TOP » Blog » Music

ALL /  1 /  2 /  3 /  4 /  5 

R.I.P. Jeff Hanneman (SLAYER)

2013/05/08 : Music

SLAYERのジェフ・ハンネマンが先週肝不全で亡くなったとのこと。

OUR BROTHER JEFF HANNEMAN, MAY HE REST IN PEACE (1964 - 2013)
Slayer is devastated to inform that their bandmate and brother, Jeff Hanneman, passed away at about 11AM this morning near his Southern California home. Hanneman was in an area hospital when he suffered liver failure. He is survived by his wife Kathy, his sister Kathy and his brothers Michael and Larry, and will be sorely missed.


2006年のLOUD PARKで観たのが最初で最後でした。
スラッシュメタルの帝王の雄姿をこの目に焼き付けられたことを忘れないようにしていきたいと思います。

メタル史上に残るSLAYERの代表曲も、ジェフの作曲によるものが多いです。


Angel of Death

Raining Blood

[続きを読む......]

Malignant Co. ハイビジョンライブ動画

2013/04/17 : Information Music Live

先日のライブの動画です!

ORGASMのウリである複数カメラによるフルハイビジョン動画撮影で作成された動画ですので臨場感もバッチリだと思います。
ライブ会場に来られた方も来られなかった方も是非ご覧ください。


Malignant Co. 「おっぱいが2倍」


Malignant Co. 「モテ洪水」


歌詞はこちら

HMV Online

2013/03/11 : Topic Music

昔やってたバンドのCDがHMV Onlineで購入できる状態でした。

印税契約的なものがないので、購入されても自分には一円も入りませんが、興味のある方はチェックをどうぞ。
「LEVEL-2」は自分も新品の在庫持っていないので、ちょっと欲しいところ。

LEVEL-2」はまだレーベルがあるものの、「ウフル」はレーベルがないけど在庫がまだあるから販売されているんでしょうかね。

「まとめ買い」なんてオプションもありますが、需要があるんだろうか?

楽天でもいくつか取り扱っているお店がありました。

【送料無料選択可!】ウフル / NEVERFEAR

【送料無料選択可!】ウフル / NEVERFEAR
価格:1,890円(税込、送料別)

あと今となっては超レアなオムニバスも。
収録アーティストが熱い!

【送料無料選択可!】JUNKYARD SOCIETY.2 / V.A.

【送料無料選択可!】JUNKYARD SOCIETY.2 / V.A.
価格:1,050円(税込、送料別)

  1. NEXT STAGE / CHOKE SLEEPER
  2. ウフル / NEVERFEAR
  3. マキシマム・ザ・21世紀 / マキシマム・ザ・ホルモン
  4. LUNA / KAMINARI
  5. between the sun and the ground / albatross
  6. 満月の夜 / 空手コンドル
  7. 2intentions / Drag-in
  8. TRAVELER / BAT&TWO BOWL
  9. SURFACE / SIDE LINE
  10. CAR-NATION / DOOR MAT
  11. DON'T GET IT / CUBIC
  12. WINGS OF INSANITY / CHANNEL GENERATION
  13. 非科学エナジー / S.P.A
  14. SUCK MY SOUL / EASTERN COOLMAN

[続きを読む......]

TDK プレミアム ワイヤレス ステレオ ヘッドフォン TH-WR700

2013/02/08 : Music Life
小型軽量送信ユニット、最大40時間の連続再生、最大10mの通信距離による、優れたポータビリティ。16bit/44kHzの音声データを劣化なく伝送する2.4GHz Kleerワイヤレステクノロジーを採用。ワイヤレスでありながらCDと同レベルの高音質を最大限に引き出します。さらに、音とびやズレも最小限に抑えられるので、その名のとおりクリアーなリアルサウンドをストレスなく楽しめます。

我が家はテレビのあるリビングに隣接した和室で家族全員寝るので、子供たちが寝ると大きな音で映画などを楽しめないという悩みが。

それまではDENONの安価なリスニング用ヘッドフォンを使っていたのですが、やはりいろいろ他のことをしながらテレビを観たりするのにはやや不便。

そこで購入したのがこちら。
本来モバイル用に開発されたものですが、その分軽くて電池の持ちも良いので、家庭内での利用も快適。

Wi-FiやBloetoothの干渉を受けにくいKleer(クリアー)ワイヤレステクノロジーという技術を採用しているとのことですが、確かに音質の劣化などは気になりません。

また、伝送範囲が約10mということで、家庭内での利用ではほぼ支障がないレベルです。
妻が子供を寝かしつけているあいだ、キッチンで洗い物をしながらテレビを観たい、というときにも便利。

最大4台のヘッドフォンを接続できるということなので、子供が寝た後に妻も一緒に映画を観る、なんて時にも良いかと思い、もう一台追加購入しようかどうか迷っているところです。

JVC HA-FXT90

2013/01/09 : Music Mobile

これまで通勤時の音楽用イヤホンとして


と使ってきて、通勤時に外部のノイズが多い環境で、読書などしながら音楽をBGMとして楽しむという点ではそれなりに満足してました。

しかしある日買い物ついでにBOSEのブースでイヤホンの試聴をしたらあまりの音質の違いに愕然としました。

それまではEP-830のややドンシャリなサウンドで満足していたのですが、やはり全体の解像度とか定位感、各音域の存在感などが全然違いました。

「音楽やってる人間が、薄っぺらいサウンドを毎日聴いていちゃダメだ!」

「でもイヤホンはある意味消耗品なので、小遣い制の自分にBOSSEは流石に予算オーバーだ...」

というわけでそこから「1万円前後」という価格帯の製品を鬼のようにリサーチし、たどり着いたのがこの製品。

製品情報サイトによるとこの製品の大きなウリは以下の二点。

■ 振動板を並列に配置する、業界初"ツインシステムユニット"
2つのドライバーを並列に配置し一体化したツインシステムユニットを採用。コンパクトながらスケール感あふれる低音域とクリアで豊かな中高音域再生を実現。
■ 中高音域の再生特性に優れた、業界初"カーボンナノチューブ振動板"を採用
先端素材として注目されているカーボンナノチューブを中高音域用振動板に採用し、クリアで伸びのあるサウンドを実現。

限定カラーの赤がかっこいい!と思ったのですが、すでに生産中止...。
しかし楽天で在庫のある店をみつけてゲット!

JVC HA-FTX90 LTD

肝心のサウンドですが、全音域の存在感と解像度の高さには大満足。
低音はずっしり、高音はうるさ過ぎないくらいシャキンと立ち上がってくれ、大変気持ち良いです。
ポップスからロック、そしてメタルまでいずれも楽曲の良さを引き出してくれる良い一品。

ケーブルのタッチノイズがやや気になりますが、通勤時に使うくらいであれば問題なし。
ランニングなどならひょっとしたら大きなデメリットになるかもしれないので、利用するシーンを選ぶかもしれません。

1万円前後でイヤホンを探している方にはお勧めです。

[続きを読む......]

Amazonこわい

2012/03/23 : Diary Music

楽天のポイントが溜まってきたからなんかCDでも買おうかな。
そういえばユニコーンの「Z」買ってなかったな。

楽天で検索。

当たり前だけどやっぱ定価だな。
Amazonならもう少し安いかな?

Amazonにアクセス

何気なくおすすめ商品をチェック。

あ、Michael Shenker Groupの再発版が安い!(495円)
これ昔テープにダビングしたやつが実家にあるけど、送料無料だし買っちゃおう。

(この商品を買った人はこんな商品も買っています)
なんかTestamentの最近のが安くなってるな、評価も良いしこれも買っちゃおう。

(よく一緒に購入されている商品)
あ、Lamb of Godのこれは持ってない。これも安くなってるのでついでに...

以下、数回繰り返す。

よし、これで注文の確定をクリック...と。

あれ?ユニコーン買ってなくない?
そもそも楽天ポイントも使ってない...

Amazonこわい...。

iSyncrとPowerAMPでAndroid端末を音楽プレイヤーに

2012/03/05 : Music Mobile

SC20120123-095702.png

iPhoneをしばらく使ってみて、スマートフォンと音楽プレイヤーが一緒だと荷物減るじゃん!と当たり前のことに気がついて、Galaxy SIIを音楽プレイヤー化することに。

まずはmicroSDHCカードを購入。
音楽沢山入れておきたいので、32GBをチョイス。

そしてあとは音楽ファイルをコピーするのですが、長年iPodを使っていたので、iTunesのライブラリと同期できると便利だなー、と思っていろいろ探していたら、iSyncrというアプリを発見。

無料版(Lite)もありますが、一度に20曲しか同期できないため、一気に数千曲を同期したい自分としては迷わず有料版を購入。

[続きを読む......]

Creative EP-830

2012/02/08 : Music
Creative インナーイヤー型イヤホン EP-830 EP-830-BK
クリエイティブ・メディア (2008-03-21)

これまで愛用していたCreative EP-630が断線!
耐久性はやっぱり値段とイコールだったかー、とすっぱりあきらめ、iPod付属のイヤホンをやむを得ず使用することに。

でもやっぱりこのiPodイヤホンダメでしたー。
モコモコしてて安っぽいラジカセみたいな音はどうも音楽聴いていて楽しくないです。

というわけで新しいイヤホンを物色。
前回のEP-630はかなりコストパフォーマンスが良く、音質もややドンシャリ気味でアタック強めながらも、自分が好んで聴くヘヴィメタル/ハードロック系の音楽にはマッチしていて良かったです。

で、もう一回EP-630を購入しても良かったのですが、せっかくなので他のイヤホンにしてみたいなー、ということで上位機種であるEP-830を選択。

というわけでレビュー。
購入後約3週間、通勤に使用していた際の感想です。

【満足した点】

  • P-630に比べ、音質がフラット。中域がしっかりと出てきてくれます。
  • 低音も芯のある音がしっかり出てます。
  • 音質のクセはEP-630に近い感じですが、それより優等生な感じ。
  • 遮音性が高いです。

【改善してほしい点】
  • LRが分かりにくいです。内側に黒素材に黒でLRの表示があるので、装着の度に確認が必要です。
  • 遮音性が高いので、電車とかだと乗り過ごしそうなこともしばしば。

ということで、このクラスのイヤホンとしてはEP-830はコストパフォーマンスも高く、大変満足です。

安くて良いイヤホンを探している人には、EP-630同様オススメできる製品です。

[続きを読む......]

Sony Ericsson MW600

2012/01/26 : Music Mobile

普段の荷物を減らすため、MP3プレイヤーをiPodからスマートフォンに切り替えました。

しかしスマートフォンを操作する際、イヤホンケーブルが邪魔!というわけでBluetoothヘッドホンを試してみることに。

実際これがかなり快適!
このソニエリ製のMW600、1年以上前に発売された製品で、iPadで一回試してみたことがあるのですが、移動中はiPodで音楽を聴くことが多かったのでそれ以降あまり使っていなかったのですが、音楽プレイヤーとしてスマートフォンを活用するようになったらかなり便利です。

イヤホンケーブルと端末が繋がっていたいため、電車の乗り換えの時に端末本体をポケットやカバンにしまう時もケーブルの取り回しが煩雑にならず、かつケーブルがあちこちにひっかかったりしないので断線防止にもなります。

あとMW600はFMチューナーも内蔵しているため、ふとラジオを聞きたくなったときや、スマホのバッテリー残量があまりないときにFMラジオを楽しむことが出来ます。

AVRCP 1.3に対応している機器の場合はディスプレイに曲名も出るのが嬉しいところ。
ただGalaxy S2は端末自体は対応しているものの、プレイヤーアプリとして使っているPowerAMPで再生したときは表示されなかったのがちょっと残念でした。

自分はスマートフォンで電話をすることはあまりないので、音楽鑑賞のためのお気に入りのイヤホンを差し込んで使用していますが、付属のヘッドセットを使用すればこれで電話もそのままできます。

バッテリも音楽再生時7時間となかなかもち、USB充電対応、音質劣化も殆どなし、と優秀な機器。

音量調節のスライドバーだけはなかなか慣れませんが、スマホ側のボリュームボタンで調整するのには特に不便を感じていないので、今のところ問題なしです。


iPhoneなどのスマートフォンで音楽を聴いていて、イヤホン&ヘッドホンケーブルが邪魔だなー、と思っている方にはお勧めの一品です。

[続きを読む......]

なわけで、それがし打首獄門同好会ですよろしくダカダダンジャーン / 打首獄門同好会

2011/02/10 : Music

最近ヘビロテの「生活密着型ラウドロックバンド」、打首獄門同好会のニューアルバム!
大げさではなく、本当に毎日聴いています。

どんなバンドなのかまずはこちらのPVをご覧ください。

このPV、なんとバンドの中心人物である大澤会長が一人でコツコツと作っているもの。
それにしてはクオリティが高い!

ちなみに字幕の使い方はあの「水曜どうでしょう」の影響が色濃く見えるなー、と思ったら本人が「影響を受けたアーティストは水曜どうでしょう」と公言していました。


そしてこのアルバムからのPV。
おじいちゃんと孫たちが良い味出してます。

System of A Downが好き、って言うだけあって、ヘヴィネスをベースにいろんな要素を詰め込みながら、無茶かつドラマティックな曲展開を見せるあたりがたまりません。
更にそこに「生活密着型」なゆるーい歌詞が乗るので、いつの間にか頭にこびりついて、気がつくと口ずさんでいます。
うーん、このセンスは凄い!
ありそうでなかったタイプのバンドです。

アレンジの引き出しも多く、アルバム通して聴いても似てる曲が無く、飽きることがありません。
デス声と甲高い叫び声を使い分ける大澤会長と、女性リズム隊の声のバランスもいいです。


「庶民派爆弾さん」というベストアルバムに収録されている「デリシャスティック」のPVも秀逸!
これも大澤会長の手によるものです。


またマリカンと対バンしたいです。

[続きを読む......]

ALL /  1 /  2 /  3 /  4 /  5 

rakuten