.@池袋MANHOLE ありがとうございました!

2016/12/27 : Live

12/4はジャックバドラのレコ発イベントMalignant Co.で出演してきました。

IMG_20161204_170110.jpg

ご来場いただいた皆様、ありがとうございました!

当日のマリカンはクリスマスバージョン

ボーカル陣はサンタ。

20161204-202548_01

みったんもサンタ。

20161204-202204_01

すみちゃんは雪だるま。

20161204-201451_01

[続きを読む......]

[ 道場破り Vol.13 ] ありがとうございました!

2016/12/09 : Diary Live

公私ともにバタバタしてて(言い訳)、すっかり記事書くのが遅くなってしましましたが、11/19は空手コンドル企画 [道場破り Vol.13]でした!
今回も出演バンド、来場いただいた皆様、ありがとうございました!

今回も最高のメンツが集まってくれて、最初から最後まで主催者として感無量でした。

そして何よりこの日はコンピレーションアルバム「道場破り」の先行発売!


COYASSもDJで流しながらがっつり盛り上げてくれました。

そんな中ライブスタート!

---

[続きを読む......]

BOMB FACTORY 25YEARS ONE MAN GIG #1@下北沢SHELTER

2016/10/31 : Live

すっかり記事書くのが遅れてしまいましたが、BOMB FACTORYのワンマンライブに行ってきました!
BF20151022

1996年に初めて対バンしてからずーっと大好きな先輩バンドで、これまでに沢山お世話になっておりました。
この日はなんと1991年~2003年までに発表した音源からしか演奏しない、というオールドファンとしてはたまらないライブ。

会場はBOMBと同じく開店25周年を迎える下北沢SHELTER

入場待ちの列に並んで、中に入ると知っている顔がチラホラ。
とりあえずビール頼んで待機。

時間若干押してからのスタート!
オープニングアクトもない、正真正銘のワンマンです。

1曲目の"Clumsy Bird"から、最近はめっきりライブで聴けない曲、そしてBOMBメンバーが20歳のころに作ったレア曲など、MC殆ど無しで(というかそもそもそんなに長くMCする人たちじゃないので)次から次へ

やっぱりVACD「TOKYO FIST」を掲げて一緒にシーンを盛り上げようとした身としては、"How Do You Feel?" "Speeder" "She"なんかには特別な思いがあり、中でもめっきりライブで演ってなかった"She"のイントロが流れたときは気が狂うほど嬉しかったです。
まさか2016年に"She"が聴けるとは!

久々にモッシュしたり、ダイブしてきた人を受け止めたりして、身体あちこちぶつけましたが、超楽しかった!!

ちなみにこの日のセットリストは本編30曲+アンコールの2時間超!
時間の経つのは早いもんで、そんなに経ったとは思えないくらいあっという間の時間でした。

もっとBOMBのサウンドに浸っていたかったですが、最高の空間でした。

ともあれ、25周年おめでとうございます!!

12月には2004年以降の曲でもう1回ワンマンするということで、そのタフさに感服です。

[続きを読む......]

[40.K.Z.] 写真 #40kz

2016/07/09 : Live Photo

先日の[ 40.K.Z. ]の写真をFlickrのアルバムにまとめました。
主に空手コンドルのスタッフもやってくれているみおちゃんの写真です。
改めてありがとう!

40.K.Z.

[ 40.K.Z. ] ありがとうございました! #40kz

2016/06/27 : Live

[ 40.K.Z. ] ありがとうございました!

合計147名の方にご来場頂き、しかも大阪、京都、静岡などから来てくれた人たちも!!
出演者だけで 7バンド34名(出演者の重複考慮済)+スタッフ数名なので、180名以上の方があの場を共有してくれたということで、直前までどれだけの人が来てくれるかドキドキしてましたが、そんな心配なかったようで。

ライブハウスから足が遠のいていた人も駆けつけてくれ、嬉しい驚きの連続でした。

活動休止中だったソロホーマー熊猫xiongmaoCult Of Personalityも復活&出演してくれて本当に嬉しかったです。
どのバンドの選曲も最高で、聴きたかった曲がてんこ盛り!
もうなんか出演しないでずっと客席で観ていたいという思いと、俺良い企画組んだな~、という自己満足が入り混じってました。

Malignant Co.では女装と"千本桜"、No Returnでは"Inazuma Rock"、空手コンドルでは新曲と"SHAKKA"でのボーカル(これが一番練習大変だった)、そしてNEVERFEARでは10年ぶりに過去のアルバム4枚からヒットパレードといえる選曲でぶちかまさせてもらいました。

この「自分の誕生日に自分のバンド全部出す」ってのはずっと(3年くらい前から)考えてたことで、40歳という節目に合わせて何回も何回もシミュレーションしてきたことだったけど、本当に出来たとは!
人間やってやれないことはないですね。

サプライズやプレゼントも沢山ありがとうございます!

ちなみにサプライズはあるかな~、と思ってたんですが、完全に予想の斜め上だった!
NEVERFEARのアンコールのため、着替えてステージに戻ったらこの光景

FB_IMG_1466922109064.jpg

もう何回も思い出してニヤニヤしてしまいます。
100枚もこのお面を準備して、アンコールのために楽屋に戻ったタイミングで配ってくれたとか。
もう愛しか感じません。

しかしアンコールですぐに出て行こうという俺を引き留めるYUKINGとKOH-TAROの演技が今思えば雑だったな~(笑)。

ともあれ、最高に素晴らしい一日でした。
関わってくれたすべての人を愛してやみません。 最大級の感謝を!!

1日4バンドってどうなることかと思ったけど、無茶苦茶楽しかった!
ギター弾くのって、ライブするのって超楽しいな~、と心から再確認した一日だったので、まだまだ続けますよ。
今後もよろしくお願いします!!

[続きを読む......]

No Return 高円寺Reef ありがとうございました!

2016/04/03 : Live

先週末はズンドコベロンチョ祭@高円寺Reefでした、ありがとうございました!

この日は顔馴染みのメンバーばかりで、リハからリラックスしたムード。

もともとアコースティックメインのハコなので機材も普段より小規模のものでしたが、それでもなんかドラムの音抜けも良く、出音のバランスも良くてリハの出来は上々。

からの、主催者SHU-Gと太郎さんのグダグダな挨拶。

image

そしてSHU-Gがせっせと作成してたヤンキー顔パネル。
せっかくなので撮影してみました。

image

で、ライブスタート!

[続きを読む......]

打首獄門同好会ワンマンライブ@Zepp Tokyo

2016/02/24 : Live

名前は怖いけど曲は緩い生活密着型ラウドロックバンドとして知られる打首獄門同好会(以下 打首)のワンマンライブに行ってきました。

打首に初めて出会ったのは2007年、No Returnで対バンし、その後No Returnの企画やMalignant Co.のライブに出演してもらいました。

しかしマイペースで活動していた自分のバンドとは違い、あれこれ趣向を凝らして独自のスタイルを確固たるものにしている打首はメディアや大きなフェスにも登場するようになり、また初期からの「水曜どうでしょう」愛が実り、そちら絡みのイベントにも呼ばれるようになったことも後押ししてか、出演する会場の規模もどんどん大きくなっていきました。

そんな中、昨年発売したアルバムがこちら。

まだまだ新米
まだまだ新米
posted with amazlet at 16.02.24
打首獄門同好会
AMC (2015-11-18)

以下の紹介映像を見れば分かる通り、よりパワーアップした「打首節」な楽曲がたっぷり楽しめます。

そしてそのアルバム発売記念ツアーのツアーファイナルワンマンが、なんと今回はZepp Tokyo!
都内にある「ライブハウス」というスタイルの中では最大級の2000名超のキャパシティ。

いやー、好きなバンドがここまできたというのは感慨深いものです。

さらにこんな大槻ケンヂ氏と大澤会長の対談で、こんなコメントが。

大槻 ああ、これはファミリー層を狙える! 今までラウドロックがファミリー層を狙う場合は、何十年もやってるうちにファンがお父さんお母さんになって、その子供もファンになってっていう。KISSとかみんなそうじゃない。筋肉少女帯もそうなりつつあるんだけど、そういうふうにファミリー層が増えていくっていうのはあったんだけど、打首の場合はまず女性がふたりいるのと、歌詞が子供にも響くじゃない? 最初からファミリー層を狙えるバンドだから、ファミリー席を早く作ったほうがいいと思う。

邦楽 打首獄門同好会、大槻ケンヂと夢の異色対談! 打首、オーケンに作詞の極意を説かれる | RO69

それを受けてのこれ!

打首獄門同好会が2016年2月20日(土)に行うZepp TOKYOワンマンライヴに「ファミリー席」を設置することを発表した。

これは、先日、大槻ケンヂより「打首獄門同好会はファミリー席を設けた方が良い」というアドバイスを受け決定したもの。小さな子供と一緒に来場を予定している家族向けに、Zepp TOKYOの2階席などを使ってスペースを用意するとのこと。

打首獄門同好会、大槻ケンヂのアドバイス受けZepp公演に「ファミリー席」設置 (2015/11/27)| 邦楽 ニュース | RO69

...これは!ということで、長男(小4)を連れて行くことにしました。

[続きを読む......]

[ 道場破り Vol.12 ] ありがとうございました!

2016/02/03 : Live

image

遅くなりましたが、[ 道場破り Vol.12 ] ありがとうございました!

イベントの熱が冷めないうちに記事書きたかったのですが、急に色々忙しくなってまとまった時間がなかなか取れず、仕上げるのに時間かかってしまいました。

そんな言い訳は置いておいて、本題に。
今回は人脈の中でも特に振れ幅の大きなブッキングをし、「まさにミクスチャー!」なイベントになったかと。

一部の出演者からは「ぐちゃぐちゃだね(笑)」とも言われましたが、自分がバンド始めた時ってこういうノンジャンルなブッキングが多くて、そこから人間関係も音楽の趣味も繋がったり広がったりしていったので、あまりジャンルに拘らず「好きなものは好き」という一念でバンド集めて、そのうえで全然違うカテゴリのお客さん同士に新しいバンド&ジャンルを体験して楽しんで欲しいという思いでこんなブッキングしたので、とても満足しています!

というわけで恒例のライブレポです。

---

まずはオープンしてからDJ COYASSががっつり会場を暖めてくれました。

オープニングはエレクトロダンスユニット、イワモリ

[続きを読む......]

Malignant Co.@三軒茶屋 Heaven's Door ありがとうございました!

2015/12/20 : Live

image

先週は月曜日からライブ!
ハードコア女王すみこの誕生日記念イベントThe Best of Sumikoということで、Malignant Co.で参戦して来ました。

で、すみこ女王の誕生日ということで「バンドの転換時に何か講座をやってほしい」とのご依頼が。
数ヶ月前に頼まれ「いいよー」と答えたのですが、すっかりそのこと忘れていたら2週間くらい前に「講座のことですが、キャンセルが出たので2枠お願いします」と衝撃の連絡が。

COYASSと自分が2枠ずつ、そしてナミダ色☆妄想的の狼平さんが1枠受け持つことになっていました。

で、このメイクで「マイナンバーと生体認証」と「デジタル遺品」について喋ることにw

喋る出番がおわり、そろそろ演奏する出番!

そして本編!

イチャイチャ禁止令メキシコというこれまでのすみちゃんのバンドに加え、現役で活動しているMalignant Co.(一応現役)、ナミダ色☆妄想癖クレープという6バンド。すみちゃんが最初から最後までずっとステージにいるという企画。

[続きを読む......]

noTOKYO レコ発ツアーファイナル@渋谷サイクロン

2015/12/06 : Live
日本の雑味と純粋 ~JAPANESE SWEET AND SOUR~
noTOKYO
FinalCountDown/GrindHouse recordings (2015-08-19)

盟友no TOKYOの1stアルバム「日本の雑味と純粋~Japanese Sweet & Sour~」のリリースツアーファイナルに行ってきました!

---

その前に娘さんの幼稚園のお友達たちと、近所でBBQ。

にく!

昼から青空の下で呑んで食べて楽しかったな〜 さてこれから渋谷へ! 盟友no TOKYOちゃんのツアーファイナルイベントです。Bomb Factory、ラッパ我リヤ、DJ COYASS、そしてCult of Personalityとヤバいメンツで超楽しみ。

昼から飲んで食べて幸せでした。

---

で、その後渋谷へ!
スタート予定ギリギリの到着だったので、ダッシュ!


[続きを読む......]

空手コンドル ライブ動画

2015/11/04 : Information Live

空手コンドル、初のライブ映像!
2015年10月25日下北沢CAVE-BEで行われたライブより「テリトリー」の映像が公開されています。

自分は画面左側でチラチラ見切れています。
メンバー多いと全員なかなかフレームに入らないですね(笑)。

ちなみに「下手ギター」というポジションはバンド人生初?
コピーバンドでは数回あったけど、上手とはまた違った風景で面白いです。

空手コンドル@下北沢Cave-Beありがとうございました!

2015/10/27 : Live

10/25は空手コンドルHANZI BAND企画への出演でした!

オープン! 空手コンドルは19:30からでーす

空手コンドル活動再開、というか自分が加入以降、初の自主企画以外でのライブ!
とはいえ、昔から絡みのある判治さん&TAHのいるHANZI BANDでの企画ということで、誘われた時から超楽しみだった1日。

対バンも強力で、出番前にがっつり刺激もらってテンションあげられました。
というわけでこんなセットリストでぶちかましました!

<空手コンドル 10/25 set list>
1. テリトリー
2. SHAKKA
3. 闘争神
4. Give it up
5. 満月の夜

企画者HANZI BANDは音源は聞いていたけど、ライブは初見。判治さん中心に強力なメンバーが集まって、流石のパフォーマンス!
パワフルかつ観てて笑顔になる良いバンドですな。
Bro.Hi(ex-SOUL'd OUT)がフューチャリングで参加したりと、懐の広さを見せつけてましたね。

そしてBro.Hiと記念撮影!

空手コンドルでした! 楽しかった〜。 で、HANZI BAND参加してたBro.Hi(ex-SOUL'd OUT)と記念撮影。  <空手コンドル10/25 set list> 1. テリトリー 2. SHAKKA 3. 闘争神 4. Give it up 5. 満月の夜

楽しかったー!

[続きを読む......]

[ 道場破り Vol.11 ] ありがとうございました!

2015/09/11 : Live

遅くなりましたが、「道場破り Vol.11」ありがとうございました!

image

今回も最高のバンドに集まってもらって最高の夜になりました。

というわけで恒例のレポを。
今回はスタッフみおちゃんの撮影してくれた写真とともに!

---

[続きを読む......]

no TOKYO 1st Full Album Special Release Party 『YES! newWORLD』

2015/08/29 : Live

2010年の結成当時から何度も対バンしたりイベント出てもらったり、ライブ観に行ったりしてきたバンド、盟友no TOKYOがついにアルバム発売!

日本の雑味と純粋 ~JAPANESE SWEET AND SOUR~
noTOKYO
FinalCountDown/GrindHouse recordings (2015-08-19)

友人でもありファンでもあるこのバンドがついに音源を出すというのは嬉しい限り。
慣れ親しんだ曲も初めて聞く曲も、この4人ならではのものが詰まっている珠玉の13曲!

で、そんな彼らがリリースパーティするというので赤坂 天竺に行ってきました。

image

初めてのハコだったけどなんか知ってる人が何人も働いていて、一転ホームみたいな雰囲気に(笑)。
スタート時点では客席も知り合いばかりに。

[続きを読む......]

No Return 巣鴨 獅子王ありがとうございました!

2015/08/26 : Live

8/22は獅子王にて「無血大革命3」にNo Returnで参加してきました。

FB_IMG_1440399982953.jpg

全10バンド、早い時間から熱いライブが繰り広げられていたので、No Returnもフルスロットルで4番手を務めさせてもらいました。

今日はいつもラストにやってる曲をオープニングに、オープニングの曲をラストに、という感じでやってみました。
Skid Rowが"Youth Gone Wild"を一曲目にやった1995年のSlave To The Grind tourへのオマージュ、という非常に分かりにくい要素を取り混ぜてみました。

アウェーかと思ったら、初見のお客さん達にもかなり暖かく迎えてもらい、対バンその他とも新しい繋がりも出来て、非常に有意義な1日でした。

いやー、楽しかった~。
楽しすぎて、出番終わった19時前からずっと飲んでたのに打ち上げもそのまま飲み続け、まんまと終電逃しました。
しかし久しぶりの人にも色々会えて良かったです。

No Return 次のライブは未定ですが、色々オファーも頂いてますのでまたライブ予定決まり次第告知しまっす!!

<No Return 2015/8/22 Setlist>
1. I don't know
2. Home
3. 冷たい雨
4. SAYONARA
5. D.M.D
6. Last Kiss

ザ・サーフコースターズ@食と緑の空中庭園

2015/07/24 : Live

あの「孤独のグルメ」でもとりあげられてた西武池袋本店の屋上が「食と緑の空中庭園」という形でお洒落にリニューアルした、という話を聞いて気になっていました。

そんな折、ザ・サーフコースターズがその空中庭園で無料ミニライブをやるという情報をFacebookで目にしたので、池袋に買い物がてら家族で参加してきました。

会場に到着したら丁度始まるところ!

サーフコースターズ!

サーフは元々普通にファンで、そこから知り合って、対バンしたりイベント出演してもらったりとお世話になったバンド。
実際にライブ観るのは十数年ぶり。残念ながらベースの栗ちゃん不在で、本来ギターのモーリー(ex-Cult of Personality)がベース弾くという編成でしたが、中さんのギターは相変わらず、観ても聴いてもワクワクするプレイ満載。
青空の下、ビール片手に堪能。いやー、最高でした。

終了後は20周年記念2枚組ベスト盤をゲットし、メンバー全員のサインをいただきました。

中さんやモーリーとも久々にお話できてよかったです!

[続きを読む......]

[ 子煩悩 Vol.9 ] ありがとうございました!

2015/07/10 : Live

6/27はNo Return企画 [ 子煩悩 Vol.9 ] でした。ありがとうございました!
すぐライブレポート書こうと思っていたのですが、なんだか毎日色々余裕がなくてなかなかまとまった時間がとれず、あっという間に2週間経ってしまいました...。

が、せっかくなので当日のレポートを感謝を込めて!

子煩悩 Vol.9

[続きを読む......]

No Return 川崎Servian Nightありがとうございました!

2015/05/26 : Live

No ReturnでドラムサポートしてくれているShimoさんのHeRbLiNe企画に御呼ばれしました。

川崎は昔住んでた街だったけど、超久しぶり。
多分SlipknoTのIOWAツアーのためにクラブチッタ行ったのが最後だったかな。

駅前もあまり変わってなく、少しホっとしました。

---

1バンド目はヒビロジカ
初見のバンドですが、メンバーみんな知ってる人ばかり(笑)。
しかしかっこよかった!もっと見たいと思わせてくれる楽曲・演奏。色々面白かったなー。

そして2番目に我々No Return
セルビアンナイトは初めてのハコ。
広くてやりやすかった!
1週間前にライブやったばかりなので、バンドの調子も良かったです。
(個人的には広くてはしゃぎ過ぎてエフェクター切り替えそこなったりしてましたが...)

<2015/5/23 川崎セルビアンナイト>
1. Last Kiss
2. Don't forget
3. 冷たい雨
4. Home
5. SAYONARA
6. D.M.D.
7. I don't know

最近出番遅いライブが多かったので、出番早いのが嬉しかったです。
終って飲みながら他のバンド楽しめるし!

というわけでちゃっちゃと片付けて一杯やりながらフロアへ。

[続きを読む......]

No Return 池袋MANHOLE ありがとうございました!

2015/05/20 : Live

No Return、昨年4月ぶりのライブ、そしてMANHOLEへの出演は昨年1月ぶり。
なのにMANHOLE 15周年というイベントに呼んで頂き感謝!

MANHOLE出演したのは記録によると2003年ごろ。
NEVERFEAR、Malignant Co.だけでなく、コピーバンドでも2回ほど出演させてもらったと思います。
小さいけど音の分離が良くて好きなハコです。

あと家から近いのも好きです(笑)。

---

で、当日。前から気になっていたCORKEとも一緒だったので、リハからワイワイ楽しくやらせてもらいました。

しかし出番がトリだったので、待ち時間が長い(笑)!
とは言っても、今回は対バンも個性的なバンドが多く、刺激的なステージをたくさん見せてもらったのでこちらもテンションあがりました。
個人的にはside-Bがとても良かったです。いろいろアレンジが凝っていて、プレイヤーとしてとても大きな刺激を受けました。
No Returnであんな複雑なアレンジ出来る気がしないけど(笑)。

で、No Returnライブ。
ブランクもあり、またライブ前のスタジオもメンバー全員揃ったのが1回だけ、という感じだったのでちと不安要素もありましたが、そこは経験と度胸でカバー(笑)。

MCも良い感じに出来たし(自己満足)、演奏もパフォーマンスも思いっきり出来たと思います。
楽しかったー!
MANHOLE 15周年おめでとうございます!

<2015/5/17 Setlist>
1. Last Kiss
2. Home
3. Don't forget
4. SAYONARA
5. D.M.D.
6. I don't know

[続きを読む......]

[ 道場破り Vol.10 ] ありがとうございました!

2015/04/20 : Live

先週土曜は空手コンドル企画[ 道場破り Vol.10 ]でした!

新生空手コンドル企画第二弾、ということで、空手コンドルの企画「らしさ」を意識したブッキングをしてみました。
ジャンルもカテゴリもバラバラな6バンド、まさにミクスチャー!

リハ順調! 気合入ってきた!!

今回から空手コンドル、グッズ販売も始めております。
バンダナとステッカー。
どちらも好評!

空手コンドル、グッズ販売始めてまーす!!

---

今回の出演は6バンド。
これまた個性的なメンツなので、出演順考えるの大変でした(笑)。

[続きを読む......]

[ 道場破り2015 ] ありがとうございました!

2015/02/06 : Live

遅くなりましたが、[ 道場破り2015 ] ありがとうございました!

企画者として空手コンドルの13年ぶりの復活ライブのための企画を組んだだけではなく、自分が空手コンドルに加入しての初めてのライブということで気合入れて臨んだ日でした。

新メンバーなのに企画組んでる、っておかしくない?という感じもしますが、そこはまぁそういうもんなんです(笑)。
やっぱりやるからには最高の状況を整えてやりたいものですので、この最高の出演者を集めただけでも大満足。

とはいえ、初めてのバンドでのライブというのは結構なプレッシャーなので、自分のこの日の隠れた目標は「空手コンドルになる」。
何を言ってるか分かりませんが、やっぱり一回ライブやらないと楽曲とかが完全に自分のものになった感じがしないので、この日のライブを持って初めて自分が「空手コンドルになる」ことが出来るなー、と思いながらサイクロンに向かいました。

---

そんなこんなでオープン!

「道場破り2015」リハーサル順調に進んでおります! 18:00オープン!

DJはCOYASSががっつりアゲアゲで盛り上げてくれています。

[続きを読む......]

[ LOUD PARK 14 ] 2014/10/18@さいたまスーパーアリーナ

2014/12/22 : Live

2009年から実に5年ぶりに参戦のLOUD PARK!
開催からもう2か月以上経ってますが、ようやく落ち着いてBlog書ける時間が出来たので、超遅ればせながらライブレポなど。

---

MANOWAR目当てで1日目だけ参戦したのですが、肝心のMANOWARがまさかのキャンセル

えー、と思いながらも、他にも観たいバンド沢山あったので予定通り参戦することに。

入場!

開場につくと既に無数のメタルヘッズが入場待ち。
テンション上がってきました!

MANOWAARキャンセルのお詫びか、ドリンクチケットが無料配布。

KIMG0130.jpg

そしていざ開演!

[続きを読む......]

[ 子煩悩 Vol.8 ] ありがとうございました!

2014/04/30 : Live

子煩悩 Vol.8

超!遅くなりましたが「子煩悩 Vol.8」ありがとうございました!

ライブ後試験やら出張やらでてんてこ舞いでしたので、レポが遅くなりました(言い訳)。

というわけで当日の感想などを主催者目線で。

---

20140412_145932.jpg

当日も前回に引き続き、転換時のMCを敢行。
ビール片手のno TOKYO健作と一緒に中々緩く楽しくお喋り出来たと思います。


そしてスタート!

[続きを読む......]

マキシマム ザ ホルモン 予襲復讐ツアー@ZEPP東京

2014/04/07 : Live

バンド仲間の同期の中でも、特に飛ぶ鳥を落とす勢いで走り続け、今やオリコンNo.1アーティストとなったマキシマム ザ ホルモン
そんな彼らのアルバム「予襲復讐」の発売に伴うツナーのセミファイナル公演に行ってきました!

予襲復讐
予襲復讐
posted with amazlet at 14.04.03
マキシマム ザ ホルモン
バップ (2013-07-31)

しかも共演がG-FREAK FACTORYゴールデンボンバーという異色のメンツ!
ある意味ホルモンらしいといえばらしいブッキングです。


何か差し入れしようか、と思っていたのですが、ただの差し入れじゃつまらない。
というわけで仲間の偉業を讃えるために、一緒に行ったno TOKYOのLINDAと健作、そしてピーマンと一緒に花輪を送ることに。

会場内に入らなかったのか、会場外に飾ってあったので無駄に目立ってましたねー。
してやったりです(笑)

そして会場内へ入り、関係者席でピーマンなんかと合流してとりあえずビール飲んだりしてたらG-FREAK FACTORYのスタート!

---

[続きを読む......]

アリストック @あらかわ遊園アリスの広場

2014/03/31 : Diary Live

aristock

あらかわ遊園のアリスの広場で開催された「アリストック」に家族で行ってきました。

前日は風が強かったのですが、当日は暖かく良い天気!
せっかくなのでお弁当持ってピクニック気分で行くことに。

到着後、同じく遊びに来てた仲間たちと挨拶したりして落ち着いたらparklifeの出番。

20140322_120750.jpg

この日の編成はそろほまつ(Vo)、ボーゲン(G/Vo)、やまざきあやか(Vo)、スパイシー鈴木(G)、藍香(B)、そしてユージック(Dr)。
名前がちょいちょいアレですが(笑)、旧知のメンバーです。

しかしこのバンドは「parklife」というだけあって、野外が似合いますね。
会場の音響も良く、青空に音楽がマッチしてました。

最初は慣れない場所で怯えてた娘さんも、最終的には楽しんで拍手したりしてました。
20140322_130049.jpg


尚、バンド転換時のMCは無許可の宮川丈海くん。この後自分も出演するのに、しっかりと場を盛り上げてました。


続いてはJIN AND BROTHERS

20140322_124910.jpg

ヒトミン不在の3人編成でしたが、客席まで下りてきて走り回り、またお客にインタビューしたりしながら普段とは違うステージを繰り広げてくれました。
というか弾きながら走り回りっぱなしのキジさん、まだまだ若いな!と感心しました。

ここで子供たちが飽きてしまったので、遊園地に移動。

---

[続きを読む......]

[ FROG STYLE vol.4 - BOMB FACTORY [RAGE AND HOPE TOUR] 2014 ]

2014/02/25 : Live

昔からお世話になっているBOMB FACTORYがアルバム発売!
これがまた期待を裏切らない名盤でした。

RAGE AND HOPE
RAGE AND HOPE
posted with amazlet at 14.02.25
BOMB FACTORY
CAFFEINE BOMB RECORDS (2013-12-18)

そんなBOMB先輩。続々と活動ペースを落とす同世代バンドが多い中、未だに最前線を突っ走り続け、発売に伴う全国ツアーも敢行。
そのうちの1本にno TOKYOが参戦、しかも観たいと思いながらもなかなか観に行けなかったDOORMATが主催!

予定も丁度空いており、調べてみたら遠いと思ってた八王子も我が家から1時間もかからない、ということで八王子RIPSまで行ってきました。

---

[続きを読む......]

No Return 池袋MANHOLE ありがとうございました!

2014/01/20 : Live

No Return今年一発目のライブでした!
アウェイな環境でトリという状況でしたが、ベテランの意地でガチなステージやりましたよ!楽しかったなー。

身内ばかりのライブも楽しいけど、たまにはこういうのもないとね。

イベント名に「社会人BANDマンの逆襲」ってありましたが、個人的には「社会人BANDマン」をかれこれ15年やってますが、「社会人BANDマン」であることをめいっぱい楽しんでいる状態なので、とくに逆襲することもありませんでした(笑)

No Returnも今年で結成9年目(!)
自分たちの初期衝動を、難しいこと考えずに最高の形で表現する、それだけのバンドですが、だからこそ大きな迷いもなくここまで続けてこられたのかと。

去年は60歳越えても最高のパフォーマンスを見せてくれる御大のステージを観る機会に恵まれたので、これからも体力の限界までステージに立ち続けたいと思った次第です!


以下、当日の写真。
みおちゃんありがとう!!

IMG_2881

[続きを読む......]

ソロホーマー活動休止企画「さよならホームラン」

2013/12/15 : Live

20131214_201720.jpg

盟友でもある変態ポップロックバンド、ソロホーマー

ソロホーマーの創始者でもあるまっちゃんことそろほまつは、ソロホーマー以前からの仲間でもあり、Malignant Co.のバンドメンバー。
キーボード&ボーカルのちわわは、彼女がデストロンズというパンクバンドのスタッフをやっていたころからの仲間。
ベースのトクとドラムユウは彼らの前やってたUpper Nile Square時代からの後輩。
キーボードミホコとギターのリョウはMalignant Co.のメンバー(といってもリョウ参加は2回ほどのみ)。

と、こうしてみると自分にとってソロホーマーって親戚みたいなバンドです(笑)。


そんなソロホーマーがその11年におよぶ活動を休止する、ということ。
これは見届けないと、と行ってきました。

---

当日は家庭の事情で家を出るのが遅くなり、会場につくとちょうどno TOKYOが最後の曲をやるところ。

間に合わないと思ってたのですが、時間押してたみたいでちょっと観られた!ラッキー!


続いてMOB。半年ぶりのライブだそうですが、ブランクなどないかのような熱いライブでした。
タカちゃんのブギーもいい音してたね。

---

見渡すと客席の8割くらいが知り合い。ラストライブ、ってことで仲間が大集合していました。

そしてソロホーマー。
Whitesnakeの"Still of the Night"に合わせて入場。

何故この曲なのか、いつも違和感がありますが(笑)、それはそれでまっちゃんらしいかと。

[続きを読む......]

KISS Monster Tour 2013 @日本武道館

2013/11/10 : Live

今年で活動40周年となる、世界一熱いバンド(The Hottest Band In The World)KISS

KISSは実は2001年に解散を前提とした「THE FAREWELL TOUR 2000-2001」で日本に来た時に東京ドームに観に行ったのですが、何とそのツアーの後で解散を撤回し、永久活動宣言!

その後もメンバーチェンジこそあれど、未だ現役で世界中をツアーしている彼らが日本にもまたやってくる!しかも武道館に!!

ということで行ってきました!

---

チケットS席は12,500円!高い!
でも日本でKISSが観られるなら安い!!

幕張メッセから武道館に移動しまーす。

物販でTシャツ購入して、いざ入場。

Tシャツ購入して入場! #KISS #武道館

席は二階席最前列。
ステージを斜めから見下ろす感じ。

二階席ってことでちょっとへこんでいたんですが、こんなに近いならむしろありがとう二階席!って感じです。

二階席最前列。ステージ近い!噂のスパイダーステージがはみ出ているのがワクテカ。 #KISS #武道館

そして開演予定の19時をちょっと過ぎた頃、BGMのLed Zeppelinの"Rock N' Roll"が大音量で鳴り響き、客電が落ちるとあのオープニングアナウンス!

「You Wanted The Best!? You Got The Best! The Hottest Band In The World, KISS!!」

[続きを読む......]

子煩悩 Vol.7 ありがとうございました!

2013/09/10 : Live

子煩悩 Vol.7 ありがとうございました!

4年ぶりの開催となりましたNo Return企画「子煩悩 Vol.7」、終了いたしました。

この日は自分としても同窓会という雰囲気が漂いながらも、ガチでぶつかれるバンドを集めたという自負があったため、気合十分で臨みました。

---

今回は昨年のマリグ☆ナイト7でやってみた、転換時にバンド紹介のMCを行う、というのをまっちゃんとやってみました。
途中でlifesのジュウくんやセニョールの3syk、遊びにきてたBong Tongue Cityのえがわなんかに加わってもらいながら、中々楽しくやれましたので良かったかと。

---

そしてスタート。
一番手は、オリジナルメンバーで13年ぶりのライブとなるセニョールペルフェルト

[続きを読む......]

Malignant Co. 新宿ANTIKNOCKありがとうございました!

2013/07/22 : Diary Live

7/20は功&ANTIKNOCK企画「新宿セラピーナイツ Vol.20」にMalignant Co.で出演してきました。

今回からはゾンビロリータの「血首(ちくび)」と「病子(やんこ)」の女子ボーカル二名が参加し、新体制に。
そして4月、5月で披露した「学園シリーズ」の第三弾として、全編を芝居仕立てにしてみました。


ちなみにこれが芝居の台本。
「コンセプトの分かりやすさ」と「劇中でいかに曲に繋げるか」をポイントに、あーだこーだ言いながら全部で4回くらい書き直し。
メンバ―も短い期間と少ないリハでしっかり演出と台詞を覚えてくれました。

曲順表もいつもとは違い、曲に入るタイミングを明記。
この曲の入りだけをスタジオでは何回も繰り返して練習しました。

蓋をあけて本番になれば、バッチリ決まりました。
新曲の仕上がりも予想以上。そして新人二人も期待以上の役割を果たしてくれました。

malignant20130720


<Malignant Co. 201307/20 SetList>

  1. 恋のコリドラス(イントロチャイムバージョン、女子全員)
  2. ナツコイ(あやか、yuki☆、ゆうぎ王)
  3. モテ洪水(そろほまつ、血首、病子)
  4. トキメキパーリナイ(新曲、全員)
  5. わんにゃんちょう(そろほまつ、ゆうぎ王、すみこ)
  6. トキメキング(全員)

[続きを読む......]

Malignant Co. 池袋Manholeありがとうございました!

2013/05/28 : Live

先週土曜はMalignant Co.でジャックバドラ先輩のCD発売記念ライブに出演してきました!

この日昼頃にJunから電話が。

Jun「熱っぽいので病院言ったら風疹と言われました...ドラム叩く元気はあるんですが...」
O.K.Z.「風疹って感染症じゃん!!ライブハウスとか無理だろ!!!」

というわけでこの日は出演予定ではなかったShimoにすぐ連絡とり、今日出演できるかどうか確認。
同時にCOYASSにももしものときのためにドラム叩けるかどうか確認。
そしてメンバー全員に連絡。

...ということを、息子の小学校の運動会のお弁当の時間に、娘にご飯あげながらやってました。

ともあれ、なんとかShimoの都合がついたので予定通り出演できることに。


ちなみに池袋マンホールは楽屋ないので女子は別のところで支度してましたが、男性陣は路上でメイク。
通行人に凄い見られてました(笑)

マンホールは楽屋ないので路上メイクw 通行人に凄い見られてるwww

[続きを読む......]

OZZFEST JAPAN 2013 2日目

2013/05/15 : Live

OZZFEST JAPAN 2013

OZZFEST JAPAN 2013 2日目です。
1日目のレポはこちら

この日のトップバッターは、過去に自分のイベントにも出てもらったHead Phones President、ということで最初から参戦するつもりだったのですが、昨日はしゃぎ過ぎて身体が言う事を聞かず...とうことでHPPは断念してANTHEMから参加することに。

代わりに昨日も一緒に行動してたアツシに観てもらいました。
後で聞いたところによると、演奏も良くて盛り上がったらしいです。
Twitterでも沢山感想があがってました。

この日は、昨日ドリンクが後半飲めなったことを考慮し、小さなペットボトルを(以下自粛)。
大体注意事項で「水分補給を」と書いてあるのに、客席にはペットボトル持ち込み不可で全部紙orプラカップでのドリンク提供、って部分が納得出来なかったです。

というかそもそもこの規模のフェスで外部からの持ち込みをそんなに禁止する意図が分からないです。
まぁ表面上は規則を守りつつ、誰にも迷惑かけない形で楽しめば良いのかと。

この日はチケット交換が済んでいるので、そのまま会場に。
しかし前日は飲食物持ち込み不可と知らずにバッグに入れてたのにも関わらず、荷物チェックではスルーだったカロリーメイトが引っかかりました。

これもうまいこと(以下自粛)。

そんなこんなで入場!

[続きを読む......]

OZZFEST JAPAN 2013 1日目

2013/05/14 : Live

OZZFEST JAPAN 2013

1996年、アメリカでオジー・オズボーンとシャロン・オズボーンによって立ち上げられたOZZFEST
その後世界各地で開催されてきましたが、ついに日本上陸!

■OZZFEST JAPAN 2013

1日目のヘッドライナーが誰もが認める21世紀のメタルモンスターSlipknot、2日目のヘッドライナーが生けるヘヴィメタルの伝説BLACK SABBATHと発表された時点で、日本中のヘヴィメタルファンが大興奮したことでしょう。

自分も例にもれず、気が付いたら2日通し券の先行予約を申し込んでました。
妻に相談前に申し込んだのでいろいろと大変でした(笑)が、なんとかお許しをもらい行くことに。

そんなこんなで迎えた当日、オープニングアクトは諸事情で見送ってメインアクト1番目から参戦しました。

---

海浜幕張駅について、まずはリストバンド交換へ。

この交換場所が遠い!
事前に公式サイトでマップをチェックしていたので時間に余裕をもってきたのですが、正解でした。
同じ幕張メッセで開催されたLOUD PARKやSUMMER SONICはこんな無駄な配置じゃなかったです。

あとペットボトル持ち込み禁止というのも解せないポイント。
長時間フェスで水分補給が売店のイベント価格のドリンクのみ、ってのは儲け主義の匂いがプンプンします。

物販は長蛇の列すぎてスルー。

そして予定時間ちょうどへ会場へ。
手荷物チェックは無事通過。
さらに客席に入るのにもう一回手荷物チェック...って意味が分からない!


そしてちょうどメインアクト一番目が始まるところでした。
ステージはLOUD PARKの時と同じように左右に並んで2つあり、右が「BLACK STAGE」、左が「PURPLE STAGE」と名付けられて、交互にライブが行われるというシステム。
まずはPURPLE STAGEへ!

[続きを読む......]

No Return 渋谷CYCLONEありがとうございました!

2013/04/30 : Diary Live

MOBのアルバム発売記念ライブでした!

MCでも言った通り、MOBはメンバー5人中4人が一緒にバンドやら何やらで一緒に演奏したことあるので、個人的には親戚みたいな気分のバンド。
そんなバンドの記念の日なんで、思いっきり盛り上げようということで、No Returnは二番手、イケイケのセットリストで駆け抜けました。

ベース関連でなんかトラブル多かったみたいだけど、自分は超気持ちよく演奏出来たので気になってませんでした、ってバンドとしてどうなんだって話もありますが、まぁアリでしょう(笑)。


というかこの年までバンドやってると、同世代で集まると同窓会状態。
コロバもMCで言ってたけど、楽屋は子供の話と年齢の話メイン(笑)。

この界隈でバンドはじめたのが19の時だから、もうなんだかんだで活動18年目。
結成したばかりと思ってたNo Returnも8年目です。
そりゃ年取りますよねー。

しかしそんな中でもステージに立ち続けている仲間がこれだけいるし、そして自分も同じステージに立ち続けられることは幸せの極み。
一音一音、喜びを噛みしめながらギター弾いてます。
(速い曲は音一音があっという間ですけどw)

それくらい嬉しくてで、出番も早ければ、そりゃー飲むよね(笑)。

出番終わってから飲み続け、後半はベロンベロンでしたが記憶も無くさずフルに楽しみました。

ソロホーマー、lifes、WHEEL、コロバミルクバー、UNSLOW、そしてMOB。
全バンドすげー良かったしすげー楽しかったので翌日まんまと二日酔いになりましたが、最高の1日でした。
新体制のMOBにもようやく慣れました(笑)。


改めてMOB、リリースおめでとう!!


<Set List>

  1. Last Kiss
  2. Answer(s)
  3. Don't Forget
  4. D.M.D.
  5. SAYONARA
  6. I don't know


ライブ写真はチビネコちゃん撮影。
ありがとう!

noreturn_20130428.jpg

[続きを読む......]

Malignant Co. ハイビジョンライブ動画

2013/04/17 : Information Music Live

先日のライブの動画です!

ORGASMのウリである複数カメラによるフルハイビジョン動画撮影で作成された動画ですので臨場感もバッチリだと思います。
ライブ会場に来られた方も来られなかった方も是非ご覧ください。


Malignant Co. 「おっぱいが2倍」


Malignant Co. 「モテ洪水」


歌詞はこちら

Malignant Co. 高円寺Mission'sありがとうございました!

2013/04/15 : Diary Live

本日は9バンド!マリカンはトリ前の8番目、20:50頃の出番予定でーす。

高円寺Mission'sでMalignant Co.ライブでした。
ありがとうございました!

今回のメイクはこんな感じ。
今日のメイクできた!

ボーカル陣のコンセプトは「新学期&学園生活」でした。
写真はミホコがアップしてたやつを拝借。
COYASSの校長先生がすごいインパクト。
すみちゃんはごくせんのコスプレ。竹刀にマイクが括り付けてありますw

20130413_MalignantCo

今回はちと新鮮味を出すためと、ステージの広さ&構造上曲間のメンバーの入れ替わりが難しいことから、すみちゃんとCOYASSにはコーラスに徹してもらい、全曲まっちゃん、あやかとゆうぎ王がメインボーカルというスタイルに。
これは結構うまくハマりましたねー。

<Set List>

  1. トキメキング
  2. おっぱいが2倍
  3. ナツコイ
  4. YATCH Minor
  5. モテ洪水
  6. 恋のコリドラス

この日は2曲ほどORGASMのハイビジョン録画してもらったので、映像届き次第公開いたします。
お楽しみに!

---

他のバンドもビンビールズ、個人主義激場、ulma sound junctionと知り合い多くて楽しかった!
ビンビールズは毛ガニさんなしでのスリーピースでしたが、これはこれで味わい深くて良かったです。

アズキウォッシャーズ、えくおとさず、PARAISOもかっこよかったです。
ライブを通じで良いバンドと知り合いになれるとその日出演した意義が何倍にもなるし、いろんな刺激も受けられるので良いですねー。

---

次回Malignant Co.は5/25池袋Manhole
すみこ祭りです、お楽しみに!!

---

偽女子高生とスリーショット。
20130413_MalignantCo_01

M.O.D.S. Vol.1 ありがとうございました!

2013/03/29 : Diary Live DownSyndrome

M.O.D.S. Vol.1

遅くなりましたが、M.O.D.S. Vol.1、好評のなか無事終了いたしました。
ご来場&ご協力いただいた皆様、ありがとうございました。

前売りチケットは早々に売り切れ。


当日はアクセプションズスタッフで唯一のバンド経験者ということで音響担当を任されましたが、PAオペレータなんて初めてなのでいっぱいいっぱいでした。

リハは各アーティストさんともとても協力してくれてスムーズに進みましたが、やっぱり色々不慣れてテンパることに。
しかし途中からタテタカコさんのPAスタッフさんがヘルプしてくれ、そこからは自分がサブに徹することに。
これは凄い助かったし、いろいろ勉強になりました。
大感謝です!

そんなこんなでどうなることかと思っていたリハも無事完了。


リハの間、他のスタッフは会場の設営などを進めてくれました。

当日は会場にある和太鼓の他に、プロパノータの体験コーナーも。
静岡県藤枝市からこの日のために沢山持ち込んでいただきました。

プロパノータ体験コーナー。

そしてダウン症の写真家、川田たいしさんの作品展示も。いずれも素晴らしい写真です。

ダウン症の写真家、川田たいしさんの作品展示。


そして、お弁当食べてオープン!

リハ終わった。オープン!

---

[続きを読む......]

315の日 FINAL

2013/03/26 : Live

大阪のバンド、315 INNOVATOR(サイコイノベーター)(以下315)。
NEVERFEAR

昨年夏に、そのオリジナルメンバーであるドラマーの林さんが急逝したという知らせを受け取りました。
大変ショックでした。

315はまだバンド名が「PSYCHO INNOVATOR」と英語表記だった1997年11月に、ツアーで東京に来ていた時にNEVERFEARのイベントに出てもらったのが出会い。
その翌年、大阪のイベントに呼んでもらったのがきっかけでより親交が深まりました。

NEVERFEARがCD発売ツアーで大阪に行くたびにいろいろと世話してもらったり、逆に彼らが東京に来たときは家に泊めてあげたりと、一緒にいた時間は少ないですがそれだけ濃い付き合いを重ねて来たのでまさに「盟友」と呼ぶにふさわしい関係だったと思います。


そんな彼らが林さんを失って出した結論。

「解散」

その解散イベント3DAYSの最終日に行ってきました。


この日の出演者が

  • ブッシュマン
  • 3.6MILK
  • INDIAN-HI
  • KOALA

と、315がこれまれにもっとも深く付き合ってきたけれども、今は活動してない(又はメンバーやバンド名が違う)バンドばかりが集合。

林さんを送るのにこんなにふさわしいメンツはないだろうという出演者が勢ぞろい。
これは行かないわけにはいかないだろう、と単身大阪へ。


そして到着した久々のROCKETS。

久々のROCKETS

会場に到着すると、のKUDOくんに遭遇!
東京のバンドマンにこんなところで出会うなんて!!
KUDOくんはCAUCASUSで315のイベントに出たりしたことがあったということで、縁というのは不思議なものです。


会場前にはこの日のフライヤーが大量に。

この日のフライヤーが大量に。

[続きを読む......]

No Return 高円寺Mission's ありがとうございました!

2013/02/12 : Live
そろそろオープン!

No Return今年最初のライブでした!
早い時間の出番でしたが、気持ちよくぶっ飛ばせました。

今回もドラムはShimoさん。
というか多分しばらくずっとShimoさんの予定です(笑)。
ショウとタイプの違うドラマーですが、いい感じにハマってくれているのでShimoさんの都合のつく限りはこのままお願いする予定です。

あと「Last Kiss」から始まる定番セットリストを今回はちょっと変えてみました。
中々新鮮な気分でやれてよかったです。

ちなみにMission'sは初めての出演だったのですが、今はなきGEARに雰囲気が似ていて、初出演ながらリラックスしてホームのような感覚でライブ出来ました。
大好きなMarshall JCM2000があったのもポイント高いです。ここ最近はギターアンプはJCM2000があればEMG(ピックアップ)との相性も良いし、怖いもの無しです。JCM900だとちょっと工夫が必要ですが。

<2013/02/09 No Return Set List>

  1. Answer(s)
  2. D.M.D.
  3. SAYONARA
  4. Don't Forget
  5. 冷たい雨
  6. Last Kiss
  7. I don't know

対バンも顔馴染みのビンビールズulma sound junctionが期待通りのステージを見せてくれた他、初共演のHi-KING BEAR個人主義激場もとても良いパフォーマンスを見せてくれました。
そしてアコギ一本で会場を湧かせてくれたさかもとえいぞうさんは流石の一言でした。何から何まで流石!ああいう感じで自分もずっと音楽やっていけたらいいなーと思いました。

[続きを読む......]

SOUL'd OUT Premium Live 2013 "Anniv122" @新木場STUDIO COAST

2013/01/27 : Live

SOUL'd OUT行ってきた!図々しくも関係者席で観させてもらいましたが、流石のステージだったなー。パーティーでした。

SOUL'd OUTのデビュー10周年記念ライブに遊びに行ってきました!

SOUL'd OUTはBro.HiがMalignant Co.のCOYASSと繋がっていて、Malignant Co.のライブを観て気に入ってくれ、何故かインタビューで推してくれたりBro.Hiのバンド「E.G.D.E. Player」がMalignant Co.のイベントに出てくれたりといった形で交流があったものの、SOUL'd OUTのステージは生で観たことがなかったので、かなり楽しみでした。

当日は18時スタートで、メンバーそれぞれのバンドやソロがオープニングと聞いていたため最初から観たかったのですが、仕事が押して会場に到着したのが20時。
しかしちょうどSOUL'd OUTの出番前だったので、ギリギリセーフでした。

会場ロビーにはお祝いの花束も。
SOUL'd OUTのアルバムもアートワークを手がけていた荒木飛呂彦先生からも届いていました。

荒木先生からの花束があったので思わず撮ってしまいましたw

入場してCOYASSと合流し、しばらくしたらSOUL'd OUTスタート!

[続きを読む......]

[DANCE 2 APES] @渋谷duo MUSIC EXCHANGE

2013/01/16 : Live

NEVERFEAR時代にお世話になってたミクスチャーバンド、FOODが10年ぶりに再結成!

FOODというのは90年代には雲の上の人だった元BY-SEXUALドラムのNAOさん、EAST ENDのDJ YOGGYさん、そして広島で活動してたGOOFEDというミクスチャーバンドのKAZUくんを中心としたバンドで、当時はベースにJu-KENさんがいたりと、当時かなりのスーパーバンドでした。

自分たちはGOOFEDが同じレーベルメイトだったからという縁でイベントに出てもらったり、イベント呼ばれたりとしてました。

後期は同じくNEVERFEAR時代に仲の良かったClouter, Brown Baggerといったバンドでベースを弾いてたWatabeくんがベースを弾いていて、今回もWatabeくんを含むメンバーで復活とのこと。

ちょっと昔を思い出しながらウキウキとイベント会場に向かいました。

[続きを読む......]

GUNS N' ROSES [ Special Gig in TOKYO ] 2012/12/18 @ZEPP TOKYO

2012/12/30 : Live

Guns N' Roses(以下GN'R)が11月後半に突然の来日公演発表!
しかも公演日が12/18と、発表から1ヶ月もないということで、いったい何があったのか分かりませんが、GN'R信者としては理由はともあれ来るんだったら行かないと!ということで早速チケットぴあの選考抽選に申し込んだところ当選!

会場がZEPP TOKYOと通常の会場よりも全然小さいせいか、お値段もオールスタンディングで17,500円と高め。
GN'Rにそんなの関係ない、といそいそとチケット発券。

チケット発券してきた! 17,500円!高い!! でもその分楽しんでくる!!

そしてそわそわと数週間を過ごし、いよいよ当日!
しかし当日は会社の研修のため、最短で会場到着が18:45の見込み。

物販が16:00、開場が18:00、開演が19:00ということなんで、開演には間に合うものの物販は今回は諦めることに。
しかしこの日は夕方が近づくにつれてソワソワしてました。研修後半、集中できなかったですねー。

そして終わってすぐにダッシュ。
途中の乗換駅でカロリーメイト的なものをゲットして、2ちゃんねるのGN'Rスレッドをチェックして会場の様子を伺いながら会場へ。
どうも開場が遅れているらしいことがわかり、やや安心しました。

そんな調子でゆりかもめに乗り換えたあたりで、その電車に乗っている人全員GN'R観に行く人のような気がしてきて、「多分俺が一曲歌い出したら大合唱になるんだろうなー」なんて妄想してたら青海駅に到着。
ダッシュで向かうと、全然オープンしてない!
物販はTシャツ類はほぼ売り切れだったので、タオルとレザーブレスをゲット。

Guns N' Rosesライブでの戦利品

そして同じく見に来ているno tokyoのLINDAに電話し、合流。
開場までGN'Rトーク。

整理番号の最初の方の人は並んでいるものの、一向に開場の気配なし。
周りをみると、すでにロッカーに上着や荷物を預けてGN'RTシャツ一枚になっている人たちが...この寒空に薄着で待っているのはさぞつらかろうと思います。

そして開演予定の19:00過ぎからようやく開場し、整理番号順に入場開始。

自分は整理番号的には割と後ろの方だったのですが、開場の前方ブロック中ほどになんとか滑り込むことができました。

まだ始まらないかなー、と気楽に携帯いじってたら19:54頃(ちょうど携帯見てたので時間はあってるはず)に客電が落ち、同時に大歓声!!

[続きを読む......]

No Return 新宿アンチノックありがとうございました!

2012/11/23 : Live

ライブから時間が経ってしまいましたが、11/11の新宿Antiknockありがとうございました!

人の企画なのにトリ、そして自分たちの出番前には「ガン飛ばし対決」という謎のコーナー、といろいろ不安要素があったため、どうなることかと思ったけどいい感じにぶっ飛ばせました!

対バンも面白いバンドが多く、楽しめましたー。

個人的に「死ぬまでに一回は観たいバンド」であるSystem Of A Downコピーのfuckthesystemは、選曲も良くて頭からテンションあがりましたねー。
Blurオンリーのparklifeも、まっちゃんのよく分からないテンションをカバーするようなしっかりした演奏と、あやかとki☆kiのコーラスが良かったです。
Qwertyはカバー曲でなんと「洪水ゴングショー」!SHU-GとCOYASSが乱入し、往年の「洪水(not KOUZUI)」の再現に大盛り上がりでした。

BOOWYコピバンのコーマンズ(なんて名前だw)はオープニングから「
あの」シルエットの完全再現!その後も宮ちゃんのヒムロックならぬミヤロックっぷりが冴えてましたねー。

ガン飛ばし対決は結構盛り上がったのが予想外。あやか凄いww

そして我々No Return。

[続きを読む......]

マリグ☆ナイト7ありがとうございました!

2012/10/29 : Live


10/27に開催した「マリグ☆ナイト7」、大好評のうちに終了しました。
ありがとうございました!!

簡単ですがざっと主催者目線のライブレポを。

---

【マリグ☆ラジオ】
今回はオープン後とバンドの転換時間に、マリカンメンバーによるトークコーナーをやってみました。
以前からバンドの転換時間って結構みんな何したら良いか分からない時間にはなりがちなので、どうにかしたいなと思ってました。
今までは映画をスクリーンに投影したり昨年はCOYASSにDJやってもらったりしてたのですが、No ReturnでJIN AND BROTHERSの企画に出た時に「ジンブラジオ」というのをやっていて、これは良い!ということで取り入れて見ることに。
ORGASMという企画のMCと、ジンブラジオの良いとこどり、って感じで、自分とマリカンボーカル陣が持ち回りでバンドの紹介やフリートークを繰り広げるという内容。
じっくり内容を練る時間がなかったのでどうなることかと思いましたが、予想外にうまく行きました。
自分が予想よりもスムーズに進行しながらトークできることもわかったし、「喋りが上手い!」と褒められたのも嬉しかったですねー。
最後自分の出番前は放置してたらジャックバドラ&功に勝手に喋られてましたがw

[続きを読む......]

No Return 新宿ANTIKNOCKありがとうございました!

2012/05/29 : Diary Live

picplz_upload

新宿ANTIKNOCKでNo Returnライブでした。
ありがとうございました!!

この日はJIN AND BROTHERS企画ということで、オープニング&転換にジンブラと無許可のメンバーによる「ラジオ」が。

picplz_upload

といっても、この会場だけでしか流れていないんですが、これが面白かった!
事前のアンケートに沿ってバンドの紹介を面白おかしくしてくれるんですが、これいいなー。
今度何かで真似したいです(笑)。


そしてNo Return。
今回もサポートドラムはTAH。
お時間たっぷり35分。全9曲、楽しくやらせてもらいました!

そしてラジオの流れで、なんかMCもなんとなくラジオ口調に。そして普段全然喋らない(喋れない?)ともも、MCに入ってくるというミラクルが。
いやー、これはかなりレアでしたね。


ANTIKNOCKでライブやるのももう数えたら16年目。
がっつりぶちかますことができました!

サングラスもオニューでした。

picplz_upload

<No Return 2012/05/26 Set List>

  1. Last Kiss
  2. Don't Forget
  3. 冷たい雨
  4. Answer(s)
  5. I hate
  6. I don't know
  7. SAYONARA
  8. D.M.D.
  9. 君よ


出番後はお酒飲みながらTHE VOICEとJIN AND BROTHERSを堪能。
どっちもいいバンドです!かっこよかったー!!

この日のJABはお祭りモードでした。

MCでも言ったとおり、JIN AND BROTHERSの神宮とはもう12年の付き合い。
年月を経ても再び一緒のステージに立つことが出来てよかったです。

お互い音楽続けてて良かったなー、と思いました。
JAB、ありがとう!!

---

そしてその後中打ち上げに参加して帰宅・・・するも、まんまと寝過ごしてタクシー。
最後に飲んだ焼酎が効いた模様。

さらに購入後1年後経っていない腕時計を紛失したことに帰宅して気がつきました。
ANTIKNOCKで出番前にはずしてバッグに入れたはずなんですが・・・凹むなー。


・・・と、最後はケチがついてしまいましたが、ライブそのものは最高でした。

次のライブは決まってませんが、次も是非よろしくお願いしまっす!!

3/8三軒茶屋ありがとうございました!

2012/03/12 : Diary Live

20120308_noreturn

3/8のNo Return@三軒茶屋Heaven's Door、どうもありがとうございました!

急遽ヘルプでTahに叩いてもらいましたが、急ごしらえにしてはかなり良い出来だったのでは、と自負しております。
結構面白かったのではないでしょうか。

また平日にも関わらず、沢山の人に観にきてもらい、テンションもあげてライブできました。
つーか平日の方が職場関係の人が仕事帰りに寄ってくれ易い、ということが分かったので、これから都合が合えば平日ライブもいいなー、と思った次第。

しかし何故か宮崎にいるはずのショウが客席に!
偶然東京出張が重なったらしいですwww

「自分のバンドを客席から観るという夢が叶いました」
ってやかましいわ!
俺も観たいし!!

ともあれ、ありがとうございました。
No Returnとしてはこれからもサポートドラム入れて活動して行こうと思うので、今後もよろしくお願いします!

<3/8 No Return Setlist>

  1. Last Kiss
  2. 冷たい雨
  3. I don't know
  4. I hate
  5. SAYONARA
  6. D.M.D.
  7. 君よ

対バンもアンダーグラウンドで独特な雰囲気とサウンドのGISIRIのキレのあるステージから始まり、キレたMCとハイテンションなパフォーマンスの中出し少年、正統派女性ボーカルロックのPASTELs、そして最後に一度見たら二度と忘れられない功(いさお)と、平日ブッキングとは思えないメンツで楽しかったです。

特に功は凄かったなー。観てる時に、ugazinに
「マリカン観てる時ってこんな感じ?」
と聴いたら同意されましたw

あと色んな人と色んなところで繋がってることが分かって、それがまた新たな繋がりになりそう。
これだから面白いんだよなー。

特に自分たちは昔ほどガツガツ活動してないこともあり、新しい繋がりに飢えているのでw


次のライブもボチボチ声かけてもらっているので、決まり次第お知らせします!!


写真は楓のすみちゃん撮影。
サンクス!!

Malignant Co. 「マリグ☆ナイト6」ライブ映像全曲公開

2012/02/03 : Information Live

マリグ☆ナイト6」のMalignant Co.のライブ動画を全曲アップしました!

マリグ☆ナイト6 全曲 2011/10/29 @渋谷CYCLONE

  1. 恋のコリドラス(全員)
  2. おっぱいが2倍(ki☆ki, ゆうぎ王)
  3. One Nyan Cho(ゆうぎ王, yuki☆)
  4. ナツコイ(マキ, yuki☆)
  5. ナイタイ(yuki☆, マキ, すみこ+全員)
  6. ツインテールとおさげ(全員)
  7. YATCH Minor(yuki☆, ゆうぎ王 / ドラムShimo)
  8. すみコア(すみこ / ドラムShimo)
  9. すみコヤス : Death, Driving Death (すみこ, COYASS(rap) / ドラムShimo)
  10. チョモラン人(ki☆ki / ドラムCOYASS)
  11. Kiss me, Kiss you, June bride-私のファンタジスタ(ki☆ki)
  12. モテ洪水(ゆうぎ王, yuki☆)
  13. ゆりちゃん!じゅんじゅわぁぁん体操
  14. トキメキング(全員)

渋谷サイクロンありがとうございました

2012/01/22 : Diary Live

No Return、今年一発目のライブ@渋谷サイクロンでした。
企画者のHI-GOD VOICE、どうもありがとう!

20120121_NoReturn

新年一発目ということで気合入れてぶっとばしました!
あいにくの雨でしたが、客席の反応もなかなかで楽しくプレイできました。

今回はなかなか新鮮なセットリストでやらせてもらいました。

<No Retrun 2012/01/21 Set List>

  1. Don't Forget
  2. 冷たい雨
  3. I don't know
  4. SAYONARA
  5. D.M.D.
  6. I hate
  7. 君よ

今回は出番が早めだったので、その後ゆっくり飲みながら他のバンドを楽しめたのが良かったですねー。
初対面のバンドばかりでしたが、かっこいいバンドとも沢山知り合えたので今後また一緒に出来たらいいなー、と思います。

特にマークスマン、PALOSPECIAL、HI-GOD VOICEはツボでしたねー。
しかも企画のHI-GOD VOICEはメンバーは25歳、PALOSPECIALは22歳と若く、エネルギーに溢れてて羨ましかった(笑)。

自分たちももうベテランとか言われる年齢になってきたけど、負けてられません。

次のライブは3/8(木)に三軒茶屋Heaven's Door!
こちらも頑張ります!

---

あと渋谷の西武で凄いギター見つけました。
12ネック!

凄いギター見つけた。ネック12本。735万とかした。

裏マリグ☆ナイト、ありがとうございました!

2011/11/21 : Diary Live

裏マリグ☆ナイト、終了しました!

15:00オープンで全13出演者という無茶なイベントでしたが、無事終了!
出演者にもお客さんにも「楽しかったー」と言ってもらえて本望でした!

以下、自分(主催者)目線でのライブレポを。

[続きを読む......]

マリグ☆ナイト6 ありがとうございました!

2011/11/02 : Diary Live

malignight6

(photo by Okaken)

マリグ☆ナイト6」無事終了しました! ありがとうございました!!!!

この日はバンドブッキングした時点でもう失敗するはずがない!と確信を持っていた一日でした。

というわけで以下、自分視点でのライブレポートを。

[続きを読む......]

ラーメンズ 第17回公演「Tower」

2011/09/21 : Live
ラーメンズ第17回公演『TOWER』 [Blu-ray]
ポニーキャニオン (2010-09-15)

テレビには滅多に出ませんが、緻密に構築されたコントには毎回笑わせられながらひたすら感心するお笑いコンビ、ラーメンズ

第14回公演「Study」第16回公演「TEXT」は観にいったのですが、子供が産まれてからはなかなか観にいく機会がなかったので、この度DVDを購入することに。

小林賢太郎のクレバーさと、片桐仁の爆発力。
この二人があってこそのラーメンズだなー、と今回も大満足の内容でした。

劇場には劇場ならではのよさもありますが、映像作品だと二人の細かい表情の演技も分かるので、二人の演技力の高さも堪能できます。

特に小林賢太郎のパントマイムには毎回磨きがかかってます。


最近は本公演はやってないみたいなのが残念。
新作が待ち遠しいです。

[続きを読む......]

[ ラストオーダー ] デブパレード解散ライブ 2011/2/19@秋葉原GOODMAN

2011/02/23 : Live

「100kgない奴はデブではない」というコンセプトをもとに、100kg以上のメンバーのみで結成されたデブパレードが、バンドの発起人であるugazinを含めた数名のメンバーの体重が100kgを下回っていた事が判明したため、解散とのこと。

デブパレードを初めて見た日の衝撃、というか笑激は忘れられません。
こんなバンド反則だ!と思いました。

それから自分のバンドとも何回も対バンし、イベントにも出てもらったりしていた上にCOYASSやTAHとは同じバンドメンバーだったこともあるので、個人的には他人とは思えないバンド。そんなバンドの有終の美を見届けに行ってきました。

演奏は結成当初から文句なしのクオリティですが、4年間の活動の中で練り上げたJ-POPバンドとしての楽曲やステージングは、4年前に比べると当たり前ながら大きくパワーアップしてました。

しかし解散って勿体ない!
確かにコミックバンドって旬を逃してダラダラ活動していてもなー、ってところがあるのですが、曲も演奏も自己プロデュースもしっかりできているので、4年たっても色あせず楽しめるので、このタイミングでの解散は惜しいですが、まぁ本人たちの思惑の上での選択なのでそれを尊重するのがベストかと。

なんて関係者ぶったコメント書いてますが、実際は1ファンとしても十分楽しませてもらいました。
シングル曲「BODY & SOUL」「バッチコイ!!!」は勿論、昔から好きだった名曲「ハッピー乱デブー」「R564」「とりあえずカレー」「Check My Body」も聴けたし、「パルフェ」「チャリンコリンコ」など比較的新しい曲も楽しかったです。

途中全然ダレることなく、あっという間の2時間!と思わせるライブができるバンドってやっぱり凄いなー、と思いました。


デブパレードが解散しても、これからのそれぞれの活動に期待したいと思います。
メンバーのみんな、お疲れ様!

---

打ち上げ後はバンド仲間といろいろ喋った後、マリカンメンバーと打ち上げへ。
終電までの参加でしたが、たかぴ~が酔っぱらって酷くて面白かったです。

---

そしてなんと当日のライブがまるまるこちらで視聴できます。
太っ腹!(デブだけに)

[続きを読む......]

「子像」ありがとうございました!

2011/01/31 : Diary Live

No Returnソロホーマーの共同企画、「子像」無事終了しました。

ご来場いただいたみなさん、ありがとうございました!
楽しかったー!

というわけで出演順に簡単なレポを。

7 dice rockers
まだ暖まっていない客席に向けて熱いサウンドをぶちかましてくれました。
ただのロックンロールでは終わらない、ところどころに感じる「つよし節」とも言えるヘヴィグルーヴなフレーズが、自分的にはたまりません。

桜梅桃李 改め 音舞宙凛
新メンバーのお披露目とともにバンド名も一新!
エレクトロポップ、という一言だけではまとめられない自由なダンスミュージックでガツンと盛り上げてくれました。
酒飲みながら観たい!でも出番前!というジレンマと闘いながら観てました(笑)。

Flat Land Coil
2008年にNo Returnが活動休止する際の「子煩悩」にも出演してもらい、その後活動再開の1発目でも共演。そして今回No Returnがしばらくライブ活動を休む、という今回にまた出演してもらうという、節目節目で一緒になることの多いバンド。
一曲目が始まった途端、ボーカルマキちゃんの声が前よりも凄い伸びて前に出てきていてビックリしました。楽器隊も流石の安定感。
いやー、最高でした!

コロバ・ミルク・バー
この日が半年ぶりのライブ、とのことでしたが、そんなことは関係ないベテランのステージ!
出番前だったので楽屋で用意してたのですが、コロバのステージが観たくて楽屋と客席を行ったり来たりしてました(笑)。
いやー、楽しかった!
ガラムマサラもJ-POPもMAAちゃんコーナーもヌンチャク技も堪能させていただきました!!

No Return
さてこの日のNo Returnはソロホとの企画、ということでオープニングにソロホーマーのメドレーなぞ。
ソロホの半分の人数しかいないので(笑)、シンプルなアレンジで3曲の主要フレーズをドンドンドン、と繋げてみただけでしたが、客席の反応も良く、また演奏してる側も楽しかったです。

あとはいつも通りのステージでしたが、実は何気に9月ぶりのライブだったのでいろいろ細かいミスもあったけど、まぁそこは勢いで!
そしてこの日はギターの音作りがいい感じにできたので、弾いてて気持ちよかった!
何だかんだでライブ楽しいー!と再確認させてもらったステージでした。

<No Returnセットリスト>
1. ソロホーマーメドレー(ソーダ水~キスをしよう~ランドマーク)
2. Last Kiss
3. Don't Forget
4. Answer(s)
5. 冷たい雨
6. SAYONARA
7. D.M.D.
8. I Don't Know

ソロホーマー
トリはもちろんソロホーマー。
いやー、まっちゃんが変なテンションだった!気持ち悪かった!
曲の締めのジャンプとかするんだけど、いちいち中途半端で(笑)。
しかしみんなを笑顔にしてくれる楽曲&パフォーマンスは流石。
ラストはもちろんランドマークできっちり締めてくれました!

---

そして打ち上げ!
これも楽しかった!
途中みんなワンセグでサッカー観てましたが(笑)、熱い話も沢山できたし、有意義な打ち上げでした。

---

しかし超楽しかった!のでまだ余韻に浸ってます(笑)。
個人的にはしばらくライブ活動はないのですが、またこんなイベント企画してみんなと一緒にワイワイやりたいと思いますので、その際は是非よろしくお願いします!!

[続きを読む......]

コピーナイト終了!

2011/01/17 : Diary Live

コピーナイトこと、「チョコレイト学園軽音楽部 Vol.14」にIRON MAIDENバンドのギターとして参加してきました。


いやー、最初のやまざきあやか率いるレベッカバンドからレベル高くてビビリました。
この人、マリカンで歌ってるのもったいなくない?という歌唱&ステージング。
オープニングからがっつり盛り上げてくれました!

二番手のSKID ROWは「92年の武道館公演っぽい感じで」とMCで言ってましたが、その武道館公演って俺が観に行ったやつだ!と超胸が熱くなりました。選曲も"Slave to the Grind"ではじまり、"Youth Gone Wild"でエンディングという黄金パターン。

続くジャクソン5、グルーヴィーでハッピーでとても楽しかったです。選曲もいいし、演奏もばっちりでしたねー。
全員アフロで一緒に踊るのが可愛かったです。

そしてガラっと雰囲気変わってTOOL!Shimoさん本領発揮!変拍子だらけの曲の中でリズムを崩すことなくこれでもかと叩きまくってくれてました。
演出のために暗くしている照明の中で、ゆうじ&かおりんの弦楽器隊も難易度の高いフレーズをビシビシ繰り出してて、プレイヤーとしてはそういうところにもグっとくるものが。

そして今回の本命と言われたpearl jam!pearl jam超好きな人たち一流プレイヤーが集まって名曲揃いのセットリストという鉄板の構成。
ずるい(笑)!
もうこれトリでいいんじゃね?というくらいの盛り上がりでした。


そしてトリは我々IRON MAIDEN。

AKINO LEEさんのブルース・ディッキッソンの衣装&髪型完コピがヤバかったです。
楽器隊も伸太郎君の持ってきてくれたカツラを装着し、そして全員IRON MAIDEN Tシャツで戦闘態勢に。

しかし自分はロン毛のカツラしてサングラス外していたので
「最初O.K.Z.がどこにいるか分からなかった」
とか言われましたww

ちなみに今回は伸太郎君が上手、自分が下手という立ち位置だったのですが、下手でギター弾くことってほとんど今までなかったうえに、みうらさんのステーィヴ・ハリスサウンドがバキバキと物凄くて、最初自分が何弾いてるか分からなかったくらいでした。

でもなんとか5曲、一気に駆け抜けました!
あちこちミスもありましたが、Running Freeのコール&レスポンスも盛り上がったし、客席もみんなで拳を振り上げて一緒に歌ってくれてたので最高でしたー。

ありがとうございました!


<IRON MAIDENバンド セットリスト>
1. Aces High
2. 2 Minutes to Midnight
3. Running Free
4. Trooper
5. Iron Maiden


そして打ち上げは終電まで、のはずだったのですが、楽しすぎて気が付いたらとっくに電車の無い時間・・・。
しかし楽しかったのでそれはそれで!


あと「マリカンは人材の無駄遣いしてる」ともいろんな人に言われました。
確かに(笑)。

[ メキシコ復活!!~only this day ] 2010/12/06@三軒茶屋HEAVEN'S DOOR

2010/12/16 : Live

6年ぶりにガールズハードコアバンド、「メキシコ」が復活!
ドラムとベースはオリジナルメンバー、そしてギターはMOBMalignant Co.のtakayamaがサポート、ということでこれは見逃せない!ということで行ってきました。


会場につくと巫女さんパンクバンドヒゲと味噌汁が演奏中。
オーソドックスなパンクスタイルながら、独自の恋愛観を盛り込んだ歌詞とMCが面白かったです。
つーか巫女さんなのにやり逃げされた話とかしてるし!
いろいろ破天荒で面白かったです。


途中夕飯を食べに行って戻ってきたらマリカンメンバーや顔見知りが沢山。


そしてゴルゴブッチが始まるというので再びHEAVEN'Sの中へ。
相変わらずのぶっ飛ばしたステージ!そして爆笑の絶えないMC!
やっぱりゴルゴブッチ大好きです!
ラストは"アメリカンハードコア"な"Hell to Hell Jack"でバシーンとシメてくれました。


そしてこの日のメイン、メキシコの登場!
れをちゃんの首に巻いたタオルから、昔20000Vとかで対バンした記憶が甦ります。
いつになく緊張したメンバーが登場。
takayamaもガチガチに緊張ww

しかし一発音を出せばそこは流石のこのメンバー。

すみちゃんのMCもいい調子で、フロアでは軽いモッシュも発生しつつ、全6曲があっという間でした。

アンコールで最後の曲をもう一回!

いやー、楽しかったー。
当たり前ですが、やっぱりすみちゃんはマリカンでヲタ芸してるより、こういう方が遥かに良いですね。


今度はHEAVEN'S DOOR 30周年で復活するそうなので、楽しみです。

音影単独公演 「澁谷西月讀巻」 2010/11/26@渋谷O-WEST

2010/12/06 : Live

レポがすっかり遅くなりましたが、マリグ☆ナイト5に出演してくれた、音影のレコ発ツアーファイナルに行ってきました!

当日は早めに行こうと思っていたものの、仕事が押してしまったので開演ギリギリに到着。
関係者用の入り口がすごい行列で、入場に15分くらいかかりました。

なんとか入場し、ドリンクカウンターで缶ビールを受け取ってから二階席へ。
着席のタイミングでスタート!ナイスタイミングでした。


まず驚いたのがO-WESTを埋め尽くす客席、1曲目から一糸乱れぬ振り付けで、素晴らしい一体感でした。
音影のファンの皆さんの一体感にはいつも感心します。

そして曲間には「音影」たちの敵である「幻魔忍軍」との闘いの様子を演出した芝居も!
アルバム「月讀」のタイトル曲ではなんと戦いながら演奏&歌っていました。

なんだかヒーローショーみたいで胸が熱くなりました。


そんなこんなであっという間にアンコール。
大いに盛り上がった2時間でした。


しかし結成3年で、もはや「ライブ」ではなく「ショウ」という規模のステージをするようになった音影、今後が増々楽しみです。

[続きを読む......]

再 2010秋 2010/11/13@新宿ANTIKNOCK

2010/11/21 : Live

ソロホーマーJIN AND BROTHERSの共同企画に行ってきました。

久々のメンツばかりなので、「再」の名に相応しい、まさに同窓会に行くようなワクワクした気分でANTIKNOCKに向かいました。


一番目は企画者でもあるJIN AND BROTHERS。
ギターボーカルの神宮マンとは、自分が「NEVERFEAR」、神宮が「武将」で活動していた10年以上前からの付き合い。そしてベースのアディスことキジさんは、彼が「山之内太郎トリオ」でベースを弾いてた時代から。
神宮もキジさんもステージに立つ姿を見るのは久しぶり!昔の仲間がこうやってステージに立っているのはやっぱり嬉しいものです。
ちなみにこのバンドのキーボード、ひとみんはソロホーマー/Malignant Co.のそろほまつと今年7月に入籍したばかり。パーカーのフードをかぶって登場したのはまっちゃん的なアレでしょうか(笑)。

そして肝心の楽曲は、神宮ワールドに他のメンバーの個性がうまく融合した、ありそでない感じの骨太日本語パンクロック!
いやー、相変わらずなスタイルでありつつも、今の彼らの等身大、という感じのサウンドが楽しくてたまらなかったです。


二番目の出演はCircLiNE
No Returnのショウがやりたい放題やってるバンドです(笑)。
なんかこのバンドは見ていてほっこりした気分になります。
毎回成長しているんですが、この初々しさは失わないでほしい!と思います。


そして久々のライブとなるLong Island Icetea
CircLiNEのあいかがベースとして加入。そしてそれまでジャンベを叩いていたHeRbLiNe/Malignant Co.のShimoがドラムに転向し、リズム隊を一新して2年ぶりにライブ活動再開だそうです。
SHU-Gの相変わらずのMCと、気持ちの良い漂うようなグルーブとサウンドは、もうベテランの域に達したこのメンバーだからこそ出せるのかと。
お酒が進む、心地よい時間を提供してくれました。


4番手はなんと7年ぶりに見るunderlife
以前はスリーピースでいわゆる「メロディック・パンク」的な色が強い楽曲をメインに活動していたのですが、ちょっと見ない間にギターボーカルのJunがピアノボーカルに転向し、ギターとドラムが新加入、ということでかなり違うバンドに。
しかし楽曲の芯は自分が知っている「underlife」以外の何物でもなく、スタイルは変わっても魂は変わってないなー、と感心しました。


最後はソロホーマー
ステージにはまっちゃんと同じくお揃いのパーカーでフードをかぶったメンバーがスタンバイ。そこへ「北の国から」のSEに合わせて、五郎の物まねをしながら客席からまっちゃん登場。
なんかもう色々とズルいです(笑)。

そしてちわわが新しく購入したといううショルダーキーボードがでかい!遠近感が分からなくなります。

それはともかく、ギターありという編成になったソロホーマーも大分バンドとして固まっており、堂々たるステージ。
そんな中で自由にはじけ飛ぶまっちゃんは相変わらず(笑)。MCも相変わらずキレてました。
しかしフロントマンがあんなに狂ったキャラクターなのに、楽曲はぐっと心に沁みるものばかり。やっぱりこのバンド、ズルいです(笑)。


[続きを読む......]

マリグ☆ナイト5 ありがとうございました!

2010/11/03 : Diary Live

おかげさまで今年も満員御礼!


出演してくれた

ヒーヒズヒムイズム
Vigilante
デブパレード
音影

そしてご来場いただいた皆様、本当にありがとうございました!


ヒーヒズはずっと一緒にやりたかったバンドなので、今回出てくれることになって本当に嬉しかった!
久々でしたが、やっぱりいいなー
文学的でありながら鬼気迫るパフォーマンス。マリカンとベクトルは違えど、これもまたエンターテインメントの一つの完成型!

Vigilanteは観ている間完全にただのメタルキッズになってましたw
いやー技術とヘヴィネスの完璧なコンビネーションを堪能して超満足!
見終わった後、もうこのあと俺がギター弾かなくても良くね?みたいな気分になりました。
毎回勉強になります!

そしてデブパレード。「ハードコアバンド」宣言してから、TAHとハンヂさんが開放されたというか、メンバーの持ち味を活かした感じになっていて、本人たちにも言ったけど俺はこの路線好きだなー。
アンダーグラウンドからメジャーにいった人間が、またアンダーグラウンド的なアプローチをすることでより説得力が増してるというか。

トリ前は音影!
客席と一体となったパフォーマンスは流石の一言。何をどうやったらお客さんああなるんだろう?
しかしフロアの大半を巻き込んでしまう力は凄い!と思いました。
そして「韋駄天無頼」が名曲過ぎて、幸せだった。


最後はもちろんMalignant Co.。
マリカンとしては新メンバーを迎え、ダンスという切り口で「ときメタル」としての新しい方向性を切り開きつつ、ki☆kiやCOYASSなど活動開始当初のメンバーが参加することにより原点回帰な面も出せたかと。

今回は去年までのライブ映像を何回も観て、お客さんの気持ちになっていろいろ演出など考えました。
なんか秋元康とかつんく♂ってこういう気分なのかなーと思ったりw

果たしてどの程度伝わったかはわかりませんが、楽しんでもらえたらこれ幸いです。

来年はどうしようか、今から考え始めていますが、今年以上のメタルエンターテインメントをお届けできるよう、またいろいろ考えていきたいと思います。


ともあれ、ありがとうございました!

<Malignant Co. 10/31 セットリスト>
1. 恋のコリドラス(全員)
2. おっぱいが2倍(あやか/ゆうぎ王)
3. One Nyan Cho(ゆうぎ王/すみこ)
4. ナツコイ(あやか/yuki☆)
5. ゆりちゃん!じゅんじゅわぁぁん体操(ゆり/ゆうぎ王/yuki☆+あやか)
6. ナイタイ(あやか/すみこ+全員)
7. YATCH Minor(あやか/ゆうぎ王・ドラムShimo)
8. すみコア(すみこ・ドラムShimo)
9. Kiss me, Kiss you, June bride-私のファンタジスタ(ki☆ki)
10. モテ洪水(すみこ/yuki☆)
11. トキメキング(全員・ドラムCOYASS)

Malignant Co. 2010/10/31 出演メンバー
そろほまつ(Vo)
やまざきあやか(Vo)
すみこ(Vo)
ゆうぎ王(Vo)
yuki☆(Vo)
ki☆ki(Vo)
ゆり(Dance)
O.K.Z.(G)
takayama(G)
KOH-TARO(B)
ミホコ(Vo)
Jun(Dr)
Shimo(Per/Dr)
COYASS(Dr)
みったん(MC)


うちあげは日曜夜-月曜朝ということで少数精鋭でしたが、これもいろいろ楽しかったー。
少人数じゃないとできない話題もいろいろとw

Ozzy Osbourne@東京国際フォーラム

2010/10/16 : Live

今年はメタルの祭典LOUD PARKに行けない!ヘッドライナーのOZZY、KORNをはじめ、今年も豪華メンツなのに・・・

ということでせめてOZZYだけでも、とLOUD PARKの前に行われる単独公演に行ってきました。

会場に付くと、客席はなかなか幅広い年齢層。平日ということだけあって、仕事帰りのスーツ姿の人が目立ちます。自分と同じくリーマンメタラーですね。つまり日本の経済はヘヴィ・メタルファンであるメタラーによって支えられているということかと。

101013-185950.jpg

物販もチェックしたのですが、長蛇の列。開場直後に入場すればまだ余裕があったのかもしれませんが、仕事でちょっと遅れてしまったので、今から並んだら開演に間に合わないかも、と見送ることに。まぁOzzy Tシャツは既に2002年のツアーのときに購入したのがあるからいいかな、という気持ちも。

席は1階の真ん中よりちょっと後ろくらい。このところ仕事が忙しかったので、国際フォーラムの座り心地の良い椅子でボーっと待ってると眠くなります。

開演に先立つアナウンスが流れた後、まだ客電が付いてるのに
「Let me hear you! Ha ha ha ha...!」
という声がスピーカーから!この会場に来ている人たちがこの声を間違うはずがありません。明るいまま盛り上がる客席!

そして客電が落ち、ついに開演!1曲目は"Bark at the Moon"。Ozzyは黒いマントかローブのようなものを羽織って颯爽と登場。その姿はまさに「魔界のプリンス」さながら。

[続きを読む......]

Rock on! vol.1@越谷Easy Goings

2010/09/24 : Diary Live

100923-172417.jpg

昨日はNo Return@越谷Easy Goingsでした。

4バンドという少な目の出演者&雨にも関わらず、客席には予想以上に人が居てくれて、楽しくできました。

しかし1バンド目に高校生のバンドが出てたけど、上手くてびっくりした。
年齢なんて17歳とか18歳とか。最近の若い子は上手いねー。
17歳って俺の半分じゃん!

流石にステージングはまだまだ未熟だったけど、今後が楽しみだね。


今は多火油機団で叩いているSASUKE(Mash)にも久々に会えていろいろ話せて良かった!
あとメジャーデビューおめでとう!


しかし今日は持ち時間がいつもより多かったんだけど、いつもの調子でやってたら最後の方はメンバーみんな限界にw
特に最後の五分がつらかった…

まあつまりはいつも限界まで使い切るペースでライブしてるってことですね。

しかしもう少し体力つけたほうがいいな… とは思いました。


<SetList>
1 Last Kiss
2 Don't Forget
3 冷たい雨
4 SAYONARA
5 D.M.D.
6 I don't know
7 I Hate
8 君よ


次のNo Returnは12/11に下北沢MOSAiCでっす。
よろしくー!

ORGASM Vol.303@下北沢MOSAiC

2010/09/16 : Diary Live

ORGASM Vol.303@下北沢MOSAiC

先週土曜はし下北沢MOSAiCにて、No ReturnMalignant Co.での出演でした。
来てくれた人、どうもありがとうございました!

No Returnはいつも通りと言えばいつも通りなんですが、テンション高いステージができたかと。
新しい曲たちも評判良くて嬉しかったです。

そしてMalignant Co.はミホコが高熱というハプニングもありつつも、新メンバー&新曲披露をさせていただきました。
MOSAiCのステージで11人、どうなることかと思いましたが、なんとかなりました(笑)。

前回の大人幼稚園同様、2ステージはやっぱり疲れましたが、どちらも楽しんでやらせてもらいました。
他にも良いバンドと出会えたので非常に意義のあるライブだったかと。


<No Return setlist>
1. Last Kiss
2. Don't forget
3. 冷たい雨
4. Answer(s)
5. SAYONARA
6. D.M.D.
7. I don't know

<Malignant Co. setlist>
1. 恋のコリドラス
2. おっぱいが2倍
3. ナツコイ
4. ゆりちゃん!じゅんじゅわぁぁん体操 (新曲)
5. モテ洪水
6. トキメキング

あと今日はexサーフコースターズのみやけくんとか、ex武将/現Jin And Brothersの神宮とか、久々に会えた人も沢山いて嬉しかった!
やっぱりバンド続けてるとまた繋がる人がいるのでやめられないです。


次のNo Returnは9/23に越谷Easy Goings!
多火油機団が一緒なので楽しみです。

そしてMalignant Co.は10/31に渋谷サイクロンでマリグ☆ナイト5!
こちらはヒーヒムヒズイズム、Vigilante、デブパレード、音影ともの凄いメンツが揃っております。

是非是非どちらもよろしくです!


久々のメイクもばっちり決まりました。
ORGASM Vol.303@下北沢MOSAiC

マリカンフロント女子チームはおそろいのマリカンTシャツを初披露!
ORGASM Vol.303@下北沢MOSAiC

Who the Fuck Vol.9 @渋谷WOMB

2010/07/29 : Live

Who the Bitchの「Superstar」レコ発に遊びに行ってきました。

家を出るのがちと遅れたので、一番目のnilは観られず、二番手の浅草ジンタから観戦。
聞きしに勝る楽しいステージでした。
暴れ回るホーン隊、その真ん中でどっしりと構えてスラップしながら歌うオショウ氏がクールでした。
確かデスマーチ艦隊時代にNEVERFEAR対バンした記憶が。懐かしいです。

そしてWho the Bitch!
映像を上手く使った演出を挟みながらのロックンロールなステージ。
久々に観たけど、安定感が増したけど勢いが死んでない、という理想のバンドになってました。
新曲のPVもかっこいいです。


このあと全国ツアー、そして10月にまたシングル発売と盛り沢山らしいので、今後も頑張って欲しいです。

---

ちなみにこの後ゆうぎ王にバッタリ会いましたw

[続きを読む......]

大人幼稚園3ありがとうございました!

2010/07/08 : Diary Live

大人幼稚園3、無事終了しました!

いやー、1日2ステージは思ったより平気だったんだけど、なんか空調のせいか、ステージが異様に暑かったので最後はヘバってました。

でも楽しかった!


出てくれた

爆音のグルーヴで二番目を盛り上げてくれたcore9th

期待通り、いや期待以上のステージを見せてくれ、今後の活動が超楽しみなno TOKYO

結成15周年!変わらぬハードコアテイストのパンクロックを届けてくれた315INNOVATOR

これぞ男のハードコア!というべき熱気溢れるステージを見せてくれたMOB

みんな最高でした。


ほんのり同窓会的だけど馴れ合いにはならず、いざステージに上れば皆ガチンコのライブ。
それを言わなくても分かってくれるバンドたちだからこそ、みんなで最高の一日にすることができました。


ボンタンにゲスト参加してくれたデブパレードCOYASSもありがとうー。


打ち上げでは熱い話から馬鹿話までいろいろで楽しかった。
後半流石に眠すぎて沈没しましたが・・・。


とにかく来てくれた人、出てくれたバンド、みんな本当にありがとう!

<No Returnセットリスト>
1. Last Kiss
2. Don't Forget
3. 冷たい雨
4. Answer(s)
5. SAYONARA
6. D.M.D(新曲)
7. I don't know


<BongTongueCityセットリスト>
1. Bong Tongue Life
2. Anpang-man
3. Inemuri
4. 37564
5. 闘争神(空手コンドル)
6. Nakayubi DisCOYASS
- encore -
1. SHAKKA(空手コンドル)


次回ライブは9/11にNo Return&Malignant Co.でORGASMに参戦!
こちらもお楽しみに!

GUNS N' ROSES [ Chinese Democracy World Tour ] 2009/12/19@東京ドーム

2009/12/28 : Live

2009年最後のビッグイベント、自分が世界で一番敬愛するバンド、GUNS N' ROSES(以下GN'R)の来日公演!
もう数週間前からウズウズしてました。前日にいたっては緊張して眠れずw

そして当日、16:00開場、18:00開演とのことなので17:00くらいに到着。

到着&入場早々、まずは東京ドーム通路に設置されたグッズ売り場でTシャツ&タオルを購入。

戦利品@GNR

白のタオルは売り切れてましたが、思ったよりグッズ売り場が空いていたのでじっくり選ぶことができました。

さてまだ時間あるけどどうしようか、と思ったらなんと会社の人(別部門のGNRファン)に遭遇!
こちらは一人でしたが、先方は同じくGNR好きのご友人と一緒だったので、しばしGNR談義。

そうこうしているうちに客電が付いたままオープニングアクトのMUCCが17:20頃開始。ちょっと覗いてみると、アリーナ席もガラガラ。
一応観てみようかと思ったけど、会社の人の友人が
「アタシは前回に一生分のMUCC観た」
と言ってて、確かに自分も前回の来日公演でそんな気持ちになったなー、じゃぁいいか、ということでそのまま立ち話継続。

そして定刻の18:00が迫ってきたところで客席に移動。
この前の大阪ドームでの公演では開始が21時過ぎだった、という情報もあったのでまだ出てこないだろう、と思っていたら
「本日の公演は定刻での開始を予定しています」
とスタッフがアナウンスしながら回ってました。

本当かなー、と思いつつも着席。
しかし案の定、10分待っても、30分待っても現れず・・・。

しかし18:40頃、客席が暗転!

そしてドラムの上にギターを構えたシルエット。
そのシルエットがかき鳴らすのは新作「Chinese Democracy」の1曲目、タイトルソングの"Chinese Democracy"のイントロ!

キター!!!

[続きを読む......]

[ ちゃんこDEちゃんこ vol.3 ] 2009/11/14@Shibuya O-West

2009/11/17 : Live

デブパレードのワンマンライブに行ってきました。

当初「100kg以上のエリートデブだけでバンドを組む」というコンセプトで始まったコミックバンドだったのですが、その後活動を本格化、自主制作でのCD作成後、SPEEDのカバー曲でメジャーデブー、その後アニメ「NARUTO 疾風伝」のタイアップ曲など、精力的に活動している彼らが、なんとShibuya O-WESTというバンドマンなら一度は憧れるハコでワンマンライブを行うとのこと。
結成当時からその活動を見ている自分としては、これはなんとしても見逃せないライブでした。

と言いつつも、家庭の事情で開演から40分くらい遅刻しての到着。しかし曲数としてはなんとか半分くらい観られたようでよかったです。
カレー、R564など初期の名曲も久々に聴けたので満足。


しかし久しく観ない間に随分貫禄のあるライブをするようになったなー、と思いました。
デブがあれだけ動いても最後まで疲れを見せない、ってのはプロだなーと。
ギタリストとしてはどんどんギター上手くなるugazinに感心しっぱなし。

そしてTAHのドラムがやっぱりでかい!身体もサイズも音もでかい!
O-WESTのサイズで生音が響くのは凄いなー。

MCもお約束のデブネタ満載でよかったです。カレーのコントもなんか腕を上げた感じ。そしてどうせなら幻の迷曲マヨネーズも聴きたかったです(笑)。

しかしO-WESTは良いハコですね。久々に行ったのですが、音の分離が綺麗で普段自分たちが演奏してるライブハウスとはやっぱりクラスが違う感じ。
バンドやってる人間としては、是非一度O-WESTのステージに立ってみたいものです。


何はともあれ、O-WESTという大ハコでのワンマン成功おめでとうございます。
商業的に成功しようと頑張っているバンド仲間の中でも、デブパレードは特に「身内」と呼べる間柄のメンバーがいるバンドなので、これからも出来る限り応援していきたいと思います。


[続きを読む......]

[ LOUD PARK 09 ] 2009/10/17@幕張メッセ

2009/11/06 : Live

■LOUD PARK

Loud Park 09

メタルの祭典、LOUD PARK!今年も1日目のみですが参戦してまいりました。大分遅れましたが、ようやくまとまりましたので当日のレポートをお届けします。

昨年はグッズ購入できなかったので、今年は早起きしてゲットしよう!と思っていたのですが、子供の相手してて家出るのに手間取ったり、道中トイレが我慢できなくて途中下車したりで結局到着したのが10:15。でもこれなら余裕かなー、と思っていたら、入場列がかなり長い&入場に凄い時間かかる!というのでようやく入場できたら11:00過ぎたころ。

1バンド目始まるじゃん!とダッシュで会場に。

[続きを読む......]

Bong Tongue City 動画

2009/07/06 : Diary Live

うちのPCが低スペックなのもあって、今までなんか動画編集とか億劫で手を出してなかったのですが、ようやく比較的簡単に動画編集できるフリーソフトを見つけたので、まず手始めに先日のボンタンライブをアップしてみました。


Bong Tongue City "Bong Tongue Life" Live


ちなみにライブ動画は、ライブハウスで録画してもらったDVDからDVD2WMVでリッピングして、AsfFE 簡単!動画編集AsfBinでWMVを切り取ってます。
何か他にオススメのやり方あったら教えてください。

大人幼稚園2 ありがとうございました!

2009/07/05 : Diary Live

昨日は「大人幼稚園2」@渋谷サイクロン
ありがとうございました!!

いやー、最高の一日になるとは思ってたけど、予想以上に最高すぎました。
出演バンドのみんな、来てくれたお客さん、みんな本当にありがとうございました!

以下、簡単にレポ。

----

■CircLiNE
明らかに緊張しすぎw
でもバンドの方向性とかしっかり定まってるし、やりたいこともはっきり見えるので良いライブでした。
今後も楽しみなバンド。
そして打ち上げで反省会しすぎw

■ソロホーマー
会場を包み込むような暖かな音。
その中でうごめくまっちゃんのカオス。
いやーよかったねー。
まっちゃんが何を狙ってたのかわかんないけど、ときどきイラっとさせられるようなアクションがw
そしてトクマサ、おめでとう!!

■Who the Bitch
今一番勢いに乗ってるだけあって、流石のステージ。勢いだけではないエンターテインメント。
何故か「緊張した」とか言ってたけど、全然そんなの感じなかったよ!
ここから会場の空気がガラっと変わった!
コーラスワークの正確さは毎回感心する。

■MOB
俺はいつも企画組むときには全体の流れを重視してバンドを選んで順番決めるんだけど、この位置にMOBを持ってきた意味をちゃんと分かってくれてたみたいで、最高のぶちかましを見せてくれました。
モッシュ起こったときには熱くなったね!モッシュって仕掛けるもんじゃなくてああいう風に自然発生する瞬間が一番アガるね!
最高でした。
というわけでモッシュで疲れて個人的にはここで帰りたくなったw

■Bomb Factory
出番前楽屋で「俺らもうアラフォーだからさー」とか言ってたくせにあんなライブするなんでずるい!という流石の貫禄。
「今日Exciterやるんですか?」「いや、今日はやらないなー」とか言ってたくせに、やってるし!
もう俺にとってBomb Factoryはどんなセットリストでもヒットパレードです。
最後のBreak Upをステージ袖から見ててちょっと感極まって涙ぐんだ。

■Bong Tongue City
というわけで自称「極悪」バンド、このメンツでトリです!
といっても全員経験豊富なメンバーたちなんで、今更緊張しない、本番直前まで緩い空気なのがこのバンドの良いところ。
良い意味で悪ふざけなステージできたと思います。
みんなのおかげで温まった会場の空気、そのまま最後まで盛り上げることが出来て良かった!
ちょっとはしゃぎすぎて演奏は荒かったけどw、でもそれ以上の勢いを出せたかと。

<2009/07/04 Bong Tongue City Setlist>
1. Bong Tongue Life
2. Anpang-Man
3. Inemuri
4. 37564
5. Nakayubi DISCO
アンコール
1. SHAKKA

そしてアンコールでサプライズ!

何故か熊猫xiongmaoみうみが持って来てくれましたw
うちのメンバーがこんな気の利くことするはずない!と思ったらやっぱり★助の仕込みでした。
本当にありがとう!!いつもありがとう!!
いやー、マジでちょっとウルっときたよ。ステージで泣かなくて良かったですw

しかも食事療法中の俺のために、わざわざ乳製品&卵&砂糖を使ってないケーキを探してきてくれた、ってのをライブ後に聞いて、またウルっときた。
ケーキは打ち上げでいただきました、マジありがとう!!

ありがとう!


打ち上げも楽しかった!
まっちゃんの話がいろいろ酷かったけどwwwwww


しかしex-Cult of Personalityケンサクとか、G-Freak Factoryヨッシーとか、ki☆kiとか、熊猫xiongmaoみうみとか、Long Island Iceteaの面々とか、久しぶりに会う人が多くて楽しかった。
つーかこのメンツだとどうしても同窓会みたいな企画になるねw

今日は一日抜け殻でーす。

[ SONGS ARE OUR UNIVERSE ] 2009/06/20@恵比寿LIQUID ROOM

2009/06/21 : Live

SJM SONGS ARE OUR UNIVERSE

10年ぶりの復活となるSuper Junkey Monkeyを観にいってきました!

いやー、もう言葉もないです。
凄いもの見せてくれた。
まだちょっと放心状態です(笑)。

---

スタートちょい前に恵比寿LIQUID ROOMに到着。
客席はもうほぼ満員で凄い熱気。

ゲスト出演も凄いメンツ。
メインステージではジェイソンズ、WRENCH、そしてサブステージにはかわいしのぶ(b)+外山明(d)、NoRi茶Zuke(NR(vo)+CHATANI(d))というユニット。
みんなこの日に相応しいステージを見せてくれました。

特にWRENCHはやっぱりヤバかった。
もっていかれました。


それまでの出演者のおかげか、それともそこにいる人たちの熱気か、全てが10年前に戻ったようでした。

そして満を持して現れたSuper Junkey Monkey!!

一曲目は「A・I・E・T・O・H」!!
モッシュ・ダイブの嵐!!

自分は体調がいまいちだったのでモッシュピットのすぐ後ろで熱気を感じながら観てましたが、やっぱりこういうライブが楽しい!と心震えました。

そして気になるボーカルはなんとKeikoさん。
声質も似てるので違和感なし。

・・・とか最初は冷静に観ていたのですが、曲が進むに連れて冷静じゃ見られなくなってました。

いやー、だって超大好きで狂ったように聴きまくってたバンドが10年ぶりの再結成で、最高の演奏を目の前で繰り広げてくれてるんだから冷静でいられるわけがないじゃないw


とにかく最高過ぎた。
音も演奏も、何よりステージの3人が放つオーラも、全く別次元のものでした。
もう俺音楽辞めようかな、と思うくらいのものがあった。
こんな音を出す人たちがいるのに、俺が音楽やってる意味ってあるのかなー、と思うくらい。


まぁそれも一晩考えて、やっぱり俺は俺のやりたいことをやろう!と再度決心したわけですが、最近ここまで自分の音楽に対するスタンスまで考えさせられるようなライブって観てなかった。
それほどのものがあったライブでした。


1日だけとはいえ、本当に復活してくれてありがとう!!

<Set List>
1.A-I-E-T-O-H
2.R.P.G
3.We`re The Mother
4.IF
5.Revenge
6.Decide
7.Shower
8.Buckin` The bolts
~encore~
9.SJMのテーマ
10.Faster
11.記憶の捏造

冷静なライブレポはまた落ち着いてから。

[続きを読む......]

No Returnライブでした

2009/06/08 : Diary Live

先週土曜は約1年ぶりのNo Returnライブでした。

来てくれた人、対バンしてくれた人、そしてORGASMどうもありがとうございました!

後でライブ映像観たらやっぱり1年ぶりではしゃぎすぎているのかw、演奏が荒いとかいろいろ細かい反省点はあるものの、総じて良い感じに出来ました。
活動休止開けでしょっぱいライブできないなー、身体ちゃんと動くかなー、と心配してたのですが、蓋を開ければ調子よく、ライブ後はいろんな人から超誉められて超良い気分でしたw

ちなみに先日のMalignant Co.のライブからPeterson Strobe Stomp2という高性能チューナー(これまで使用してたBOSS TU-2の30倍!)を使用し始めたのですが、こういうメロディー主体のバンドだとやっぱチューナーの違いって如実に現れますね。
音がクリアに突き刺さる感じて気持ちよかった!

<Setlist>
1. Last Kiss
2. 冷たい雨
3. I don't Know
4. Answer(s)
5. SAYONARA
6. I Hate
7. 君よ

あとRuido K4は楽屋が広くていいですね。ともが息子(6歳)を連れてきたんですが、子供はずっとフロアにいるのもロビー(喫煙所)にいるのもつらいので、ちょうど良かったです。

あとFlatLandCoilのメンバーが子供の面倒見がよくてビックリしたw


No Return、次のライブは未定ですが、またボチボチやっていくのでよろしくです!

打首獄門同好会 2009/05/28@渋谷CYCLONE

2009/05/30 : Live

打首獄門同好会

雨の中渋谷に7/4のBong Tongue Cityイベントのフライヤー配布の旅に行って、そのあとサイクロンで打首獄門同好会観てきました。

ライブを観るのは1月ぶり?
いやー、楽しかった!

5/20に発売された「庶民派爆弾さん」を購入し、結構ヘビロテしてたのですが、この日は持ち時間が40分と長めだったため、「庶民派爆弾さん」の曲から7曲+1曲とやってくれてよかったです。
「88」が最近お気に入りです。

1曲目はギターの音がなんかグシャってしてて気になったけど、2曲目からクリアになって良い感じ。
ドラム前に出すセッティングもいいですね。
No Returnもスリーピースだし、真似しようかと思いました。

MCは相変わらずグダグダでしたが(笑)
打首獄門同好会

<セットリスト>

  1. 爆走体勢
  2. S.P.D
  3. SAWAYAKA
  4. 88
  5. フローネル
  6. ジョッキ
  7. デリシャスティック
  8. (アンコール)今日も貴方と南武線

ちなみにアルバム「庶民派爆弾さん」もかなりの傑作です。

特に歌詞カードがヤバい!インディーズでこの歌詞カードはないわー、という仕上がりです。
この歌詞カードのために買うのもアリ、ってくらいのクオリティです。

↓アルバム紹介映像。

今年中にもう1回くらい対バンしたいですね。

[ ユニコーンツアー2009 蘇える勤労 ] 2009/5/19@日本武道館

2009/05/27 : Live

ユニコーン!

UNICORN
中学のときハマりにハマったUNICORN!
ライブは一度も観たことがなかったUNICORN!

そして15年ぶりに再結成したUNICORN!!

そんなUNICORNの再結成ツアー、UMEZYがチケット余ってるけど誰か行かない?というので「行くー!!」と飛びついて行って来ました。

---

豚インフルエンザの影響か、武道館ではスタッフみんなマスク着用。しかし客は殆ど着用なし。

そんなことが気になりつつも、席に付いて待ってると、定刻ピッタリに客電が落ち、「ひまわり」のイントロが!ステージにかけられたカーテンに映るメンバーの影。そしてドラムとベースが入ると同時に幕が落ち、5人の姿が!

本物のUNICORNだー!!!

いやー、5人揃ってるとやっぱり感動します。

ちなみに5人はお揃いの赤いツナギ着用。センターにお立ち台とメインボーカル用のマイクがあり、その後ろに奥田民生用のマイクやエフェクターが。上手にテッシー、下手にEBI、EBIの後ろに阿部義晴のキーボードブース、センター後方は西川くん、上手後方にもう一つドラムセットがあり、これは民生用の模様。

続いて「スカイハイ」。しかし音が良い!こんなに音が良い武道館は初めてです。そもそも自分が武道館で初めてライブを見たのがSKID ROWの1992年の「Slave to the Grind Tour」で、最初の数曲はドラムしか聞こえない、という酷いPAだったのでその印象が強かったのですが、そのときとは全く違う会場のようなクリアさでした。

しかし新譜の1曲目に続いて2曲目を持ってくることで、これはUNICORNの昔を懐かしむ「再結成」ツアーではなく、今現在活動しているUNICORNという「現役」バンドであることを主張しようとしてるのかな、と思ったり。このあたりは、いつまでも「稼ぐ」ためのツアーで昔の曲ばかりやってる大物バンドとは違い、あくまで今の自分たちの音楽を楽しもう、というUNICORNならではのスタンスなのかなー、とか思いました。

とか思ってたら3曲目に「おかしな2人」!一気にテンションMAX!!最高すぎてあまり覚えてません(笑)。

3曲終わったところでMC。
「最初の3曲のために血の滲む様な練習をしてきました。」
「後から来た人には『最初の3曲は凄かったよ!』『メンバーみんなでジャンプしてたよ!』とお伝えください」
「じゃぁあとはカバーでもやりますか・・・」
と一気に緩い感じに。

まぁもちろんそれは冗談で、ここからは新旧取り混ぜて曲が進んでいくわけですが、演奏のクオリティの高いこと高いこと!
一人一人が一流のミュージシャンであり、且つ肩の力を抜いて演奏してるにも関わらずここぞ、というところでグっと力を入れて盛り上げてくれるので、MCでいくらダラダラしてても全然ダレないのが流石。

特に奥田民生はEBIボーカルの曲ではベースも弾くし、西川くんボーカルの曲ではドラムも叩くしとマルチプレイヤーぶりを発揮してました。途中エレドラの電源を走り回る西川君に抜かれ、民生が慌ててプリセットをセットし直すなんて場面もありました。

他にもライブならではの演出がいろいろあり、「PTA~光のネットワーク~」では途中でEBIと西川くんがフードを被ったMCスタイルで「YO!YO!」と言いながらラップ(!)を披露するという場面も。爆笑しました。

またステージ後方のディスプレイも効果的に使われており、ライブの映像にインタラクティヴにアニメや文字をかぶせてより曲の雰囲気を高める演出に使われておりました。「ペケペケ」のサビの入りで「明日」って文字が大きく映し出されたりとか、UNICORNならではのおちゃらけっぷりもナイス。

「WAO!」のイントロで民生のカウベルを阿部が木魚に取り替えたり、民生の歌ってるマイクを阿部が取り上げたりというじゃれあい(?)なんかも微笑ましくてよかったです。

あと「WAO!」の演出で特筆すべきことが一つ。テッシーのライトハンドが印象的なサビですが、サビなのにスクリーンにはテッシーの手元が大写しとなり、ステージ上下のLEDには「GO!テッシーGO!」の文字が流れるという物凄いことに。いやー、こういうセンス大好きです。

途中ドリンクの味が変わったとか苦くなったとかだらだらMCしてて、客席もちょっとまったりしてきたところでテッシーが「よーし、やりまーす」と言って始まったのが「大迷惑」!!客席狂喜乱舞!
この辺りはなんかうまいこと手のひらの上で転がされてるなー、と思いながらもこちらのテンションを完全にコントロールされてました。流石です。

アンコールは全員白いパンツと青いジャケット、そしてハンチング・・・という横山やすしスタイルで登場。曲はもちろん「人生は上々だ」!アンコールに最適の曲です。後半の途中でいきなり暗転してチャンバラのSE、そして暗闇を横切る提灯・・・もしや、と思ったらライブ音源のみがリリースされてる「忍者ロック」!生で聴けると思わなかったので感動。忍者ロックが終わった後に「人生は上々だ」に戻るのかと思いきやだらだらMCしながら「アンコールなんてオマケなんだ、だからグダグダでいいんだ、gdgdでいいんだよ」とのたまう阿部。気持ち良い位やりたい放題です。

なんとか「人生は上々だ」を締めて、二回目のアンコール。今度はメンバー全員UNIQLOのコラボTシャツを着ての登場。最後は「すばらしい日々」。この日の最後にふさわしい、素晴らしい演奏でした。


<UNICORN 2009/5/19@日本武道館>


  1. ひまわり

  2. スカイハイ

  3. おかしな二人

  4. ボルボレロ

  5. ペケペケ

  6. 素浪人ファーストアウト

  7. オッサンマーチ

  8. キミトデカケタ

  9. ロック幸せ

  10. AUTUMN LEAVES

  11. デーゲーム

  12. 最後の日

  13. PTA~光のネットワーク~

  14. WAO!

  15. BLACKTIGER

  16. R&R IS NO DEAD

  17. サラウンド

  18. 大迷惑

  19. ヒゲとボイン

  20. 車も電話もないけれど

  21. HELLO

- Encore -
  1. 人生は上々だ~忍者ロック
  2. すばらしい日々

---

終わった後はデブパレードのCOYASS、ugazin、たかぴ~と合流し、終電ギリギリまで飲んで帰ってきました。
楽しかったー!!

[続きを読む......]

MONSTER ATTACK Vol.11 2009/05/16@池袋MANHOLE

2009/05/19 : Live

090516-175246.jpg

ムラトリックスレコ発にMalignant Co.出演してきました!
いやー、面白かった!

今回マリカンとしては新メンバー3名(Dr:Jun, タンバリン:yohei, MC:みったん)を加え、演出的にも新しいことに挑戦してみましたが、いかがだったでしょうか。
個人的にはyoheiの評判が結構高く、ちと嫉妬してますww

あとゆうぎ王の衣装がヤバかった!
写真撮ってくれた人たちがアップしてくれるのを心待ちにしてます。

<Set List>
1. 恋のコリドラス
2. YATCH Minor
- 寸劇:SMK
3. ナツコイ
4. おっぱいが2倍
- 寸劇:ゆうぎ王
5. モテ洪水
- 寸劇:yuki☆
6. トキメキング

対バンも最初から最後まで面白かったです。

まずはジャックバトラ。
久々でしたが楽しかった!まつだっっ!さんとも沢山話せて楽しかった(ただのファンw)
来月20日のSuper Junkey Monkey楽しみにしております!

そしてゾンビロリータ
ヘヴィでカオティックでおっぱいがいっぱいで超楽しかったです!
ごちそうさま!(感想がおかしい)

マイカー共済は6-7年くらい前にNEVERFEARで対バンして以来でしたが、相変わらずぶっ飛んだテンションのライブが良かったです!
クロマティ->ティ!も健在で。

巨乳まんだら王国、メンバー減ってどうなったんだろう、と思ったけど本番は流石でした!
子供に教えられない歌ならナンバーワンですねー。
「ホルスタイン」が頭から離れません・・・。

最後のムラトリックス、ツイン8弦ギター凄かった!
しかしハルくん(Dazzle Vision)は初台でIn This Momentの前座やってから駆けつけるとか超タフ!ビビリました。
バンジョーでゲスト参加してたPrince Albert野口くんも久々に会えてよかったです。

というわけでなんかいろいろ書きたいけれどまとまらないのて超簡易ライブレポですが、まぁとにかく楽しかったということで!


---

次のマリカンは10/31(土)のハロウィンに「マリグ☆ナイト4」やります。
出演者は絶賛ブッキング中!お楽しみに!!

Deepa's Diva 2009/1/27@大塚Deepa

2009/02/01 : Live

Malignant Co.でボーカルをやってるやまざきあやかのソロライブを観てきました。
今回は同じくMalignant Co.でキーボードを弾いているミホコがサポートという形でのライブ。

やまざきあやか@大塚Deepa やまざきあやか@大塚Deepa

いやー、良い歌を歌うねー。
マリカンには勿体ないなー、とか思ってしまいました(笑)。

最近仕事が忙しく、なんか微妙にストレス溜まってたんだけど、心がなんか癒されました。

しかし曲のところどころでスモークが良く分からないタイミングで「プシュー」って出てくるのが気になった。
あれ絶対邪魔だよなー。
曲調が静かなもんだから、スモークの機械の音も邪魔だし。


そして前から気になってたメトロポリちゃんV(ex-東京メトロちゃん)をようやく観ることが出来た!

メトロポリちゃんV

いやー、いろいろ酷くて面白かったー。
今度マリカンと対バン(?)したい!!

---

終わった後は何故かまっちゃんの恋愛話に。
まっちゃんはつつけば色んなエピソード出てくるなー。
何それ!「Boys Be...」みたい!な話までww
いろいろ気持ち悪くて面白かったです。

ORGASM Vol.194 2009/1/17@新宿RUIDO K4

2009/01/24 : Live

20090117-175431-01

2009年初ライブはMalignant Co.ORGASMに出演してきました。

今回の出演メンバーは以下の通り。

Vo. そろほまつ(ソロホーマー / KIMOWE / parklife)
Vo. ゆかり(熊猫xiongmao)
Vo. yuki☆(劇団漂流船 / 吟と舞の会)
Vo. やまざきあやか
Vo. ゆうぎ王
G. O.K.Z.(No Return / Bong Tongue City)
G. takayama(MOB)
B. KOH-TARO
Key. ミホコ(ソロホーマー)
Dr. COYASS(デブパレード / KOUZUI / MIC BANDITZ)
カメラ. ゆり

20090117-173842-01 20090117-173001-01 20090117-173746-01
20090117-174115-01 20090117-174244-01 20090117-174303-01
20090117-173317-01 20090117-173956-02 20090117-175710-01
20090117-175007-01 20090117-175746-01

今回を最後にCOYASSがしばらくMalignant Co.での活動を休止するため、スタッフゆりがメイド姿でドラムの横でずっとカメラを回す、というシュールな演出が。

RUIDO K4は楽屋が広くて、毎回楽器の準備よりも着替えやメイクに手間がかかる我々にはありがたい環境でした。
リハで思ったとおりのドラムの音作れなかったのはちと不満でしたが、ORGASM Studioのエンジニア、世界のOのバックアップもあって、すげー気持ちよくギター弾けました。
でもいつも通りボーカル陣ばかりに目が行ってて多分誰も俺のことあまり気にしてないような・・・まぁいいや(笑)。

ボーカル隊の衣装テーマは病院、のはずだったのですが、そろほまつがMCで
「職場恋愛」
って言った時には思わず噴出しました(笑)。

<1/17@RUIDO K4 セットリスト>
1. 恋のコリドラス (Vo : ゆかり、ゆうぎ王、そろほまつ)
2. Yatch MINOR (Vo : ゆかり、あやか、そろほまつ)
3. ナツコイ (Vo : あやか、yuki☆、そろほまつ)
4. おっぱいが2倍 (Vo : あやか、ゆうぎ王、そろほまつ)
5. モテ洪水 (Vo : ゆうぎ王、yuki☆、そろほまつ)
6. トキメキング (Vo : 全員)

---

対バンは、楽しみにしてた打首獄門同好会がやっぱり期待通りのステージ。ベースのjunkoさんが38℃の熱でライブハウスに来る途中に倒れた、という話を聞いて心配してたのですが、そんなことを感じさせない流石のステージ!

あとはさくらんぼが面白かったです。超ヘヴィでデス声バンバン出してるのに、歌詞が超ラブソングで「ジャンルはJ-POP」と言い張るそのスタンスが素敵。また一緒にやりたいです。

---

というわけで今回を最後にCOYASSはしばらくお休み。
今後は新たなドラマー入れて頑張りまっす。

あとライブ後の楽屋で新メンバーが一人増えた気がするけど・・・まぁどうなるかわかんないけど入ったら面白いよね!

ますます訳が分からないバンドになりそうです。
次のライブは5月くらいにやります。
お楽しみに!

熊猫xiongmao AUTUMNAL PANDA TOUR 2008 FINAL @渋谷屋根裏

2008/11/30 : Live

熊猫xiongmaoワンマン

レポート書くのが遅れましたが、熊猫xiongmaoの秋のツアーファイナルワンマンに行って来ました。

熊猫xiongmaoは結成当時から一緒に活動してきたバンドで、しかもNo Retrunではショウがドラム叩いて、Malignant Co.ではゆかりが歌って、Bong Tongue Cityではたかしがベース弾いて、と自分が今やってる全てのバンドにメンバーが関わっている他、1回だけですが自分が熊猫xiongmaoのライブでヘルプでギター弾いたこともあり、なんかもう「仲間」というよりは「親戚」みたいな存在のバンド。

身内と言うことを差し引いてもとても良いバンドなのですが、結成当初から何故かメンバーチェンジが多くなかなか安定した活動が出来ないところが端から見ていても歯がゆかったのですが、ゆかり、みうみ、たかし、ショウという現在のメンバーになり、さらにサポートギターにこれまた自分も昔から何回も別のバンドで対バンしているUMEZYが入ってからの体制は過去の熊猫xiongmaoの中でもベストメンバーかと。

「ワンマン」といいつつも普通は渋谷屋根裏規模のライブハウスで活動するバンドでは1~2バンドくらい前座がいるのですが、今回はなんと前座なしの本当のワンマンライブ。他のバンドに頼らないライブっていうのは凄いプレッシャーなんですよね。こういうところからも熊猫xiongmaoのこの日に賭ける思いが伝わってきます。

そうこうして始まったワンマンライブ。
アンコールを含めて全19曲!

初期の曲も沢山やってくれたので、結成当初から観てる自分としてはかなりアガりました。
今のメンバーになる前はずっとベースが2人いるメンバー構成で、普通のベースと飛び道具的なベースという形だったのですが、飛び道具ベースの方を全て打ち込みで再現していました(この打ち込みのために徹夜続きだったらしいですが)。

昔の曲を切って捨てない辺り、なんかバンドとしての器の大きさを感じました。自分が昔の曲をガンガン切って捨てるタイプのバンドを長いことやってたからかもしれませんが(笑)。

一番上の写真はアンコールのときのパンダ着ぐるみですが、ボーカル2人は他にもいろいろ衣装換えしてて可愛かったです。

熊猫xiongmaoワンマン 熊猫xiongmaoワンマン


恒例(?)のショウのMCコーナーも。今回もみうみネタでした。

熊猫xiongmaoワンマン

<セットリスト>(UMEZYのBlogより転載)
1.BTTB
2.seasons
3.上海
4.my way
5.右脳
6.NEXT WORLD
7.太陽
8.GxD
9.トラベリング
10.くるくる
11.月に吠える
12.S.A.S.
13.ライチ
14.あいあい
15.さくら
16.freedom
EN-1.SOWER
EN-2.「ヨ」
EN-3.アリガトウ

かつてサポートギターをしてたugazinも観に来てて、打ち上げとかでいろいろ話したんだけど、やっぱりキャリアのあるバンドは曲のバリエーションも多いし、1時間以上の枠でやってくれた方がバンドとしても魅力がしっかり伝わるねという結論に。
でもなかなかこの枠でライブできる機会がないのがこのシーンの残念なところ。

来年もまたいろいろ転機の年になるようだけど、これだけの楽曲と実力があるなら大丈夫だと思うし、このまま頑張って欲しいです。

とにかくお疲れさま!

---

終わった後、一人で晩御飯食べて帰るのも寂しいのでそのまま打ち上げ参加。
病み上がり気味なのでアルコールは控えつつも、面白楽しかったです。

最後の最後まで天然っぷりを発揮しまくったみうみの一本締めにも満足。

[続きを読む......]

LOUD PARK 08

2008/10/31 : Live

LOUD PARK 08
LoudPark

去年は仕事のために断念した国内最大のメタルフェスティバルLOUD PARK!
今年は1日目のみの参戦でしたが、たっぷり楽しんできました。
というわけで遅くなりましたが、大興奮のライブレポート!

ちょっと早めについてグッズ買おうと思ってたのですが、油断して寝坊。
会場のさいたまスーパーアリーナに到着したときはもう1バンド目が始まる15分前、しかしグッズ売り場はどう見ても30分以上並ぶであろう超長蛇の列、ということで今年はグッズは諦めることに。まぁ事前にチェックしておいた公式グッズでも取り立てて魅力的なものがなかったのでまぁいいかと。

そして入場!

[続きを読む......]

マリグ☆ナイト3 終了!

2008/10/27 : Diary Live

マリグ☆ナイト3

おかげで満員御礼でした。
コロバミルクバー、ハンサム兄弟、ムラトリックス、EDGE Player、打首獄門同好会、そしてご来場の皆様、本当にありがとうございました!

打ち上げも最初は30人くらいいたけど、最後まで残ったのが俺、コロバyutakaさん、打首大澤会長、スタッフゆりというなんだかいつものメンツでw、ここには書けない酷い話で朝まで楽しかったです。

しかし自分の企画で2ステージはキツい!
酔いが回るのも早くて、明け方は自分が起きてるのか寝てるのか良く分かんなくなってたwww


とりあえずセットリスト

<Bong Tongue City>
1 Bong Tongue Life
2 Anpangman
3 SHAKKA(空手コンドル)
4 Inemuri feat. COYASS
5 Nakayubi Disco feat. COYASS

アフロ暑かった!
しかし初ライブにしては初っ端から客席大盛り上がりで楽しかったです。
最初から多分80人くらい入ってて、そのうち半分くらいが一緒に手あげて盛り上がってくれてて嬉しかったです。
2/7に高円寺GEARで企画やりますのでよろしく!

<Malignant Co.>
1 恋のコリドラス with ゆかり&すみこ
2 Yatch MINOR with ゆかり&すみこ
3 ナツコイ with あやか&yuki
4 モテ洪水 with yuki&ゆうぎ王
5 おっぱいが2倍 with あやか&ゆうぎ王
6 トキメキング (全員)

11人体制で初のライブでしたが、超楽しかった!
Key.ミホコが入ったことで曲に広がりが出て、バンド仲間にも大変評判良かったです。
しかしメンバー増えたことでますます楽器隊が目立たなくなったwww
次はこの体制で1/17@新宿Ruido K4に出ます!


というわけで皆様ありがとうございました!
次回マリグ☆ナイトもぼちぼち考えつつやっていきますので、よろしくです!!

一期一会sn2008a @渋谷サイクロン

2008/09/18 : Live

レポート書くのが遅くなりましたが、supernovaの企画に遊びに行ってきました。

一期一会

場内に入ると客席に懐かしい面々が。DJのki☆kiがかける曲も手伝って、なんか10年前のサイクロンの雰囲気に。

テキーラ&紹興酒が飲み放題なので、早速ガンガン飲んで酔っ払ってたらソロホーマーの出番。

ソロホーマー ソロホーマー

この日はちわわがメインボーカル曲、そしてこの前の週のミホコの結婚式二次会でも疲労された、"恋は新小岩"と新曲2曲で幕を開けるというパターン。まっちゃんの使ってたミニシンセが気になりました。

そこからはいつものような展開。そして"ランドマーク"で大盛り上がり!
すっかりフィナーレの雰囲気になったけど、もう一曲あるとのこと。これで終った方が流れ良かったのに(笑)。

最後は"看板娘"でお菓子配ったり転げまわったりして、いつもどおり酷いまっちゃんを見られて良かったです。

ソロホーマーが終って次のバンドのセッティング時に、客席からアコギ抱えてハンサム判治登場。
生声パフォーマンスを交えつつ、場を盛り上げるステージは流石の一言。

supernova

最後は企画者supernova。メンバー構成は以下の通り。
Vo. 依田(ex-東京ヤング)
B. たかし(熊猫xiongmao/ex-東京ヤング)
G. けい(ex-Flying Dutchman/ex-DATSUN/ex-momo)
Dr. テツヲ(ex-合体ロボ)

楽曲は東京ヤングの流れを踏襲しつつ、よりポップで渋くなった感じ。
途中ギターの弦が切れるなどのハプニングもありましたが、初ライブとは思えない良いステージでした。
依田の声も楽曲にマッチしてていい感じ!
メンバーが忙しいのでしばらくライブないみたいですが、今度は出来れば何らかの形で対バンしたいです。

そして最後の最後で、今はマジシャンとなったテツヲさんがアシスタントを務めているセロが登場!
いやー、タバコ一本であれだけ魅せてくれるとは思いませんでした。良いもの見れた。

[続きを読む......]

帰ってきた! AKINO LEE自作自演の誕生会! @秋葉原GOODMAN

2008/08/28 : Live

コロバ・ミルク・バーのAKINO LEEさんの誕生会に行ってきましたー。

入場すると、DJもっちーこと持田茜がJ-POPやアイドルの曲をかけて盛り上がっていました。
途中「何かけたら良いですか?」とか相談されたけど、気の利いた答えが出来なくてすいません…

音影
トップバッターはシークレットゲストのビジュアル忍者集団 音影! 噂には聞いていて、気になっててようやくの初見でしたが、カッコよかった! 特にカバーでやってた「天城越え」が最高で、ちょっと泣きそうになった。 そのことをライブ後に本人に言ったら「実は演歌が一番得意」と言ってましたがw

Cutie Pai

忍者の次はお人形!
ニューアルバムからの曲が中心でしたが、個人的には神曲と思ってる「ミュージック・ランデブー」がなかったのでちょっと寂しかったです。
いやー、でも楽しかった!
あと「小さな翼」のキューティマニアたちの盛り上がりっぷりを観て、3列目くらいまでのこいつらも含めてCutiePaiのライブだなー、と思いました。

そして転換時のDJタイムでも、キューティマニアたちのもっちーへのがっつきっぷりが酷くて面白かったです。

コロバ・ミルク・バー

トリはコロバ!
いつもの通りハイテンションでハイクオリティなステージで楽しませてくれました。
MAAちゃんコーナーも誕生日バージョンで楽しかった。
しかしこの人たち、リハ嫌いとかいっときながら安定してるのが凄いなー、といつも思います。

---

Malignant Co.にも参加してもらってるやまざきあやかともっちーが並んで座っていたので一枚。
あやか&もっちー

---

終了後は打ち上げに合流!
いやー、案の定下ネタだらけで面白かった。
あともっちーの作ったケーキカレーが酷かったです。

[続きを読む......]

TRAVELING PANDA TOUR-2008 FINAL@渋谷屋根裏

2008/06/14 : Live

熊猫xiongmao初のロングツアーのファイナルである、TRAVELING PANDA TOUR-2008 FINALに行ってきました。
熊猫xiongmaoの一部のメンバーは結成前から仲良くしてるし、ショウはNo Returnでドラム叩いてるし、1回きりとはいえヘルプでギター弾いたことあるしでもう親戚みたいなバンドだと思ってます。

---

会場に着いてしばらくしたら、以前Malignant Co.で共演したことがあるCutie Paiが始まるところ。
先日発売されたアルバム「Cutie MANIA」がかなり高クオリティだったので楽しみにしてました。

ステージは流石の出来!
というか以前よりもパフォーマンスも安定したし、MCも面白いというかやりたい放題な感じで良かったです。
個人的に大好きな「ミュージックランデブー」「小さな翼」がライブで聴けたのも満足。
あと新曲の入りでチッチがあわあわしてたのがちょっと萌えました(笑)。

---

そして熊猫xiongmao!

一曲目「さくら」から超いい感じ!
出音も凄くヌケてて気持ちよかったです。

080614-211328_xiongmao

このツアーからはじめたというショウのMCも長くてグダグダだったけど(笑)、ちゃんとまとめて次に繋げるスキルが身についているのは素直に驚きました。
ツアーで「バンド」として演奏だけでなく、いろんな面で成長しているのが伺えました。

後半ボーカルのモニターがつらそうだったのが気になったけど、演奏も乗りに乗ってて良かったです。
UMEZYのギターやっぱり超マッチしてて良かった。
本人にも何度も伝えてるけど、歴代熊猫xiongmaoギターの中で一番「熊猫xiongmaoっぽい」ギターを弾いてると思いました。

ちなみに自分他着ていたTシャツは4年前にゆかりがくれた、1枚しかないというレアTシャツ。
最新のツアーTシャツ着てる新参ファンたちに対抗して、無駄な古参アピール(笑)。

080614-230929_withYukari

ともあれツアーお疲れ様!
まだこれからいろいろ予定があるみたいなんで、楽しみにしてます。

[続きを読む......]

315 INNOVAROR@新宿MARZ

2008/06/12 : Live

315Innovator 315Innovator

315 INNOVARORが東京に来ると言うので観にいってきました。

315 INNOVARORとの初めての出会いはNEVERFEAR時代、渋谷サイクロンが出来た時のオープニングイベントとして「TOKYO FIST Vol.10」をやったときだから、なんと11年前!
それからNFが大阪に行くときや、315が東京に来るときはお互いにサポートし合った盟友。

そんな彼らがKASINのツアーファイナルで久々に東京でステージに立つと言うので遊びに行ってきました。
なみに最後に会ったのは4年前に大阪で315の企画にNEVERFEARで出たとき。
そのときからどうなってるかなー、と思ってたけど、そのときとりぐっと演奏もまとまってるし、勢いもあって凄い良いステージ。
つーか期待以上に良いライブ見せてくれてびっくりした!

懐かしの曲もやってくれたので最前列で拳振り上げて一緒に歌ってきました。

ハヤシさんがアフロになってたのもよかった(笑)。

315Innovator


今回の315みたいなライブ見せられたら自分もライブやりたくなるなー。
個人的にはしばらくライブのない充電期間中なので、より疼きました。

早くライブできるようになってまた315と一緒にステージ立ちたいです。

[続きを読む......]

THE GREATEST VIVA-GIRLS 発売記念 @新宿MARZ

2008/04/15 : Live

THE GREATEST VIVA-GIRLS

GO-BANG'Sのトリビュートアルバム、「THE GREATEST VIVA-GIRLS」のレコ発イベントに行って来ました!
知り合いも沢山いるし、何よりガールズバンドばかり出るというので、仕事早めに切り上げて超ワクワクしながら新宿MARZへ。
到着したら2番目のバンドが始まるところでした。

アリンコ∞ギャング
若干パンクテイスト入ったストレートなガールズ・ロック。
ギターとドラムが良かったけど、ベースとボーカルのキャラがちょっと弱いような。
どことなく学園祭ノリっぽいのがなんか懐かしい感じでした。

熊猫xiongmao
UMEZYがサポートギターとなってから見るのは初めて。
よかった!UMEZYもなんか良い意味で「熊猫xiongmao」っぽかった。
機材トラブルが起こっても凍りつかず場の空気を持たせようとする、ボーカル2人のMCスキルもずいぶんあがってました。
楽しかった!5月もよろしく!

I-RabBits
ピアノから始まってドーン!っていうドラマチックな展開がかっこよかったです。
バンドとしてもまとまってて、また観たい!と思いました。
ライブとか音源の宣伝をやたらアピールするのはちょっとなー、とか思ってしまうのは年のせいか。
アルバム聴きたいです。

tokyo pinsalocks
超久々に観た!多分4年ぶりくらい?
完全にテクノ/トランス/サイケな感じに路線変更してたけどあまり違和感感じなかったです。
自分もmicroKORG持ってるからライブで使ってみたいけど、路線的に使い道が思いつかないという罠(笑)。
「無敵のビーナス」のピンサロアレンジもよかった!

BUNNY THE PARTY
去年マリカンでY2Kで対バンしたバンド。
勢いに乗ったメロコア的展開を聴かせてくれて、昔は沢山こういうバンドいたけど最近はあまり見ないような。たかし(熊猫xiongmao)やAKINO LEEさんと「なんか懐かしい」とか言いながら見てました。
SHAKA RABBITSをどことなく彷彿とさせる楽曲ではあるものの、良い意味で雑な勢いが心地よかったです。

ソープランド揉美山
直前にでギター夏まんが今月で脱退、聞いたのですが、そんな湿っぽい雰囲気は一切なく、以前のとおり超楽しかった!
最初は弦楽器の二人しかステージにいないなー、と思ってたら二階席から「We will Rock You」を歌いつつだっち登場。二階席から一階席に強引に飛び降りてからX Japan TOSHIの物真似→「Rosier」を爆音で流して一緒に歌う(だっちが歌ってあとの2人は手拍子。演奏なしww) と、イントロダクションから揉美山ワールド!
そしてようやく演奏が始まるのですが、だっちのチャイナシンバルがBOMB FACTORYのシラさんよりもありえないくらい高い! ジャンプしてミュートしたりしてました(笑)。
とだっちのことばかり書いてますが、ライブのテンションは最高で、久々に聴いた女意地も牛乳も楽しかったです。

BEANBAG
昔の音源持ってたんましたが、ボーカルの印象が随分変わってました。
ライブ見るのは初めてなのでどんななのかなー、と思ってたら、ベースのキレっぷりが超凄まじかった。ハードコア。 かっこよかったです。
あとサイドギターがex-プロペラのギター。ずっとヘッドバンギングしながらいい音出してました。流石。

【THE GREATEST VIVA-GIRLS with 森若香織(ex-GO-BANG'S)】
この日出演の女性ボーカル勢ぞろい+本物の森若香織で「あいにきてI・NEED・YOU」!
楽しすぎました。
しかし森若さん若い!
Wikipediaで見たらいま44歳、今年の年末で45歳とのこと。 信じられないくらいフレッシュでした。

最後は「あいにきてI・NEED・YOU」のレコーディング風景PVが流れて終了。

あいにくの雨でしたが、女の子バンド沢山で楽しかったです。
アイドルオタクの気持ちがちょっと分かる気がした夜でした(笑)。

[続きを読む......]

Alice Cooper @新木場STUDIO COAST

2008/03/31 : Live

新木場Studio Coast

中学時代に「Hey Stoopid」アルバムでファンになり、それから遡って過去のアルバムを聴いて行くうちにどんどん惚れ込んだ元祖ショック・ロッカー、Alice Cooperが約20年ぶりの来日!

先日60歳になったばかりということで、正直これを逃すと一生観る事はできないんじゃないか、ということで行ってまいりました。

---

会社を早めにあがって新木場に到着すると、本日参戦すると思われるロック系ファッションの人がちらほら。
軽く腹ごしらえしてから会場に向かうと、肥後(sqid)や牙子などに遭遇。牙子たちがグッズ売り場に並んでたので、自分も並ぶ。

しかし平日だからというのもあるかもしれませんが、Open30分前なのに、思ったより人あまりいなかったです。おかげでグッズに長時間並ぶ必要がなくてよかったですが。
そんな中、アリスメイクしてきているファンもちらほら。これはちょっとテンションあがりました。

グッズ売り場では「Billion Doller Babies」アルバムデザインのツアーTシャツと、「Welcome To My Nightmare」デザインのパーカーを購入。

入場して中に入って、とりあえずビール!
何か高まってたので一気に飲み干してしまい、カン捨ててフロアに戻ると牙子たちがいたので合流。

しかし客の年齢層が高い!31歳の自分たちでさえ若い方でした。
そのせいか、後ろのほうの座席から先にうまっていって、前方のアリーナ席はスカスカという有様。やや不安になりましたが、スタート時間直前にはしっかり埋まってました。

あと面白かったのが、オープンからスタートまで会場でかかっていたBGMでAlice Cooper自身の曲が結構かかっていたこと。普通自分の曲ってあまり使わないだろう・・・とか言いながらも、「Bed of Nails」とかかかると一緒に口ずさんだりしてました。

---

スタート時間になると客電が落ち、スクリーンにはシルクハットのAliceの影が大写しになり、大歓声。
しかしAliceの影がもう一人現れ、シルクハットの方の影と争いに!実は先に現れた影が偽者で、幕が開いて偽者倒したところでまた大歓声!

そして初めて目にする生Alice Cooper!!
鋭い眼光とスタイリッシュな身のこなし、そして本物だけが纏うオーラ!

この時点で自分はかなり感極まってました。

1曲目が終わった後響く「No More Mr Nice Guy」のイントロ!
実はこの曲一番好きなのです。
当然涙ぐみながら狂喜!!最高でした。

そして「Under My Wheels」「I'm Eighteen」と涙ものの名曲たたみかけ!
早くも叫びすぎて喉が嗄れそうに(笑)。
「I'm Eighteen」では松葉杖をつきながら歌ってました。

ちなみに今回のバンドメンバーはドラムにかつてKISSにも在籍していたEric Singer、ギターにKeri KelliとJason Hook、ベースにChuck Garricというメンバー。

Eric Singerは流石に安定のグルーヴ。細かいスティックアクションあって、魅せるドラミングとしても文句なしでした。
Keri Kelliはテンションあがりすぎてるのか、2曲目から既に汗だく(笑)。
個人的にはJason Hookの、どこかZakk Wyldeを髣髴とさせるプレイが好きでした。
Chuck Garricの客煽りまくりパフォーマンスも良かったです。

そして驚いたのはAliceの声!CDと同じ!
もともと音域が広い人ではないのですが、それにしても最初から最後まで安定していて嬉しかったです。

そのあともノンMCで突っ走り!
基本的にMCがなく、まさにライブを一つの「ショウ」として演出しているのが普通のバンドとは違うところ。そんな中でも、Aliceのパフォーマンスもロックでありながらもどこか優雅。

「Dirty Diamonds」ではネックレスを次々客席に投げ入れるのですが、ここでネックレスを取ろうとした観客が将棋倒しになるという事件が。自分も若干巻き込まれたものの幸い無事でしたが、あまり必死になるのもキケンだなー、と酔っ払いながら妙に冷静な気分に(笑)。

「Halo Of Flies」ではAliceの娘であるCalico Cooperがチャイナドレス姿で登場!盛り上がったところでギター2人もパーカッション要員に加わってのドラムソロ。
途中Jasonがスティックを落として、Ericに手渡してもらうという場面も。

「Welcome To My Nightmare」から怒涛の展開。Aliceを襲う男たちや血まみれの花嫁(Calico)と戦い、入り乱れながらのパフォーマンス。
一旦花嫁を連れ戻してきたと思ったら、ダミー人形で、人形を振り回しながら「Cold Ethyl」。
そして座ってしっとりと「Only Women Bleed」を歌い上げる前でCalicoが踊るのですが、このダンスが新体操選手のようで、とても美しかったです。

このあとは曲にちなんだパフォーマンスで見せ場てんこ盛りのメドレー的展開。

乳母車を押して出てきたCalicoの喉笛をナイフで切り裂き、乳母車を奪ってマイク付き乳母車を押しながら歌うAlice。曲の最後で乳母車の中の赤ん坊を抱き上げると・・・赤ん坊の顔がアリスメイク!
ハンマーと杭で赤ん坊を串刺しにして、血まみれで串刺しになった赤ん坊を掲げるAlice。
そこで戻ってきたCalicoと黒ずくめの男たちに取り押さえられ、拘束衣を着せられたまま「Ballad Of Dwight Fry」へ。

そして曲は進み、「I Love The Dead:で巨大な絞首台が登場!
本家首吊りパフォーマンスが生で見られる日が来るとは!!!

首吊りながらAliceが退場して場がシーンとなったあとは「School's Out」!
Aliceは拘束衣を脱ぎ、シルクハットにステッキ姿で登場。そして客席に放り込まれる巨大風船。まさにParty Time!超楽しい!声からして一緒に歌いました。
大盛り上がりで本編終了。

アンコール1曲目は「Billion Dollar Babies」。この曲も超大好き!
剣に突き刺したドル札をバラまきながら歌うAlice。

そして「Poison」。この曲が良すぎてマジで涙目に。

最後は「Elected」!
「VOTE for ALICE」「He Doesn't Care」「Problem Man for Problem Time」などのプラカードを持った人々が出てきて、ブッシュとヒラリーの被り物をした2人が殴りあい、最後には何故か抱き合ってキスするというパフォーマンス(笑)。

あっという間の1時間40分でした。

【Set List】


  1. It's Hot Tonight
  2. No More Mr Nice Guy
  3. Under My Wheels
  4. I'm Eighteen
  5. Is It My Body?
  6. Woman Of Mass Distraction
  7. Lost In America
  8. Feed My Frankenstein
  9. Be My Lover
  10. Dirty Diamonds
  11. Muscle Of Love
  12. Desperado
  13. Halo Of Flies
  14. Welcome To My Nightmare
  15. Cold Ethyl
  16. Only Women Bleed
  17. Steven ~ Dead Babies ~ Ballad Of Dwight Fry
    Devils Food  ~ Killer  ~ I Love The Dead
  18. School's Out

--encore--

  1. Billion Dollar Babies
  2. Poison
  3. Elected

[続きを読む......]

[ ORGASM Vol.139 ] @新宿HEADPOWER

2008/03/12 : Live

この日も満員御礼でした。
楽しかった!

というわけでライブ映像を。

恋のコリドラス


老人OKZ


YATCH Minor


モテ洪水


Kiss me,Kiss you,June Bride~私のファンタジスタ

<2008/3/9 Malignant Co.@HEADPOWER>

1 恋のコリドラス
2 老人OKZ
3 YATCH Minor
4 トキメキング
5 モテ洪水
6 Kiss me,Kiss you,June Bride~私のファンタジスタ


二曲目は「新曲?」と聞かれたけど、Malignant Co.始めて一番最初に出来たスラッシュナンバーを久々にやってみました。

[ マリグ☆ナイト 2 ] @渋谷CYCLONE

2008/02/08 : Live

20080202-205757-01

1年ぶりのMalignant Co.企画!
今回も物凄いときめきメンツが揃いました。

このバンドはメンバーそれぞれ色々なシーンの第一線で活躍している人たちが集まってるので、こういうイベントやるときはそこで培った人脈が大いにモノを言います。
今回はそのお陰でありえないブッキングができました。
そういう意味でもこのメンバー集めた自分を褒めてあげたいです(笑)

--

リハはデブパレードugazinが大遅刻しましたが、その他は時間通りにサクサク進んで一安心。
オープン後の客入り状態も良く、またバンド数が多いので押すことを見越して、定刻どおりにスタート。

r@m
トップバッターは姫川りな@YOU持田茜というビデオ女優3人によるアイドルユニット。最初楽屋で挨拶したときは、ビデオで見たことある人が目の前にいる、って事実にドキドキしました(笑)。
アイドル曲のカラオケに合わせて歌う他は作曲がugazin、作詞&振り付けがコロバ・ミルク・バーのAKINO LEEさんという曲などもあり、 なかなかバラエティに富んだ選曲。
3人で扇を作るとか良く分からないけどなんだか萌えるパフォーマンスも。
そして@YOUのこぼれそうな胸が気になってしょうがなかった!
後で周りの人に聞いたら、みんなそうだたみたいですが(笑)。

デブパレード
2番手はメンバー全員100kg以上、5人の総体重570kgという超デブバンド。
何度も書いてるけど、もうこのバンドは鉄板ですね。ハズレのライブがない。
彼らと共演すると楽屋が狭いのが難点ですが、あのステージみたらそんなの関係ない!と思ってライブ終了後楽屋入ったらやっぱり狭い(笑)。メンバーみんな楽屋にいることないだろうに!
あとTAHが「ドン!」って力いっぱい叩くたびにドラムの皮が破けるんじゃないかと不安でした。

Dazzle Vision
個人的には今回一番ツボのサウンド。弦楽器が5弦と7弦というのもあって、ヘヴィかつグルーヴ感溢れる楽曲が気持ちよかったです。
そして特筆すべきはボーカルMaikoの表現力。キュートな声からデスヴォイスまで幅広い歌唱に加え、ステージングもアイドルっぽかったり壊れてたりと曲に合わせて自由自在のパフォーマンス。
あとギターが低い姿勢で構えてザクザクリフ刻むのが渋い!というか腰に悪そうだなー、と思ってあとで聞いてみたところ、やっぱり腰がつらいそうです(笑)。
腰は自分も痛い目みたことがあるので、無理しないほうがいいよ!

BAZOOKA
r@mに対抗してか、2曲目くらいでMAKOTOさんが演奏中にズボン脱いだと思ったら、そのままパンツの横からお宝が!
「俺を見ろ!」「俺で抜け!」
と良く分からないアピールしてました。
あとMCが神がかってました。特にあの新曲のくだりは超ヒット。曲がはじまってからも暫く笑いが止まらなかったです。
SUGARのギターも相変わらず客の注目集めてました。あれが元々はSGだとか何回見ても信じられません。

E.D.G.E Player
トリ前に出演してくれたのは本日のウラ主役(笑)。ちなみにドラムはKOUZUIのMa-Sh。
MCのBro.HiがあのSOUD'd OUTのメンバーということでBro.Hi目当てのお客さんが沢山来ましたが、芸能人っぽいチャラチャラしたところはなく、ストイックだけど熱いステージ見せてくれました。
あと曲が思ったよりヘヴィでびっくりした!楽器隊も上手いし有名人云々関係なくかっこいいステージでした。
とはいえ、やっぱりBro.Hiしか観てないお客さんも沢山いたみたいですが(笑)。

Malignant Co.
そしてトリ!
今年は「ライブ毎に衣装を変える」と言ってたボーカル2人。今回は女教師と男子生徒。

20080202-205922-01

弦楽器隊はいつもの感じ。
今回自分のメイクはキング・ダイアモンドのテイストを取り入れつつ。

20080202-212049-02 20080202-210811-01 20080202-211141-01

COYASSのメイクの方向性は相変わらず暴走中。

20080202-210917-01

そしてボーカル2人は途中で園児&保母さんに衣装チェンジ!

20080202-212935-01

途中そろほまつにムリヤリチョコ食わすとか良く分からないパフォーマンスもありましたが(笑)。

演奏は全体的に走り気味でしたが、いい感じのステージできました。
ありがとう!

<2008/02/02 Malignant Co. Set List>
1. 恋のコリドラス
2. チョモラン人
3. ちょっとぽっこり
4. ナツコイ
5. トキメキング
6. YATCH Minor
7. モテ洪水
8. Kiss Me Kiss You June Bride~私のファンタジスタ~

マリカンの演奏終了後はみんなで「ラムのラブソング」メタルアレンジバージョンをセッション!

20080202-213736-01 20080202-213652-01

いやー、最初から最後まで特濃のメンツでの一日、楽しかったです!

[続きを読む......]

[ OUTBREAK新年会 -紅組- ] @四谷OUTBREAK

2008/01/10 : Live

20080106-2051-03

新年早々のMalignant Co.2DAYS、2日目はNEVERFEARNo Returnで出演したこともあるOUTBREAK!。
実はNo Returnで何回か誘われていたんですが、日程が合わず中々出演できない中、「実はこんなバンドもやってるんですよー」と話したところ、ブッキング担当の方が食いついてきて出演することに。

この日は「紅組」とイベント名についている通り、女性がフロントに立っているバンドばかり。
マリカンは男女ツインボーカルなので、女性ボーカル??と若干違和感あったものの、まぁいいかと出演することに。

ちなみに自分はいろんな人に指摘されているとおり、「バンドやってる女性」にかなり弱いです(笑)。
そういう意味でもこの日は楽しみな日でした。

「新年会」ということで出演バンドみんなで書初め。
何故かマリカンはCOYASS&ki☆kiによるメンバーの似顔絵に。

みんなの似顔絵@OUTBREAK!新年会

実際対バンは知らないバンドばかりだったのですが、クオリティ高かった!観てるうちにテンションあがってくるバンドばかり。特に2番目に出演したヒーヒズヒムイズムがかなりぐっときました。

そしてマリカン!
この日のテーマは「戦隊モノ」。
そろほまつが青レンジャー、ki☆kiが桃レンジャーという装いで登場。
20080106-2027-07

しかもナツコイのイントロでki☆kiが怪獣に変身!勢いで客席に!!!
一通り盛り上がったみたいでナイスでした。

20080106-2034-05

そんな二人の後ろに座るCOYASSのメイクはこれ。

Malignant Co. COYASS@四ッ谷NUTBREAK!

パンダ怪人!!!

演奏は疲れからか、ちょっとリズムが乱れる部分もありましたが、昨日と同じくよいテンションで駆け抜けられたかと。

<2008/01/06 Malignant Co. SetList>

1. 恋のコリドラス
2. チョモラン人
3. トキメキング
4. ナツコイ
5. モテ洪水
6. Kiss Me, Kiss You, June Bride - 私のファンタジスタ

ライブ終了後はOUTBREAK!からお雑煮が振舞われました。
美味かったー!!

[続きを読む......]

[ MONSTER ATTACK Vol.8 ] @池袋MANHOLE

2008/01/10 : Live

20080105-2100-01

新年早々1/5、1/6とMalignant Co.2DAYSでした。

その1日目はMURATORIX企画!

MURATORIXのむらとり(怒)さんといえば、自分の敬愛するSuper Junkey Monkeyのまつだっっ!さんとジャックバトラをやっていたことから知り、あまりのギターの次元の違いに驚愕してギター辞めようかと思ったくらいのプレイヤー。そのむらとり(怒)さんの前でギター弾くとか超緊張する!でも出たい!ということで出演することに。

ちなみにこの日はMalignant Co.メンバーが全員集合して音出しするのは去年の11月以来。
いきなりライブするのは流石にあれだろう、ということでリハ前に正午から池袋でスタジオ。

しかしここで自分のギターの音が途中で出なくなるという事件が!!超焦りました。
結局はスタジオのアンプが調子が悪かっただけみたいなので、一安心。でもシールドも大分老朽化していたので、思い切ってモンスターケーブル買っちゃいました。

MANHOLEは楽屋がないので、本番前の着替えとかメイクを外ですることに。「絶対これ苦情来るなー」とか言いながら、MANHOLEのあるビルの階段で着替えたりメイクしたり。

そして本番。
今年からはライブの度にボーカル2人の衣装変えよう!ということで、そろほまつが患者(というか殆どゾンビ)、ki☆kiがナース服という衣装。

20080105-2105-04

ナース服超ナイス!看護されたい!!
COYASSのメイクもおかしかったです。
20080105-2111-02

まぁそれはそれとして、Manholeは音も気持ちよかったし、ステージも狭いけど案外奥行きがあってそれほど窮屈じゃなかったので演奏しやすかったです。ただ横幅が狭いので、自分はライブ中ki☆kiにガンガン蹴られてましたが(笑)。
演奏も12月は楽器陣だけでスタジオ入ったりしてたので、大分まとまってました。お客さんも沢山入ってて楽しかったです。

写真もたくさん撮影してもらったので、そのうちまとめてMalignant Co.サイトとかにアップします。

<Malignant Co. 1/5 Set List>
1. 恋のコリドラス
2. ちょっとぽっこり
3. ナツコイ
4. トキメキング
5. モテ洪水
6. Kiss Me, Kiss You, June Bride - 私のファンタジスタ

トリを飾ったMURATORIXは、ピンクフラミンゴMG/MONSTER+ROBOTのエロパンサーIII世(Dr)とうしろから前川(B)、ex-MEXICO/AFROCKのれを(B)、Dazzle VisionのHaru(Dr)という、ツインベース+ツインドラムという布陣で、たっぷり1時間むらとり(怒)さんがやりたい放題!
恒例のやり直し、バック転、火花も堪能。いやー、面白かった。
途中COYASSとそろほまつがステージにあがるという一幕も。自由だなー。


[続きを読む......]

三軒茶屋HEAVEN'S DOOR

2007/12/10 : Live

12/7(金)にNo ReturnのドラムのバンドとMalignant Co.のドラムのバンドが出演するので観に行ってきました。

当日は品川で会社のクリスマスパーティがあったのですが、途中で抜け出して三軒茶屋へ。
実は前日も飲み会で、やや二日酔い状態のままパーティでビール+ウイスキー水割りを摂取したので大分いい気持ちでしたが、ちょっと予定の時間を過ぎてしまったので途中ダッシュしたら一気に酒が抜けました(笑)。

入ったら既に熊猫xiongmaoが演奏中。
ボーカル2人がダイエットしているとは聞いていたけど、久々にみたら本当に痩せててびっくり。そして2人ともMCとかステージングが以前より格段にまとまってて良くなってました。
あとショウがドラム叩いてるの久々に客席から観ました。なんか新鮮だった(笑)。

2番目はex-Cult Of PersonalityのKNOBくんのバンドminimal Hugg
初見だったのですが、ボーカルのステージ上の存在感とか目力とかが凄く、否応なしに人の目を惹きつける、強力なフロントマンでした。楽曲もノリが良いだけでなくしっかり作りこんであって、ありがちなデジロックになってないけど、ちゃんとツボを押さえてあるので始めて聴く曲でも楽しめました。
あとポップな曲でドラム叩くKNOBくんがこれまた新鮮で面白かった!

3番目はデブパレード
相変わらず太ってました。
つーか最後の曲がヤバかったです。何あのキラーチューン!!デブパの原点が凝縮されてました。音源には絶対できないっぽい曲ですが。

トリは高速スパム
知らないバンドだし腰が痛くなってきたので帰ろうかと思ってたのですが、KNOB君が「面白いよ」と言ってたので観て行く事に。
いやー、面白かった!
ギター、ベース、ドラムに加え、トランペット、トライアングル、microKORG、ボイスパーカッションなどを交えながら勢いのある楽曲を殆どMCなしで次々に繰り出してくるステージに圧倒されました。
というかドラムの音にmicroKORGでボコーダーかけたり、マイクを左右に振りながらトレモロ効果を演出したり、「音」の作り方の発想が独特でした。
音楽の表現っていろいろあるなー、と考えさせられて、いろいろ刺激になりました。
メンバーもそれぞれみんな良いキャラクター性の持ち主でした。
このバンドもまた見たいです。

通常のブッキングだったのにやたらクオリティ高い日でした。
楽しかったです。

[ ORGASM Vol.117 ]@新宿HEADPOWER

2007/11/09 : Live

2007/11/03 HEADPOWER 1
新宿HEADPOWERでNo Returnとしてはデビューライブ以来、2回目のORGASM出演!

デビューライブ時はバンド活動してなかったブランク明けということもあり、かなりいっぱいいっぱいのライブでしたが、昨日はそのリベンジというか、今のNo Returnを出し切れたライブだったかと。

あの時のNo Returnとは違うぜ!というのをひろしさん初めORGASM関係者に見せ付けることができたと自負しております。

まぁ正直新曲とかはまだ改善の余地があるんだけど、それでもかなり良いもの見せることができたかと。
ちなみに新曲ではデス声じゃないO.K.Z.ボーカルが聴けます。

ちなみライブ前、リハ終わってから時間あったので、ANTIKNOCKまでいってソロホーマー&indwat主催イベント「友像」の落書きスペースに「NoReturn参上!」と暴走族のように落書きしてきました(笑

いやー、しかし自分の出番が終わったあとちょっと飲みすぎた・・・。
でもその後飲みなおし!
真面目な話からあんな話までいろいろ面白かったです。
もちろん終電逃しました。


来月12/1もORGASM出演!
またぶちかまします。

<Set List>
1. Last Kiss
2. 冷たい雨
3. 青い空
4. Answer
5. I don't know(新曲)
6. Desire
7. I Hate
8. 君よ


2007/11/03 HEADPOWER 2

GUNS N' ROSES World Tour 2007 @幕張メッセ

2007/07/21 : Live

ウェルカム・トゥ・ザ・ビデオ

中学の時に「Paradice City」で衝撃を受けてから、常に自分の一番好きなバンドであり続けたバンド。

同じ曲を何回聞いても一向に飽きないバンド。

そんな自分にとって特別なバンドであるGUNS N' ROSES(以下GN'R)が15年ぶりの単独来日!!これは行かない訳には行きません。

自分がGUNS N' ROSESのライブを観たのは

  • 1992年の東京ドーム公演(イジー脱退後の「Use Your Illusion Tour」)
  • 2002年 SUMMER SONIC(オリジナルメンバーはアクセル・ローズのみ)
の2回だけ。こんなに好きなのに人生で2回しかライブ観たことないなんて!
というわけで単独公演なのに幕張メッセでオールスタンディングのくせにチケットが12,000円、という条件でも迷うことなく購入。

と思ったら本来4月に予定されていたこの来日、ベースのトミー・スティンソンが足をケガしたとかで延期に!!その時の心境は
「ベーシストなんて誰でもいいじゃん!GN'Rの曲だったら弾ける奴いっぱいいるじゃん!」
という感じでした。そもそも本当に来るのか?というくらいの気分だったので、延期となったらもう二度と来ないのでは、というような後ろ向きな気分に。

しかし無事7月に延期公演が決まって一安心。自分のチケットの振り替え公演は7/15。と思ったらライブ前日は台風4号が沖縄~西日本で猛威を奮っており、当日昼に関東地方に上陸ということでまたまた不安だったのですが、どうもあっさり通過したみたいで、会場のある海浜幕張駅に到着したときにはすっかり晴れてて一安心。

整理番号が300番台だったのですが、開場が14:00、前座の開演が16:00ということを考慮しても、14:00に行くのは早すぎるだろう、ということで14:30くらいに到着するように行くことに。
会場到着後は傘(自宅から駅までしか使いませんでした)を傘置き場に置いてからグッズ売り場へ。オトナなので金に糸目はつけない!と思っていても、家庭でのしがらみとかいろいろあるので(笑)、Tシャツ(4,000円)2枚とリストバンド(1,000円)を購入、ちなみに最近また太ってきたので「痩せてGN'R Tシャツをカッコよく着こなす!」という決意の元、Mサイズを購入。これを「GN'Rダイエット」と名付けました。

会場に入ると、SUMMER SONICやLOUD PARKでいろいろ屋台が出ていたスペースに4軒ほど屋台が出てました。特にお腹も空いてないけど、今のうちに水分補給しとこうと、思ってコーラ(ダイエットは?)買ってからARブロックへ。まだ結構人がまばらで、座って待ったりしてる人も多かったです。

前方のモッシュピットになりそうなあたりの後方に座り込んで、前座の開演を待つことに。

[続きを読む......]

えっ!うそ~!?筋肉少女帯VSすかんち @渋谷C.C.Lemonホール

2007/07/06 : Live
CD&DVD THE BEST SCANCH 軌跡の詩(DVD付) オールタイム・ベストアルバム 筋肉少女帯 復活究極ベスト“大公式”

昨年、すかんちと筋肉少女帯という80年代後半日本のバンドブームを支えた2大バンドが復活!そしてしかもその2バンドがジョイントライブを開催という、鼻血ものの企画!!ダメもとでチケットの先行抽選に申し込んだら当選したので行って参りました!

会場は「C.C.Lemonホール」。どこそれ?と思ったら旧・渋谷公会堂。昨年から5年間、ネーミングライツ(施設命名権)の設定により渋谷C.C.Lemonホールとなっているとのこと。しかし何回か行っている筈なのに、未だにここに来る途中迷いそうになります。

会場に入るとステージには「すかんち」の電飾。予定時間からちょっと押してTHE SWEET「Ballroom Blitz」が流れてすかんちがステージに登場!

[続きを読む......]

ルミネtheよしもと 7じ9じ

2007/07/04 : Live
■ルミネtheよしもと

先週(6/26)にルミネtheよしもとの夜の公演を観に行きました。実はこれ会社の労働組合のイベントの一環だったのですが、予想外に楽しめました。

特に良かったのが後半のルミネtheよしもとプロデュース公演。基本的に新喜劇ノリではあるものの、演技・脚本共に普通の演劇としてもかなり高いレベルの出来でびっくりしました。

以下、レポート。

ゆったり感
前半は芸人達によるネタコーナー。開演前にトイレに行ったらゆったり感の小さい方が鏡の前で一生懸命髪の毛セットしていました(笑)。
そんな場面を目撃したので「若手頑張れ」的な目で最初は観てたのですが、予想外に面白かったです。トップバッターでこれだけ客をつかめるというのはなかなかの実力派かと。
ペナルティ
ワッキーがホームティーチャーならぬ“ホームレス”ティーチャーに扮するコント。面白かったけど、なんか最後がいまいちでした。つーかワッキーも同系統でいろんなキャラ持ってますが、そろそろあの系統にはちょっと飽きてきました。
ぜんじろう
超久しぶり、というかまだ芸人活動してたんだ、とびっくり。最初は遅れてきたお客さんを気遣いながらの軽いトーク。正直これが一番面白かったです(笑)。ネタそのものは警察に関するいろんな画像についてコメントしていく、という「写真で一言」的なもの。
LLR
あまり印象になかったです。普通の漫才。
次長課長
映像を使った母を訪ねて三千里ネタ。まぁまぁ面白かった。
ショウショウ
普通の漫才。そこそこ面白かったです。

ここで一旦休憩後、後半のルミネtheよしもとプロデュース公演「通夜の夜」。

ルミネtheよしもとサイトによると

板尾(130R) /大山英雄 /山下しげのり /アキ(水玉れっぷう隊) /ケン(水玉れっぷう隊) /よし(COWCOW) /多田(COWCOW) /阿部(アップダウン) /竹森(アップダウン)
とのことですが、板尾創路以外は見たことあるような気がするけど良く知らない芸人ばかり。

最初は板尾が一人でアメリカンジョークを淡々と述べ、それが実は通夜の喪主挨拶だった、というところからはじまるこの芝居、あちこちに笑いどころがちりばめられながらも、一本芯の通ったストーリーが説得力があり、また個々のキャラクターもいい味出しててとても良かったです。

ここからはちょっとネタバレになりますが、後半のダンスも良かったし、ラストシーンもちょっとぐっと涙が出そうになる雰囲気に行きかけたところで大騒ぎで幕、というとても綺麗な終わり方。

前半のネタパートがなくて、後半のこの公演だけでもかなり満足できたと思うくらい良いもの観れました。

お笑いのライブというものは初めて行ったのですが、テレビみたいに短い尺で芸人が順番に出てくるよりも、こういう長い尺でじっくり楽しめるのが舞台の良いところだと感心しました。ルミネtheよしもとって毎日やってて客入るのかな?と思ってたけど、その理由がなんとなく分かりました。

[続きを読む......]

KENTARO KOBAYASHI LIVE 『POTSUNEN』&『○ ~maru~』

2007/05/29 : Live
B000JVS5B6KENTARO KOBAYASHI LIVE『POTSUNEN』& KENTARO KOBAYASHI LIVE POTSUNEN 2006『○ ~maru~』
小林賢太郎
ポニーキャニオン 2007-01-17

by G-Tools
舞台公演を活動の拠点に置き、オリジナリティ溢れる笑いを追求し続け、毎回公演のチケットが即完する程のカリスマ的人気を誇るコントグループ・ラーメンズの、作・演出を手掛ける小林賢太郎が、満を持して挑む初のソロ公演を完全収録!
(Amazonより)

ラーメンズという枠にとどまらず、その才能を各方面で発揮する小林賢太郎のソロ公演2枚組。もちろんどちらも彼の才能にあふれています。

誤解を恐れずに言うと「やりたい放題」といったところでしょうか。ラーメンズとは似て非なるベクトルの表現があふれています。

ラーメンズではセットも衣装も極めてシンプルで、ほぼ同系統の1~2色でまとめられ、小道具も最小限にしているのに比べ、このソロ公演はカードや映像、パネルなどを使った演目が目立ちます。

しかしそこは小林賢太郎、ただ道具に頼るだけではなく、最後の最後には「そうきたか~」という流れをしっかり作って見せてくれます。

ただラーメンズのように何度も見るか、というとそうではないのが正直なところ。これは演目の内容的に「爆笑する」という場面が少ない点にも起因しているのかと。

やはりラーメンズの魅力は小林賢太郎の作りこまれた世界をぶち壊す勢いの片桐仁の瞬発力があるからこそ、あの世界・空気が出せるのだなと再認識しました。

[続きを読む......]

ラーメンズ 第16回公演「TEXT」@東京グローブ座

2007/03/26 : Live

■ラーメンズ公式サイト Rahmens.net

チケット全然とれない、ということでもう子供が大きくなるまで観に行けないだろうなー、と思ってたラーメンズの公演ですが、千秋楽の日の午前中に一通のメールが。

「今日暇?
 ラーメンズ見に行かない?」

昼から妻と出かける予定だったのですが、なんとかお願いして夕方に予定をずらしてもらい、見に行くことに。
自分と同じくラーメンズ好きの妻はすねてましたが。


そんなこんなでグローブ座到着し、誘ってくれた女子たちと合流。
なんでも朝から当日券の整理券ゲットに並び、予定より一枚分多めにゲットできたので誘ってくれたとのこと。
感謝!
いやー、見れると思ってなかったので本当に嬉しかったです。

ちなみにメールをくれた彼女はもう3回観てるとのことで「今回は凄いよ!」とのコメント。
ますます気持昂ぶります。

そして開演。

[続きを読む......]

CUT THE CRAPワンマン @池袋club Addict

2007/03/06 : Live

Skill for Fight時代からの付き合いである、KeNとbozzu.midoriのバンド、CUT THE CRAPのワンマンライブに行って来ました。

本来ならこのワンマン、昨年11月17日に行われるはずだったのですが、外的事情により、なんと当日、開場後に急遽中止となったとのこと。

この日のために準備を重ね、万全で臨んだはずのステージが出番直前に中止されるという気持、バンドやってる人間としては、おそらく想像できないくらいの悔しさだったろうと思います。

そんなCUT THE CRAPの満を持してのリベンジワンマン。しかもこの日でなんとmidoriちゃん脱退とのこと。これは見届けないわけにはいきません。

川越で会社の会議&懇親会を終え、池袋へ。懇親会でそこそこ飲んだので酔っ払ってるせいか、club Addictに辿り着けない!事前に地図は確認してたのですが、細かいところが思い出せず、10分くらい辺りをうろうろして、ようやく辿り着けて一安心。

[続きを読む......]

Mission Vol.11 @渋谷CYCLONE

2007/02/20 : Live

Malignant Co.のもう一人のギターを務めるtakayamaのバンド、MOB企画ということで渋谷サイクロンへ。ちなみにこの日はex-NEVERFEARのYUKINGがMOBにゲスト参加するとの情報が。これは見逃せない!

しかしこの企画ヤバい!日本のヘヴィミュージックの先駆者との言えるCOCOBAT、そしてその同時代を駆け抜けたメンバーが集まったVIDEO DROME、SPANAMともの凄いメンツ。
こんなメンツ集めれるMOBすげー!そしてそのMOBのメンバーとバンドやってる俺すげー(笑)!

と軽く勘違いしながらスタート前にサイクロンへ。サイクロン内は一番目から結構な客入り。なんでもスタートギリギリは入場に時間かかったらしいです。すこし早めに来ておいてよかったです。

[続きを読む......]

マリグ☆ナイト @新宿ANTIKNOCK

2007/02/16 : Live

昨年結成したMalignant Co.。この日は昨年11月の3曲のみのプレセッションライブを経て、初の正式なライブにして初企画。

このバンド、元々は7月のTOKYO FIST FINALの打ち上げで、COYASSKOUZUI/MIC BANDITZ/デブパレード)がドラムでバンドやりたいとか言ってたのを捕まえて自分が「なんか初期ナパームデスみたいなバンドやろう」と言ったのがそもそもの始まり。

とりあえず何曲かネタを持ち寄り、早速二人でスタジオへ。

COYASSドラム速い!予想外にちゃんとしてるのでびっくり。で、こりゃちゃんとメンバー集めようという話になって声をかけたのがソロホーマーのまっちゃんことそろほまつ。何故ここでメタル未経験者のまっちゃんかというと、「多分面白そうだから」という理由だけ。そして自分がNEVERFEARで長年活動を共にしたKOH-TAROをベースに。

で、まっちゃんだけだとあまりにビジュアルが汚いのでここで前から「バンドやりたい」とか行ってたki☆ki。元々熊猫xiongmaoでの勢いあるボーカルやugamanでしっとりと歌い上げることもできる上に、地下アイドルとしての活動も。このタレント性を逃す理由はありません。

で、このメンバーで何回かスタジオ入った後、スタジオで録音した音源を聴いてると「ギターソロのときバッキング欲しいなー」となり、身近でヘヴィなギター弾く人といって思いついたのがMOBtakayama。でも弾いてくれるかなー、と思っていたらMOBのライブ観に行ったときに「あのバンド面白そうだねー、俺サイドギター弾きたいな」とか口走ったので「じゃぁ加入してね」と強引に即決定。

そんなこんなでメンバーが揃い、月一回のスタジオというスローペースな活動ながらもサクサクと曲が完成。11月のお試しライブでも大好評。

そして企画をやることに。この異色のメンバーに相応しい、普段ではありえない対バンが実現しました。

マリグ☆ナイト

[続きを読む......]

SILENT KIDS Last Live "Roots" @高円寺GEAR

2007/01/15 : Live

SILENT KIDSが結成してから17年間、東京で活動をはじめてから12年間。その活動に終止符を打つ、というので、見届けにいってきました。

iPodに入ったラストアルバム「Roots」を聴きながら高円寺に向かい、STARTちょっと前にGEARに到着すると、入場待ちの列。解散&1年ぶりのライブということで全国各地からお客さんが集まったとのこと。これだけの人を惹きつけて、このバンドは今まで走り続けて来たのかということが伺い知れました。

ちなみにこの日はシークレットゲストが2バンド。誰が出演するのか、本人たちに事前に聞いても良かったのですが、そこはあえて知らないまま観たほうが楽しいかなー、と思って何の事前情報もなくスタートを待つことに。

[続きを読む......]

B→C バッハからコンテンポラリーへ 岡田将

2006/12/13 : Live

職場のイベントで、東京オペラシティコンサートホールで開催された、「B→C(ビートゥーシー) バッハからコンテンポラリーへ」の岡田将のピアノ演奏を聴きに行ってきました。

実は自分はこう見えても3歳から中学校就学直前までの約9年間ピアノを習っており、そのせいもあって、かなり楽しみでした。

[続きを読む......]

子煩悩 Vol.1 @高円寺GEAR

2006/11/24 : Live
20061118_kobonno_02.jpg

事前に十分なプロモーションもあまり出来ず、やや不安もあったのですが蓋を開けたら大成功!

内容は出るメンツが確定した時点で「失敗するはずが無い」という確信があったのですが、動員も100名!ぴったり100名!何この無駄な几帳面さ(笑)
これにゲストやら出演者やらスタッフやらが加わり、約150名くらいの人があの空間を共有してくれました。

本当に感謝!!

[続きを読む......]

LOUD PARK 06 2日目

2006/10/15 : Live

[ 1日目はこちら ]

LOUD PARK 06

LOUD PARK 06二日目、前日は興奮してあまり眠れず、ちょっと寝坊したためやや遅れての到着。本日も海浜幕張前は黒Tシャツで埋め尽くされてます。自分は今日も黒ではなく白のMETALLICA Tシャツで参戦。今日は流石にSLAYER Tシャツが目立ちます。次に目立つのがCHILDREN OF BODOM。それぞれのバンドの人気が窺い知れます。

[続きを読む......]

LOUD PARK 06 1日目

2006/10/14 : Live
LOUD PARK 06

日本史上最大のメタル・フェス、LOUD PARK 06に二日とも参戦してきました。世界中からメタルファンにとってはヨダレもののメンツが集合!

会場の幕張メッセがある海浜幕張駅に着くとメタルTシャツ来た群衆が。みんなTシャツ黒い(笑)!多分9割以上の観客が黒のメタル(又はLOUD PARK)Tシャツだったのでは。自分はというと、みんな黒だろうと思ってあえて赤のSlipknotTシャツで参戦。

そして幕張メッセに10:30に到着するも、入場でえらい時間かかる!結局30分並んでやっと入場。ダッシュで会場内へ。

[続きを読む......]

Cutie Pai 『まゆきわチッ!』発売記念イベント

2006/10/07 : Live

Malignant Co.の紅一点メンバーであるki☆kiのそっくりの人形「きわサン」のいるアイドルユニット、Cutie PaiのCD、『まゆきわチッ!』発売記念イベントに行ってきました。

土曜の昼間ということで、妻と息子と3人で秋葉原でアイドルライブ!しかも自分は秋葉原はGOODMANやREVOLEに行ったことはあるのですが、所謂「アキバ」と言われる電気街界隈に行くのは初めて。11ヶ月の息子と一緒にアキバデビュー!そして息子は初のライブがアキバでアイドル!大丈夫でしょうか。

[続きを読む......]

友像 Vol.2 @新宿ANTIKNOCK

2006/09/02 : Live

ソロホーマー&indwat企画、「友像 Vol.2」に行ってきました。

ただバンドを集めてライブをやるだけの企画ではなく、いろいろなアーティストの絵や写真などの写真を展示したり、フードコーナーを作ったりとライブハウスのスペース全てを使ったユニークな企画。

今回も会場に入るとANTIKOCKのロビースペースの壁いっぱいに展示された作品が。参加アーティストは
TOKKING(Create)、nicoEMMA、COYASS(KOUZUI)、molo(hamatubushi+mitchel)、渡邊格という面々。そしてその奥にはDREADFULのタコライス&ディップチップが販売。こちらも美味!ついついお酒が進んでしまいました。ライブスペースではOбaQがDJをしている横で濱津節がライブペインティングというパフォーマンスが。いろんな人が一つの空間でいろんな表現をする、ってコンセプト、みんな一度は考えるんだけど実現するのって大変なんですよね。実現してしまうソロホーマー&indwatには感嘆。

[続きを読む......]

SUMMER SONIC 2006

2006/08/12 : Live

行って参りました、SUMMER SONIC 2006。今回の目玉はなんと言ってもMETALLICA!

前日に近所の西友で2リットル入のミネラルウォーターを購入し、タオル2枚、着替えのTシャツ、天気予報では雷雨とのことだったので雨合羽等を用意するも、興奮して眠れず!1時過ぎまでテレビだらだら観たりしてしまいました。そしてようやく寝付くも、朝6時半に目が覚めたり。こんなんじゃ一日持たないだろう、と思って二度寝。7時半に目覚め、8時半に出発!

既に西武池袋線からサマソニTシャツや、メタリカTシャツを着た人たちがちらほら。有楽町線、京葉線と段々その割合は高くなり、海浜幕張駅に到着!今回はメッセ会場に用は無いので、MARINE STAGEとなる千葉マリンスタジアムに直行。一瞬タクシー使おうかと思いましたが、まぁまだ元気なので歩くことに。

チケットとリストバンドを交換して会場に入ってまずチェックするのがグッズ売り場。いざ並ぶと長蛇の列!20分経っても列の1割ようやく進んだくらい。これじゃHAWTHORNE HEIGHTS見れないじゃん!ということで今年はグッズよりもライブ優先することに。サマソニTシャツは予約特典で(デザインがあまり好きじゃないけど)ゲットしてるし、アーティストTシャツは欲しいのがあれば通販で買ったほうがラクじゃない?と思って列から離脱して会場内へ。

[続きを読む......]

TOKYO FIST FINAL @渋谷CYCLONE

2006/07/04 : Live

遂にこの日がやってきました。自分にとって「青春」とは何か、と問われたら真っ先に「NEVERFEAR」と答えるであろうバンドのラストライブ。

解散の報を聞いてから1日考え、脱退した身とはいえ、これは自分が解散ライブを組むしかないと考え、勇み足にならないことを祈りつつ渋谷サイクロンやいろんなバンドに相談し、NEVERFEAR出演以外の詳細を決めたところでNEVERFEARメンバーに話を振り、実現と相成りました。
当日はNEVERFEARが最高の状況でライブをするために、No Return出演後は裏方に徹する・・・という予定だったのですが、「O.K.Z.がギター弾くことになりました」との連絡が。なりました、って決定か(笑)!さらにかつてのメンバーのYUKIOも入れて昔の曲もやろう!なんて話しに。最後ならではのこの計画、スタジオも超楽しかったです。

で、前日は緊張&興奮であまり眠れずに当日を迎えました。

[続きを読む......]

ピンクフラミンゴMGワンマン~SOUL FLY-KIDS~ @渋谷CYCLONE

2006/02/25 : Live

ピンクフラミンゴMG(以下ピンフラ)のボーカル、ソウル・ド・グロートが中退(脱退)することになり、その最後のステージとなるピンフラのワンマンライブに行って来ました。

[続きを読む......]

友像 @新宿ANTIKNOCK

2006/02/19 : Live

ソロホーマーindwat企画の友像に行ってきました。

ANTIKNOCKに入ると、カレーの匂いが。この日は珍品堂のタイカレーの出張サービスで、カレーが300円で振舞われておりました。全部は食べれる自信なかったので人が食べてるのを少しもらったのですが、辛いの苦手な自分でも食べれました。味わい深くて美味しかったです。家帰れば晩御飯があるなー、と思っていたのであまり食べなかったのですが、今思えばがっつり食べときゃよかったです。

そしてカレーの出店が出ているANTIKNOCKのロビースペースには、総勢10アーティストの作品展示が。一番目を引いたのは、「ひとりメタル」のジャケも書いてくれた濱津節によるA2?くらいのサイズの大きな紙4枚を使った作品。4日で書き上げたそうです。すげー!

他にもイラストや写真など、個性的なアーティストの写真が沢山。これだけの人を集められる企画力って凄いなー。こういう企画ってありそうであまりないので、これからも継続していくのかどうか気になるところ。準備の労力は大変そうですが。

そしてライブレポ。

[続きを読む......]

夏雲レコ発ツアーファイナル @代々木Zher the Zoo

2006/01/31 : Live

夏雲

ugazinのソロプロジェクト、ugamanのレコ発ライブへ。
出演陣も知ってる人ばかりなので楽しみでした。

[続きを読む......]

大洪水 vol.10 @渋谷O-nest

2005/12/16 : Live

SHU-G抜けた後も1MCで活動してたKOUZUIが活動休止前の最後のライブ、ということで仕事が溜まっているのを気づかない振りして行ってきました。
出演バンドもKOUZUIの人脈の広さが分かる凄いメンツ。純粋に楽しめました。

[続きを読む......]

GROOVIN'JAM @高円寺GEAR

2005/12/11 : Live

あの衝撃のライブからもう半年。東京でのライブが少ない&なかなか都合が合わない、ということで半年ぶりのSILENT KIDS!
というか誘われなくてもつよし道場超愛読者の自分としては、あれからどうなったのか確かめるために行くつもりだったのですが、つよし先生から告知メール&駄目押しの「おかちゃん来ないの?」メールを頂き、二つ返事で行かせていただきました(笑)。

[続きを読む......]

太郎の罰ゲーム Vol.22 @高円寺GEAR

2005/10/16 : Live

熊猫xiongmaoのサポートで久しぶりのバンドスタイルでのステージ。3週間前にえがわに電話で依頼され、スタジオ3回(フルメンバーでは2回)でなんとか仕上げて臨みました。とはいえ、この日は出演者のほとんどが知り合いというナイスな日だったのでそれほど緊張もせずに、むしろ楽しみでしょうがないといった感じ。案の定、目一杯楽しめた一日でした。

昼過ぎから熊猫xiongmaoでスタジオ入った後にGEARに入ると「なんでおかちゃんいるの?」みたいな感じでみんなが不思議な顔してるのが面白かったです。リハもいい感じにこなしてみんなでラーメン食べに行ったりしたり、久しぶりに会う人に音源あげたり近況報告したりしてると本番スタート。

[続きを読む......]

NEVERFEAR 10周年記念 @渋谷サイクロン

2005/10/01 : Live

去年までギタリストとして活動してたバンド、NEVERFEARが今年で活動10周年。つまり自分がNEVERFEARに加入したときはまだ19歳だったわけです。10年一昔というけれども、本当についこの間のことのように思い出されます。

で、この日はNEVERFEARに縁深い6バンドに加え、何故か自分もソロで参加。久しぶりのステージ、楽しみました。

[続きを読む......]

Real Friends @高円寺GEAR

2005/09/17 : Live

高円寺GEAR企画のライブに遊びに行ってきました。

10/01発売とはいいつつも、既に「ひとりメタル」が完成しているので何枚か持っていき、とりあえず挨拶代わりにGEARのスタッフに渡すと受付でいきなりけっこうな音量で聴き始めたので焦ったり。バンドと違って一人でやってるとこういうとき妙に照れることが発覚。そのとき受け付け近くにいたパンク風のお兄さんには気に入ってもらえたみたいで何より。

[続きを読む......]

AKINO LEE 30周年記念式典 @秋葉原GOODMAN

2005/08/28 : Live

コロバ・ミルク・バーを中心に多方面で活躍されているAKINO LEEさんの誕生日イベントに遊びに行ってきました。
他にも色々知り合いが出演するということで、久しぶりに秋葉原へ。ugazinの子供にも会えて良かったです。抱いたらイヤがられましたが。

[続きを読む......]

FAT MIME Vol.9 @三軒茶屋HEAVEN'S DOOR

2005/08/27 : Live

PYROS企画「FAT MIME Vol.9」へ。客席でビール/チューハイを販売しているので酔っ払い必至のこのイベント、今回も良い音楽に包まれて良い酒飲んできました。久々に会う人も沢山で楽しかったです。

[続きを読む......]

SUMMER SONIC 2005

2005/08/13 : Live

行ってまいりました、SUMMER SONIC。行こう!と思った時には既に東京2日目のチケットが売り切れだったため、1日目のみ参戦。

前日、前々日と会社の後輩の送別会で飲んだくれていたため、身体に若干アルコールが残っていることを感じつつも、頑張って8時起床。9時に家を出ました。会場で販売しているドリンクは高そうだということを考え、近所のスーパーで1.5リットル99円のミネラルウォーターを購入。さらにVAAMを2缶分ペットボトルに入れていくことに。

新木場まで地下鉄有楽町線で行き、JR京葉線に乗り換え。この時点で周りにはサマソニ参戦組と思われる、バンドTシャツを着た人たちが。自分のTシャツもSLIPKNOTだったせいか、SLIPKNOT Tシャツがやたら目に付きます。あと既に先行でゲットしてたと思われるサマソニTシャツもちらほら。途中舞浜で夢と魔法の王国を見送り、しばらくすると海浜幕張駅到着。

駅につくとダフ屋の群れ。そして「2日目のチケット譲ってください」という紙を持った人も。この人今日は参加しないで明日のチケットゲットのためだけにここにいるのでしょうか。だとしたらかなりのツワモノかと。まずは計画どおりマリンステージを目指すことに。非公式グッズの露店などを眺めながら、暑いのでだらだらと歩いてたら会場についたのは11:20頃。始まってるじゃん!とチケットとリストバンドを交換して、急いでアリーナへ。

[続きを読む......]

BANKROBBER PROJECT LAST LIVEワンマン「罪と罰」@高円寺GEAR

2005/07/16 : Live

BANKROBBER PROJECTが解散!ということで最後のワンマンライブ。初めてライブ見たのは2001年7月の高円寺GEAR。それからちょこちょこ対バンしたり、イベントに出てもらったりと繋がりがあったバンドです。ヒダとアキバくんは自分の結婚パーティにも来てもらったりしました。

GEARに到着したら行列が。ちなみにこの日はGEARの下の20000VでHAWAIIAN6のこれまたワンマンということで、オープン前は凄い混雑だったそうです。自分が到着したときは20000Vのお客さんはみんな入場後だったのですが、GEARはまだ客入れ中で、結構並びました。GEARに入るのに並んだのなんて始めてかも。

GEARに入ると超満員!既に冷房の能力を超えた熱気が。一緒に入場したSHU-Gが「暑い、暑い」と繰り返す(笑)。
前の方で観たかったけど、前の方は人と熱気が凄いので客席中ほどで、と思っていたのですが気がついたら左右のメインスピーカーから出る垂線がちょうど交わるという、一番いい音で聴けそうなポジション。ステージは見づらいけど今日はここで最後のBRPを楽しむことに。

[続きを読む......]

HIGH BLOOD PRESSURE Vol.16 @下北沢Club251

2005/07/09 : Live

NEVERFEAR時代からいろいろお世話になってた兄貴分、BOMB FACTORYによる久々の企画。最近BOMBを観る機会がなく、久々に都合がついたので楽しみにして行ってきました。

Club251に到着したら物凄い数の熟女の列!一体何事か、ちょっと見ない間にBOMBの客層がここまで代わってしまったのか、と思ったら251の横に出来た系統の違うライブハウスの入場待ちでした。危うく列の後ろに並んでしまう所でした。

中に入るといろいろと久しぶりのメンツに次々遭遇。最近はあちこちのライブに一人で行くことが多いのですが、よっぽどアウェイなライブハウスでない限り、誰かしら必ず会えるし、予想もしてない人にばったり会ったりするので、それがまた楽しみでもあり。

[続きを読む......]

TOKYO FIST Vol.46 @代々木Zher the ZOO

2005/06/25 : Live

NEVERFEAR企画 TOKYO FISTへ。なんか最近すっかりアットホームな感じになった企画ですが、この日もアットホーム。
ちなみにZher the ZOOは代々木の駅前に最近出来たライブハウスなのですが、代々木は仕事でよく行く場所なのでいまいちライブ行く、という感じがしませんでした(笑)。

[続きを読む......]

SILENT KIDS @池袋MAN HOLE

2005/06/24 : Live

SILENT KIDSのWebサイトで衝撃の発表(詳細は新生SILENTKIDSからみんなへのメッセージつよし道場2005/06/16を参照)があり、それから初めての東京でのライブ!というわけでたまらなく見に行きたくなり、駆けつけることに。会場に着くとなんだかリラックスしたメンバーたちが。所謂「憑き物がとれたみたい」な顔。あぁ、これなら大丈夫かも、と思いちょっと雑談などしてから中へ。

[続きを読む......]

紅茶キノコ Vol.8 @下北沢ERA

2005/06/23 : Live

MONGHANG企画「紅茶キノコ Vol.8」に行ってきました。MONGHANG見たのは7年前くらいで、今とメンバーも違うし、雰囲気も違っていたとの記憶が。ugazinが加入したとのことで、観にいくきっかけが出来ました。
そしてこの日は2バンドのみ出演ということで、たっぷり1時間くらいやるとの事前情報が。それもまた楽しみで。

[続きを読む......]

bitter valley @渋谷eggman

2005/06/16 : Live

ゼットeggman企画に行ってきました。eggmanってはじめて行く会場なので事前にWebサイトで場所を確認すると渋谷公会堂の向かいということが判明。「渋公の向かい」というキーワードだけで向かったら……見つからない。

雨の日は傘で視界が狭いせいもあり、道に迷う確立がアップするのですが、雨の中うろうろするのもなんだなー、とおもってBONKIN'CLAPPERの70★に電話でヘルプ、と思ったら電話が繋がった瞬間に目の前に「eggman」の看板発見。灯台もと暗しとはこのことか。場所確認して一安心したので近くの洋麺屋五右衛門で食事してからeggmanへ。
久しぶりにゼットに会うと「変わってないねー」との第一声。いやいや、そっちも変わってないから。

[続きを読む......]

TOKYO FIST Vol.45 @渋谷CYCLONE

2005/05/29 : Live

NEVERFEAR企画TOKYO FISTに行ってきました。もう45回なんですね。バンド辞めたら自分がいたバンドのライブに足を運ばなくなる人が多い傾向にあるみたいですが、自分は別にNEVERFEARを嫌いになったわけではないし、且つ気心知れた仲間と騒げる場所がそこにはあるので可能な限り足を運びたいと思ってます。
そして自分が企画とか会計とか打ち上げの幹事とかしない分今までより気楽に楽しめるのが、嬉しいところ、なんて書いてたら現NEVERFEARメンバーに怒られるかもしれませんが。

[続きを読む......]

Lust For Life3 @渋谷CYCLONE

2005/05/05 : Live

チャクラのRyoくん(Red)企画のチャリティーイベント、「Lust For Life 3」に行ってきました。このイベントは収益を障害者(児)の学習指導・職業訓練施設に寄付するチャリティーのオールナイトイベントで、今回3回目、毎回その趣旨に賛同したバンドが強力なバンドが集まり、チャリティーに参加しながら楽しめるという最高のイベントです。

5/3の18時から翌朝まで総勢14バンドが出演したので、その簡単なレポートを。

[続きを読む......]

FOLLOW the PFMG @渋谷CYCLONE

2005/04/10 : Live

ピンクフラミンゴMGのレコ発ワンマンへ行って来ました。

ピンフラはドラムのエロパンサー三世が空手コンドルでドラム叩いていたことから知り合ったバンドで、第一印象はギターレスでドラムとベースの手数が物凄い面白いバンド、という感じで正直売れるタイプじゃないなー、と思っていました。
でもFUJI ROCK出演からいろいろときっかけをちゃんとモノにして、営業的な実力を確実に付けていって今勢いに乗っている最中かと。もちろん音楽的な実力は既に持っている、という前提ですが。

[続きを読む......]

Coffe House Vol.1 @高円寺GEAR

2005/03/21 : Live

NEVERFEAR企画に高円寺GEARへ。ちょっと遅れて到着したら、ステージ上も客席も知っている顔ばかりが。

久々にライブをやるというBootyはメンバー構成が変わり、トリプルボーカルに、そしてキーボードが加入。以前からHIP HOPなアプローチの大人の音楽をするバンドだったのですが、それがより磨かれたという感じでとても良かったです。新しい編成での初ライブということもあり音のバランスでちょっと気になったところもあったけど、新しいメンバーでの今後の展開も楽しみ。

2年ぶりくらいに見るUNDERLIFEは相変わらずのメロディック系ロック。以前よりも数段グレードアップしたパワフルなステージ。根本は変わらないまま、成長しているのが窺い知れてよかったです。

そして企画者NEVERFEAR。前回のGEARでのライブよりも音作りがしっかりしており、「太い」音を聞かせて貰いました。しかし未だにMCで自分にネタが振られるのはいつまで続くことやら。そんなことよりも早く新曲が聴きたいのでお願いします。

NEVERFEAR企画なのにトリをつとめたのはKOUZUI。この日でMC兼リーダー、そして唯一のオリジナルメンバーのSHU-Gが脱退。自分も去年長年活動していたバンドを抜けた身としていくつか共感できるところがあるのですが、ここまで長い間自分がフロントに立っていたバンドから抜けるというのは続ける以上に勇気のいる決断だったと思うし、並大抵の悩みじゃなかったのではと思います。だからこそその決断を尊重し、見届けるためにこの日はGEARに足を運びました。
とはいえ、解散とか脱退とかのライブって無条件に盛り上がります(笑)。この日はSHU-GがMC中に号泣、メンバーからのプレゼントというイベントがありつつ、それとは別にいつにも増して凄く良いステージを見せてくれました。
アンコールの久々の「終ワッテナイ?」「洪水ゴングショー」も嬉しかったです。何より、この2曲でのCOYASSの気迫が凄く、SHU-Gの後、自分がこのバンドを率いていくという気合溢れるステージングでした。

そして打ち上げには30人を超えるメンバーが。終電で帰るはずだったのですが、いろんな人と喋っているとあっさり終電を逃し、BootyのTO-Kaに送ってもらいました。感謝!


ちなみにNEVERFEAR→KOUZUIでいつになく盛り上ったせいか、次の日あちこちが筋肉痛でした。

鉄男 Vol.4 @高円寺GEAR

2005/02/13 : Live

NEVERFEAR企画「鉄男」へ。

一番手は胸に突き刺さるメッセージを送り続ける山之内太郎トリオ。このバンドはいつ見ても温かい&熱い気持ちにしてくれるバンドです。「青春パンク」ブームの真っ只中にいる人がこういう自分を貫き通していることが、より説得力を感じるバンド。どんなに有名人に人脈が出来ても、それを自慢はするけど決して自分のために利用しない、信頼できるおじさんです。

続くは最近一番良く見ているかもしれないハード&ヘヴィサウンドのMOB。ギターの目の前で見てたら超ピック落としていてこっちが焦りました(笑)。でも今日はじっくりとリフ弾いている手元が見れて、勉強になりました。

そして超久しぶりに見た男女ツインボーカルダンスロックISOTOPE。来月で無期限活動中止に入ってしまうそうです。そのことについて、本番前に弦洋といろいろと話し、なんか今の自分のスタンスとちょっと似てるなーと共感。バンド続けるって大変。

トリ前はこの日の最年長にして最もロックな大人カトウさん率いるGOLGO BUTCH。「Are you ready ?」「Playboy!」の掛け合いから最後まで突っ走るステージ。MCの投げっぱなし加減も流石です。

そしてNEVERFEAR。緊張でガチガチだった前回よりリラックスして演奏してました。「鉄男」ということでMetallicaの「Enter Sandman」とかやっててずるい!とかいう場面もありましたが。あとライブ後音作りのことでGEARのPAオペレータに何故か自分がアドバイスを受けてました(笑)。なんだかまだ半分メンバーだと思われている節が。

[続きを読む......]

SOUNDPICASSO @新宿 ANTIKNOCK

2005/02/05 : Live

soundpicasso.jpg

久しぶりにpanaqueを見てきました。このバンドは前身バンドであるPIN-VICEの時から好きなバンドの一つで、複雑なリズム/展開の楽曲を中心としながらもいつの間にか引き込まれてしまう不思議なステージを見せてくれます。

今日はドラムが通常はボーカルのポジションであるステージ中央前方にセッティングされ、ドラムの位置には家具調の大きな鏡が二枚。その前で半裸+全身にペイントしたフッキー(ボーカル)が立ち、前衛的ともいえるパフォーマンスを繰り広げながら歌い、叫ぶ様は何か別の世界の生き物の様。
曲もただ複雑なだけでなく、メンバー全員がひとつの「感情」を表現するかのように、空間を音で埋め尽くしかと思ったらいきなり「静」に切りかわり、という展開にこちらも知らず知らずのうちに「感情」に同調して行く様が気持ち良かったです。

東流会 Vol.12 @渋谷 O-WEST

2005/02/01 : Live

渋谷 O-WEST の伊藤ヨタロウ氏企画、『東京流れ者会(東流会)vol .12』にpygmy with bitter ends(この日はnoribooooone with bitter endsという名前)が出演するというのて観にいってきました。

リンク先を見ても分かる通り、この日の出演者は

☆戸川純/東口トルエンズ〈Vo.戸川純+G.山本久土(MOST)〉
☆宮藤官九郎(大人計画)  (初監督!『真夜中の弥次さん喜多さん』)
☆宮崎吐夢(大人計画)+ 河合克夫 (永遠の不良中年&永遠の不良処女による歌のマナ板ショウ)
☆天久聖一(Cf:「バカはサイレンで泣く」週刊SPA連載)
☆降神(人間になりきれない,より人間らしい超自然的HipHop)
☆エミ・エレオノーラ (MadamEmiと純ちゃんのステージ初競演なるか!?)
☆Acky(面影ラッキーホール)+Rumi
☆Noribooooone with bitter ends (黄昏の風来坊 from GQ06)
☆ヨタロウwithメトローマンス・ホテル 〈Honzi(Vln),Alan Patton(Acc),ホールズ(三線) 岩原智(Tuba)斉藤トオル(Key)他〉
☆ 青空プレタ・ポルテ
という激濃なメンツ。(伊藤ヨタロウ氏サイトより抜粋)

殆どが始めて見るアーティスト(?)ばかりだったのですが、特に東口トルエンズでの戸川純の歌手としての圧倒的なオーラに鳥肌が立ちました。
なんか自分の音楽とか歌い手に対する既成概念を粉々に打ち砕かれたような、そんな数十分でした。

他にはまるで小説を読み聞かされているようなラップを聴かせてくれた降神、プログレ&アバンギャルドなピアノ弾き語り(?)のエミ・エレオノーラ、そしてトリのヨタロウwithメトローマンス・ホテルが最高。普段あまり触れる機会の無いジャンルのライブで、音楽の可能性と楽しさを心から再認識させてくれた一夜だったかと。というかなんか鳥肌立ちっぱなし!という感じで。

ここ最近見ていたライブとは全く違うベクトルを持った感性を目の当たりにし、なんか音楽って無限だなー、と思い、なんか人生楽しくなってきました。

TOKYO FIST Vol.44 @渋谷CYCLONE

2005/01/30 : Live

朝から15時くらいまで仕事の後、NEVERFEAR企画にサイクロンへ。
なんか今まで自分がほとんどの部分を取り仕切っていたイベントに客として参加するのって妙な気分ですが、どんなイベントになるのかは結構楽しみだったのですが、あまり変わってませんでした(笑)。まぁそんなに急に変わるわけはないですが。
というか実はタイムテーブルの相談とか打ち上げの相談とかされていたので、ちょっと心配だったのですが、思いのほかしっかりしていて一安心でした。

[続きを読む......]

The Rock Odyssey 2004

2004/07/26 : Live

■The Rock Odyssey 2004横浜国際総合競技場

行って来ました、ロックオデッセイ。
というわけで、興奮の醒めないうちに簡単なレポートを。

[続きを読む......]

ラーメンズ 第14回公演「Study」

2004/02/24 : Live

昨日ル・テアトル銀座にてラーメンズの 第14回公演「Study」の特別追加公演に行ってきました。

[続きを読む......]

IRON MAIDEN FESTIVAL @さいたまスーパーアリーナ

2004/02/08 : Live

IRON MAIDEN FESTIVALに行ってきました。

[続きを読む......]

ALL /  1 /  2 /  3 /  4 /  5 /  6 /  7 /  8 /  9 /  10 /  11 /  12 /  13 /  14 /  15 

rakuten