TOP » Blog » Movie

ALL /  1 /  2 /  3 /  4 /  5 /  6 /  7 /  8 /  9 /  10 /  11 /  12 

ルパン三世「カリオストロの城」

2012/04/27 : Movie
ルパン達が国営カジノの大金庫から盗み出した札束。それは精巧に作られたニセ札、ゴート札だった。その出所であるカリオストロ公国に乗り込んだルパン達は、怪しい男達に追われるウエディングドレスの少女、クラリスを救い出す。しかし崖から落ちて気絶してしまい、その間に少女は連れ去られてしまった。 分かれる間際に託された、謎の指輪にはどんな秘密が? そして、ルパン達はクラリスを救い出すことは出来るのか・・・?

名作!

妻が「子供のころに観たけど1回しか観てないのであまり覚えてない」というので、先日鑑賞。

いやー、最初から最後まで最高でした。
設定、作画、そしてシリアスと笑いのバランスなど、何度見ても楽しめますね。

宮崎駿監督の、後々の作品に繋がるような要素もあちこちに散りばめられていて、まさに原点的な作品。


自分としては「天空の城ラピュタ」の次に何回も観ている作品かと。

[続きを読む......]

ゴールデンスランバー

2012/03/29 : Movie
ゴールデンスランバー [Blu-ray]
アミューズソフトエンタテインメント (2010-08-06)

野党初の首相となった金田が、仙台市内で凱旋パレードを行うその日、数年ぶりに大学時代の友人・森田に呼び出された青柳は、森田から「お前、オズワルドにされるぞ」「逃げろ。とにかく逃げて、生きろ」という忠告を受ける。爆発音がしたかと思うと、警察官たちが、二人が乗っている停車中の車に駆け寄り躊躇なく発砲する。青柳は、反射的に地面を蹴り、仙台の街中へと走り出す......!

伊坂幸太郎の原作小説の映画化。

最初から最後まで、息をつかせぬ逃亡劇が繰り広げられ、一時も目が離せません。

ネタバレになるのであまり多くは書けませんが、ピンチの連続の導入部から、細かい伏線もしっかり回収されつつ、エンディングまでぶわーっとテンポよく盛り上がっていきます。

色々とご都合主義というか、演出ありきの不可解な展開もあるのが玉に瑕ですが、出演者も全員良い演技のできるベテラン揃い。みんないい顔するなー、と感心しました。

主人公の堺雅人も良かったですが、父親役の伊東四朗の存在感も、出番少しだけなのに凄かったです。

また、「逃げる」という行為を映像にするのはなかなか難しいと思うのですが、位置関係をちゃんと分からせてくれる構図やカメラワークも良かったです。


ドキドキハラハラできる良質の邦画が観たい方にはお勧めの一本。

[続きを読む......]

第九地区

2012/03/21 : Movie
第9地区 [Blu-ray]
第9地区 [Blu-ray]
posted with amazlet at 12.03.21
ワーナー・ホーム・ビデオ (2011-04-21)

南アフリカを舞台に、難民として住みだした異星人と地域住民との軋轢、そして異星人に対しての新たな対応が招いた思いもかけぬ事件を、驚異のヴィジュアルとドキュメンタリータッチで描いたSFアクション!

先日の「アバター」と同じく、B級SFアクション映画としてはかなりの傑作。

部隊を南アフリカのヨハネスブルグとし、差別問題、難民問題、民間軍事会社の存在などをモチーフとし、それをエイリアンに絡めて描く、という設定は異色ながらなかなか興味深かったです。
個人的にSFは社会問題まで設定に含めないと、世界観に奥行きが出てこないと考えているのですが、その点この作品はとてもよかったです。

しかし出てくる人が酷い人間ばかり(笑)。
差別思想の極み!とでもいうような扱いを受けるエイリアンたち・・・その外見のおかげであまりショッキングな映像にはなっていませんが、これが人間的な外見だったら相当なクレームが入っていたかと。

一方SF要素も充実。
宇宙人の外見や宇宙船のデザイン、そしてその宇宙船の操作インターフェースや、パワードスーツでの戦闘シーンはSFファンとしては楽しめました。

設定や描写がところどころ不可解なところもあったので、もう少し長い尺で、前後編の2作に分けても良さそうな内容かな、とも思いました。


続編も作っているという話ですが、ストーリー的にも設定的にもまだまだ膨らませられる要素は沢山あるので、こちらも楽しみです。

[続きを読む......]

アバター

2012/02/27 : Movie
アバター ブルーレイ&DVDセット [初回生産限定] [Blu-ray]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2010-04-23)
22世紀、人類は地球から遠く離れたパンドラで<アバター計画>に着手していた。この星の先住民ナヴィと人間のDNAを組み合わせた肉体<アバター>を創ることで、有毒な大気の問題をクリアし、莫大な利益をもたらす鉱物を採掘しようというのだ。この計画に参加した元兵士ジェイクは車椅子の身だったが、<アバター>を得て体の自由を取り戻す。パンドラの地に降り立ち、ナヴィの族長の娘ネイティリと恋に落ちるジェイク。しかし彼はパンドラの生命を脅かす任務に疑問を抱き、この星の運命を決する選択を強いられていく......。

話題になったSF超大作。

とにかく映像が最高に綺麗で臨場感あります。
我が家の非3D環境でもかなり迫力があったので、これ3Dで観たら凄いだろうなー、と思いました。

あとは地球軍(?)のメカがかっこよかったり、惑星パンドラの生き物たちがゲーム「モンスターハンター」に出てきそうな、男子の心をくすぐるかっこいいデザインかつ迫力満点です。


一方ストーリーはこの手のいわゆる「ハリウッド大作」にありがちな感じで、こちらの予想したとおりに展開します(笑)。
登場人物の心境とかもなんだか必然性が弱いので、ストーリーを求める人には楽しめないかもしれません。


しかしそういうお約束満載のエンターテインメント作品を楽しめる人なら大丈夫かと。
一杯やりながら気軽に楽しむには良い作品でした。


ちなみにゲームもいろいろ出ているようで、この世界観ならゲームも楽しいだろうなー、と思います。

[続きを読む......]

映画版 幼獣マメシバ

2012/02/12 : Movie
映画版 幼獣マメシバ [DVD]
竹書房 (2009-10-23)
売り上げランキング: 19336
・・・・一郎(生後2ヶ月のマメシバ)と二郎(中年ニート)、デコボコ兄弟の珍道中・・・・・・
芝二郎(佐藤二朗)、35歳。二郎だけど長男。無職。生まれ育った小さな町から一歩も外に出ずに実家でぬくぬくと暮らしていたが、父(笹野高史)が突然他界し、続いて母(藤田弓子)が家出。芝家は一体どうなるのかと親戚一同が不安に包まれる中、マメシバの子犬がちょこんと現れた。「犬なんて100パー無理!」と背を向ける二郎だったが、母が自分を探させるためによこした子犬だと判明し......。幼なじみ(高橋洋)に背中を押され、二郎はマメシバの一郎を連れて人生初の「旅」に出る。

名前から怪獣映画だと勝手に思い込んでいたのですが、内容はゆるーい感じのハートフルコメディ。
ドラマ版とかそういう予備知識なしに観たのですが、最初から最後まで楽しめました。

ところどころシュールな演出がはいりつつも、最後はしっかり締めてくれます。
あとマメシバの一郎がとても可愛いので、特に犬好きでなくても癒されるかと。

佐藤二朗の演技が、演技とは思えないリアルさで最高でした。
笑い飯西田もオイシイ役で出演し、ファンには嬉しいところ。


現在は続編マメシバ一郎 3Dが上映されています。

[続きを読む......]

インクレディブル・ハルク

2012/02/05 : Movie
マーベル・コミックの人気ヒーローが再び実写映画化!科学者ブルース・バナーは放射能実験で大量のガンマ線を浴びて以来、怒りを感じるとアドレナリンの分泌と共に巨大な緑色のモンスター"ハルク"に変身する特殊体質となってしまう。そんな彼を軍事実験に利用しようとするロス将軍は、恐るべき追手たちを送り込んでくる...。

2003年に映画化された際はそこまで人気が振るわなかったというマーベルの人気作品「超人ハルク」の再映画化。

他のヒーローとは違い、能力を自分で制御できないという点で主人公ブルースは苦しみ、能力を消そうとしますが、軍事利用のためにブルースを追う人間達と戦うことに。
そんなヒーローだからか、単純に力と力のぶつかり合い、という戦い方になるのですが、この戦闘シーンが迫力抜群です。

またヴィラン(悪漢)として登場するアボミネーションの悪役っぷりもいい感じで、街中で建物をガンガン壊しながら力と力がぶつかり合う戦いはワクワクします。

特に「ハルク・スマッシュ!」と叫びながら放つ一撃がクール。
やっぱり必殺技は技名を叫ばないと!と思いました(笑)。

尚この映画の背景としては

本作はマーベル・コミックが自社製作したアメコミヒーロー映画の第2作目であり、第1作目の『アイアンマン』と連動している(日本では本作が先に公開された)。今後『アイアンマン2』『マイティ・ソー』『キャプテン・アメリカ』と続けて製作し、それぞれのヒーローが集結する『アベンジャーズ』に繋げるプロジェクトとなっている。

インクレディブル・ハルク (映画) Wikipedia


とのことですが、ラストにそれを髣髴とさせるシーンがあるので、マーベルファンとしては「おぉ!」と思わず声をあげることになります。

[続きを読む......]

サマータイムマシン・ブルース

2012/01/23 : Movie
本広克行監督が贈る、5人の男子学生と2人の女子学生が過ごしたおかしな夏休みを描いた青春冒険映画。夏休みのある日、部室で過ごすSF研究会と写真部のメンバーの前に、突如タイム・マシンが現われる。軽い気持ちで乗ってはみたが、それが想像もつかないとんでもない事態を引き起こすことに...。

日本映画の傑作、といっても過言ではない青春SFコメディ。

Amazonのレビューにも書かれている通り、開始15分くらいは伏線映像なのでいまいち入りづらいですが、タイムマシンが現れたところからは昨日と今日を行ったり来たりの大騒ぎで、複雑に絡み合ったパズルを一個一個解いていってくれるような見せ方をしてくれます。

最初観たときは意味が分からなかった場面もそれぞれ印象深く演出されているため、後で
「あー、なるほどねー」
となるのでそれ程難しくはない親切な脚本。

そして学生ってこんなだった!部室ってこんなだった!という自分の学生時代を思い出させてくれる感じもたまりません。
基本的に登場人物にバカが多いのも最高です(笑)。

ラストも伏線をしっかり回収した上での良いエンディング。


良い作品に出会えたなー、という満足感でいっぱいになりました。
オススメです。

[続きを読む......]

カイジ 人生逆転ゲーム

2011/11/07 : Movie
福本伸行の大ヒットコミックを藤原竜也主演で映画化。その日暮らしの自堕落な生活を送るフリーターのカイジ。ある日多額の借金を抱えた彼は、遠藤と名乗る悪徳金融会社の社長に誘われるまま、あるゲームに参加するため謎の船に乗り込むことに。

人気コミックの映画化、ということでAmazonのレビューでが原作派には不評のようでしたが、原作よりもサクサクと展開するので、自分は結構楽しめました。

特に最後の藤原達也演じるカイジと、香川照之演じる利根川のEカード対決でのやりとりは、役者の力量が存分に発揮されていて見応えがありました。
前半はこのEカードでの演出の伏線、と思えば良いのかと。

しかしやはり前半の詰め込み過ぎ感と、登場人物の行動への説明不足は否めません。
原作知らずに読むといろいろ「?」な部分が出てくるし、原作読み込んでると不満なところが出てくる、という難しい作品。

もっとゲームを絞って3部作くらいにすると楽しめる映画になったかと思うと、ちと惜しい作品でした。

[続きを読む......]

実写版 忍たま乱太郎

2011/08/15 : Movie

先週、息子と甥っ子にせがまれて実写版 忍たま乱太郎を観に行ってきました。

予告編の完成度が大変高く、また春休みに観た忍たま乱太郎 忍術学園 全員集合!の段が予想外に面白かったため、自分も結構期待していったのですが、正直期待に応えてくれるクオリティではなかったです。

主役の加藤清史郎くんは文句なしで、出演していた大人たちもベテラン勢揃いで安心して観られたのですが、その他のところがいまいちすぎて・・・。

もうちょっと話をうまいことまとめて欲しいとか、セットをもっと作りこんで欲しいとか、子役の演技を鍛えて欲しいとか、言いたいことはいろいろあるのですが。


まぁ子供たちが楽しんでくれてたので良しとしますか・・・。

[続きを読む......]

プラダを着た悪魔

2011/05/24 : Movie
プラダを着た悪魔 (特別編) [DVD]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2007-04-18)

大学を卒業し、ジャーナリストをめざしてNYにやってきたアンディ。オシャレに興味のない彼女が、世界中の女性たちが死ぬほど憧れる仕事を手にしてしまった!それは一流ファッション誌RUNWAYのカリスマ編集長ミランダ・プリーストリーのアシスタント。しかし、それは今まで何人もの犠牲者を出してきた恐怖のポストだった!ミランダの要求は、悪魔的にハイレベル。朝から晩まで鳴り続けるケイタイと横暴な命令の数々、その上センス、ゼロ!!と酷評され、アンディはこの業界が努力とやる気だけでは闘えないことを思い知らされる。キャリアのためとはいえ、私生活はめちゃめちゃ。カレの誕生日は祝えないし、友達にも愛想をつかされる。この会社で、このままでいいの?私って、本当は何をしたいんだっけ?

こういう「仕事を頑張る」系のサクセスストーリーは、「島耕作」シリーズが好きな自分には楽しめました。
恋愛が重そうで軽いのも、島耕作っぽいといえばぽいかも(笑)。

仕事で理不尽な思いをして、ちと落ちたときに観ると良い作品かと。

ファッション好きにも楽しめる作品です。

[続きを読む......]

ALL /  1 /  2 /  3 /  4 /  5 /  6 /  7 /  8 /  9 /  10 /  11 /  12 

rakuten