TOP » Blog » Music

ALL /  1 /  2 /  3 /  4 /  5 

予約受付中:【道場破り】コンピレーションアルバム 2016/1/18 発売

2016/12/15 : Information Music

コンピレーションアルバム「道場破り」ですが、各ショップでの予約開始しています!

道場破り
道場破り
posted with amazlet at 16.12.14
VA (オムニバス)
Hooky Records (2017-01-18)

全7アーティストによる最新曲+本作品限定のMellow Monk Connectionによる激レアRemixの計14曲を収録した超豪華コンピレーション・アルバム! 日本武道館のワンマンを成功させたex.SOUL'd OUTのBro.Hi氏率いる『E.P.O』、 90年代を一世風靡し、つい先日幕張メッセにて開催された【VISUAL JAPAN SUMMIT 2016】では、X JAPAN、GLAY、LUNA SEA等と 共にメインステージで復活したBY-SEXUALのNAO氏率いる『FOOD』、ex.CULT OF PERSONARITY、ex.SMORGAS、 ex.GQ06、ex.熊猫(xiongmao)など、実績・経歴の豊富で知名度の高いアーティストが多く参加!
  1. あの雲の向こう / 空手コンドル
  2. do NOT / noTOKYO
  3. More Than No Future / FOOD
  4. VIP / E.P.O
  5. In Da Party / Crown GanXta Family
  6. 霧の顔 / lifes
  7. 君に、胸キュン / TAPE ME WONDER
  8. HUMANOIZE PARADISE(flat5 mix) / E.P.O
  9. バーチャリアル(DuB 4 VR mix) / lifes
  10. HAPPINESS(Day Tripper's mix) / TAPE ME WONDER
  11. Platinum Summer(Luv You Summer mix) / Crown GanXta Family
  12. n.o.(Paint It Matte mix) / noTOKYO
  13. Killing Time(mellow climate mix) / FOOD
  14. テリトリー(Ode to JAZZ mix) / 空手コンドル
  • DISK UNION
    ユニオンでは購入特典として、空手コンドルのステッカーがついてきます!
  • Tower Records

  • HMV
    HMV新宿ルミネエスト店では、以下のとおり空手コンドルのサンプルCDをプロモーション用に配布してくれています!



是非確実にゲットできるよう、上記ショップでの予約をお願い致します!


[続きを読む......]

パナソニック CDステレオシステム SC-PMX100-S

2016/05/07 : Music

リビングでの音楽鑑賞用に、長らくDENON製のCD/MDコンポを使用していたのですが、CDが段々聴けなくなって来たので、買い替えを検討することに。

買い換える際のポイントとしては、Amazonプライム会員なら100万曲以上が聴き放題のAmazon Prime Musicを活用できるためのBluetooth対応と、メディアサーバとして運用しているNAS内の音楽ファイルを再生できるためのDLNA対応をしていること。

で、あとは置き場所とか色々考えた結果の製品がこちら。

音質はこのサイズとしては中々解像度が高く良い感じ。あまり大きな音が出せない集合住宅のリビングでの音楽鑑賞であればこれで全然問題ないレベル。

設定もマニュアル通りに行えば問題ありませんでした。

我が家のリビングでは方向的にAM/FMともにラジオの電波が入りにくい環境なのですが、インターネットラジオをPCやタブレット、スマホからBluetoothやUSB経由で再生できるので、ラジオが聴けなかった問題も解決。

大分使用頻度が落ちてきた自分のiPad miniをAmazon Prime Music用のコントローラーとして使用しております。

ウリのひとつであるハイレゾ対応はまだ試していませんが、とりあえず現状はこの製品で満足です。

JVC FXT200LTD

2016/03/08 : Music Mobile

通勤時の音楽鑑賞は2012年に書いた


の記事からずっと使っているPowerAMPというアプリを使っており、イヤホンはこの1年半くらいはBose IE2 audio headphonesを使っていました。

そんな中Amazonプライムミュージックサービスがスタートしたので、Amazon Musicアプリも使うようになってきたのですが、このAmazonのアプリはイコライザーやトーンコントロールがないので、これまでPowerAMPで色々自分が気持ち良い感じの音質に調整してきたのが何だか物足りない感じに。

そんな中、低音に定評のある以下のイヤホンがAmazonのプライムセール(だったかな?)でお安くなっていたのでゲット。

おぉ、これはなかなか!

PowerAMPで低音をグっと持ち上げた時と同じくらいの低音が、EQの効かないAmazon Musicアプリで再生した音源でも出るようになり、迫力を増しました。

こうなると次はポータブルヘッドホンアンプが欲しくなってきますね...。

物欲は天井知らず。

現在のエフェクターボード構成

2015/01/28 : Music

再来週、いよいよ新生空手コンドル御披露目!と言うわけで仕上げています。
足元(エフェクター)は試行錯誤の結果こんな感じ。

Line6 Relay G30(ワイヤレス受信機)

Peterson Strobo Stomp 2(チューナー)

Digitech Whammy

MXR microamp(プリアンプ/ブースター)

BOSS NS-2(ノイズサプレッサー)

アンプ

そしてアンプのエフェクトセンドから

MXR EVH Phase90(フェイザー)

BOSS BF-2(フランジャー)

BOSS CE-5(コーラス)

BOSS DD-3(ディレイ)

アンプのエフェクトリターン。

という感じです。

アンプでうまく歪まない時は、バックアップ用に持っているDS-2をアンプの位置に挿入します。

これまでブースターとしてMXR MC-401を使用していましたが、MXR microampが中古で安かったので、試しに使ってみているところ。
MC-401とは違うキャラクターで、今のところ良い感じです。

また空間系はLine 6 MM4を使用していましたが、コンパクトエフェクターにした方がノイズが少なく、また音質劣化も少ないと感じたので、昨年からコンパクトエフェクターに切り替えました。
MM4購入前に使っていたBF-2とCE-5を引っ張り出した上、エディヴァンヘイレンモデルのPhase90を買い足しました。
Phase90のかかり具合が気持ち良いです。

電源はNOAH'sARK AC/DC-1。安定した電源供給で安心してプレイできます。

---

尚、エフェクターの固定にはこちらを使用してます。

強力でしっかり固定してくれるのでプレイ中もブレません。

[続きを読む......]

空手コンドル 過去音源公開中

2015/01/22 : Information Music

空手コンドルの過去音源をSound Cloudにて公開中です。

道場破り2015の前に是非予習して、ライブをより楽しんで頂ければと思います!
MP3ダウンロードも可能なので、お好きな環境でお楽しみください。

Line6 RELAY G30を購入

2015/01/19 : Music

これまでギターのワイヤレスとしてSANSON Airlineを使用していましたが、アナログならではのちょっとした音質劣化がちょっと気になっていたので、ブースターをかませたりして音を持ち上げたりしていました。
で、空手コンドルはじめるにあたり、やっぱり音の入り口たる部分はもう少し音質強化をしたいな、と検討した結果デジタルワイヤレスに手を出してみようかと。

ということで購入したのが、アンプシュミレータのPODシリーズをはじめ、デジタル技術を駆使した高品質な製品で有名なLine6社のワイヤレスシリーズ。


あのビリー・シーンがG50を使っているというのを何かの記事で見かけたのでG50にしようかと思ったのですが、予算の都合でその下位モデルであるG30に。

サウンド的にはシールド使っているときとほぼ変わらないくらいのクオリティ。
Airlineよりはかさばりますが、特に問題ありません。
これからステージで使ってどれだけ違いがあるか楽しみです。

トランスミッター(送信機)がクリップでストラップに固定するタイプなのですが、ステージでは結構動き回るのでうっかり外れたらイヤだな、というわけでホルダーを別途購入。

しっかり固定できて良い感じでした。

しばらく使用してみたらちゃんとした機材レビュー書きたいと思います。

[続きを読む......]

Bose IE2 audio headphones

2014/08/05 : Music

ふとしたことから頂いたイヤホン。
試しに使ってみたら、それまで使っていたJVC HA-FXT90とはまた違ったテイスト。
数ヶ月使ってますが、今のところお気に入りです。

独自のイヤーチップによる快適な装着感。
開放型ならではの包み込まれるようなサウンド。

変なクセはなく、外出先でも音源の良さを引き出してくれるような感じがします。
流石のBOSE!(ブランドに騙されるタイプ)

ただ開放型の特徴として、遮音性はいまいち。
しかし外出時に完全に遮音されると危ない、と常々思っているため、ある程度外の音が聞こえる状態になっているのはSONY MDR-EX90SLの時と同じく、逆にありがたいところ。

キャリーケースもしっかりしていて持ち運びも安心です。

[続きを読む......]

メタリカ・スルー・ザ・ネヴァー

2014/04/10 : Movie Music
【メタリカの激レアLIVE】と【ド迫力のアクション映画】が完全融合!
極限興奮×2! 未体験の革命的ライブ・アクション・エンタテインメント! !

---

尚、このBD/DVDの発売記念イベントがあり、ひょんなことから行ってきました。

最初にメタル芸人のダイノジが挨拶し、ちょっとしたトークの後"Master of Puppets"に合わせてエアギターのパフォーマンス。
久々にエアギターを生で観ましたが、面白かったです。

---

肝心の内容はというと

「メタリカかっこいい!」

「ストーリー意味わかんない!」

この2点に尽きます(笑)。


メタリカの初期(ブラックアルバム以前)の名曲が中心であるため、30代後半メタラーとしては胸が熱くなりっぱなし。

あり得ない演出がバンバン飛び出す中、どアップ&ど迫力の3D映像で名曲を次々と演奏するメタリカ。
いやー、たまらなかったです。

ややネタバレになりますが、最後の"Hit The Lights"を演奏するシチュエーションは、名実ともにビッグスターとなったメタリカの原点に戻った姿が見られてとても良かったです。
30台ものカメラで様々な角度から、プレイしている時の様子が細かく観られるのはメタリカファンには垂涎モノ。

というわけでこんな方には自信をもってオススメ出来ます。

  • 大画面の再生環境がある
  • ホームシアターがある
  • メタリカ大好き


---

イベント最後のくじ引きでキャップ当たりました!

---

[続きを読む......]

ザ・コミットメンツ

2014/02/25 : Movie Music
ザ・コミットメンツ [DVD]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2002-11-08)

ロディ・ドイルの原作を基に、アイルランドの首都、ダブリンを舞台に、素人のソウル・バンド"ザ・コミットメンツに集まった若者たちの青春像を描いたドラマ。友人と共に本格的なソウル・バンドの結成を夢見たジミーは、新聞に広告を載せ仲間を集う。しかし、集まってきたのは期待外れの奴ばかりで......。

貧困層から抜け出しスターになるため、ソウルバンドを結成して一旗揚げよう!という若者たちの物語。

「アイルランド人は白人の中の黒人だ」という一言に、その原動力が込められているような気がします。


ソウルという音楽ながらも、「バンドあるある」が随所に散りばめられていてニヤニヤしながらも、素人バンドを取り巻く環境の東京とダブリンの違いも楽しめたりして、バンドやったことある人はとても楽しめるんじゃないかなと思います。

音楽も映画も楽しめる良い一本。


劇中で使用された曲もサントラになってます。名曲揃い!


ソロ音源のMP3公開

2013/07/12 : Information Music

O.K.Z. (Solo Works) のページで公開しているソロ名義の音源のMP3を全てダウンロード出来る様にしました。

今までは2曲のみ公開していて、あとはMySpaceで聴けるようにしていたのですが、MySpace自体ほったらかしになってきたのでこのサイトに情報を集約しておこうというのがその理由です。

現在公開しているのは以下の5曲。

ひとりメタル

ひとりメタル
  1. Hitori Metal (MP3 : 3.4MB)
  2. Listen Or Die (MP3 : 4.3MB)
  3. ステキなフライデー (MP3 : 3.8MB)
  4. O!K!Z! (MP3 : 1.1MB)

ついコン ~What are you doing?~


ひとりメタルは2005年の、ついコンは2008年の音源ですが、それぞれ自分の好きなことを詰め込んでいるので、今でも結構楽しんで聴けます。

もともとソロ音源はNEVERFEAR脱退したタイミングで原点回帰と宅録の練習の意味で始めたことでしたが、これ以降は再開したバンド&ライブ活動の方が楽しくてほとんどやっていない状況に。しかし機材もアイデアも揃っているので、またタイミングをみて再開したいと思います。

R.I.P. Jeff Hanneman (SLAYER)

2013/05/08 : Music

SLAYERのジェフ・ハンネマンが先週肝不全で亡くなったとのこと。

OUR BROTHER JEFF HANNEMAN, MAY HE REST IN PEACE (1964 - 2013)
Slayer is devastated to inform that their bandmate and brother, Jeff Hanneman, passed away at about 11AM this morning near his Southern California home. Hanneman was in an area hospital when he suffered liver failure. He is survived by his wife Kathy, his sister Kathy and his brothers Michael and Larry, and will be sorely missed.


2006年のLOUD PARKで観たのが最初で最後でした。
スラッシュメタルの帝王の雄姿をこの目に焼き付けられたことを忘れないようにしていきたいと思います。

メタル史上に残るSLAYERの代表曲も、ジェフの作曲によるものが多いです。


Angel of Death

Raining Blood

[続きを読む......]

Malignant Co. ハイビジョンライブ動画

2013/04/17 : Information Music Live

先日のライブの動画です!

ORGASMのウリである複数カメラによるフルハイビジョン動画撮影で作成された動画ですので臨場感もバッチリだと思います。
ライブ会場に来られた方も来られなかった方も是非ご覧ください。


Malignant Co. 「おっぱいが2倍」


Malignant Co. 「モテ洪水」


歌詞はこちら

HMV Online

2013/03/11 : Topic Music

昔やってたバンドのCDがHMV Onlineで購入できる状態でした。

印税契約的なものがないので、購入されても自分には一円も入りませんが、興味のある方はチェックをどうぞ。
「LEVEL-2」は自分も新品の在庫持っていないので、ちょっと欲しいところ。

LEVEL-2」はまだレーベルがあるものの、「ウフル」はレーベルがないけど在庫がまだあるから販売されているんでしょうかね。

「まとめ買い」なんてオプションもありますが、需要があるんだろうか?

楽天でもいくつか取り扱っているお店がありました。

【送料無料選択可!】ウフル / NEVERFEAR

【送料無料選択可!】ウフル / NEVERFEAR
価格:1,890円(税込、送料別)

あと今となっては超レアなオムニバスも。
収録アーティストが熱い!

【送料無料選択可!】JUNKYARD SOCIETY.2 / V.A.

【送料無料選択可!】JUNKYARD SOCIETY.2 / V.A.
価格:1,050円(税込、送料別)

  1. NEXT STAGE / CHOKE SLEEPER
  2. ウフル / NEVERFEAR
  3. マキシマム・ザ・21世紀 / マキシマム・ザ・ホルモン
  4. LUNA / KAMINARI
  5. between the sun and the ground / albatross
  6. 満月の夜 / 空手コンドル
  7. 2intentions / Drag-in
  8. TRAVELER / BAT&TWO BOWL
  9. SURFACE / SIDE LINE
  10. CAR-NATION / DOOR MAT
  11. DON'T GET IT / CUBIC
  12. WINGS OF INSANITY / CHANNEL GENERATION
  13. 非科学エナジー / S.P.A
  14. SUCK MY SOUL / EASTERN COOLMAN

[続きを読む......]

TDK プレミアム ワイヤレス ステレオ ヘッドフォン TH-WR700

2013/02/08 : Music Life
小型軽量送信ユニット、最大40時間の連続再生、最大10mの通信距離による、優れたポータビリティ。16bit/44kHzの音声データを劣化なく伝送する2.4GHz Kleerワイヤレステクノロジーを採用。ワイヤレスでありながらCDと同レベルの高音質を最大限に引き出します。さらに、音とびやズレも最小限に抑えられるので、その名のとおりクリアーなリアルサウンドをストレスなく楽しめます。

我が家はテレビのあるリビングに隣接した和室で家族全員寝るので、子供たちが寝ると大きな音で映画などを楽しめないという悩みが。

それまではDENONの安価なリスニング用ヘッドフォンを使っていたのですが、やはりいろいろ他のことをしながらテレビを観たりするのにはやや不便。

そこで購入したのがこちら。
本来モバイル用に開発されたものですが、その分軽くて電池の持ちも良いので、家庭内での利用も快適。

Wi-FiやBloetoothの干渉を受けにくいKleer(クリアー)ワイヤレステクノロジーという技術を採用しているとのことですが、確かに音質の劣化などは気になりません。

また、伝送範囲が約10mということで、家庭内での利用ではほぼ支障がないレベルです。
妻が子供を寝かしつけているあいだ、キッチンで洗い物をしながらテレビを観たい、というときにも便利。

最大4台のヘッドフォンを接続できるということなので、子供が寝た後に妻も一緒に映画を観る、なんて時にも良いかと思い、もう一台追加購入しようかどうか迷っているところです。

JVC HA-FXT90

2013/01/09 : Music Mobile

これまで通勤時の音楽用イヤホンとして


と使ってきて、通勤時に外部のノイズが多い環境で、読書などしながら音楽をBGMとして楽しむという点ではそれなりに満足してました。

しかしある日買い物ついでにBOSEのブースでイヤホンの試聴をしたらあまりの音質の違いに愕然としました。

それまではEP-830のややドンシャリなサウンドで満足していたのですが、やはり全体の解像度とか定位感、各音域の存在感などが全然違いました。

「音楽やってる人間が、薄っぺらいサウンドを毎日聴いていちゃダメだ!」

「でもイヤホンはある意味消耗品なので、小遣い制の自分にBOSSEは流石に予算オーバーだ...」

というわけでそこから「1万円前後」という価格帯の製品を鬼のようにリサーチし、たどり着いたのがこの製品。

製品情報サイトによるとこの製品の大きなウリは以下の二点。

■ 振動板を並列に配置する、業界初"ツインシステムユニット"
2つのドライバーを並列に配置し一体化したツインシステムユニットを採用。コンパクトながらスケール感あふれる低音域とクリアで豊かな中高音域再生を実現。
■ 中高音域の再生特性に優れた、業界初"カーボンナノチューブ振動板"を採用
先端素材として注目されているカーボンナノチューブを中高音域用振動板に採用し、クリアで伸びのあるサウンドを実現。

限定カラーの赤がかっこいい!と思ったのですが、すでに生産中止...。
しかし楽天で在庫のある店をみつけてゲット!

JVC HA-FTX90 LTD

肝心のサウンドですが、全音域の存在感と解像度の高さには大満足。
低音はずっしり、高音はうるさ過ぎないくらいシャキンと立ち上がってくれ、大変気持ち良いです。
ポップスからロック、そしてメタルまでいずれも楽曲の良さを引き出してくれる良い一品。

ケーブルのタッチノイズがやや気になりますが、通勤時に使うくらいであれば問題なし。
ランニングなどならひょっとしたら大きなデメリットになるかもしれないので、利用するシーンを選ぶかもしれません。

1万円前後でイヤホンを探している方にはお勧めです。

[続きを読む......]

Amazonこわい

2012/03/23 : Diary Music

楽天のポイントが溜まってきたからなんかCDでも買おうかな。
そういえばユニコーンの「Z」買ってなかったな。

楽天で検索。

当たり前だけどやっぱ定価だな。
Amazonならもう少し安いかな?

Amazonにアクセス

何気なくおすすめ商品をチェック。

あ、Michael Shenker Groupの再発版が安い!(495円)
これ昔テープにダビングしたやつが実家にあるけど、送料無料だし買っちゃおう。

(この商品を買った人はこんな商品も買っています)
なんかTestamentの最近のが安くなってるな、評価も良いしこれも買っちゃおう。

(よく一緒に購入されている商品)
あ、Lamb of Godのこれは持ってない。これも安くなってるのでついでに...

以下、数回繰り返す。

よし、これで注文の確定をクリック...と。

あれ?ユニコーン買ってなくない?
そもそも楽天ポイントも使ってない...

Amazonこわい...。

iSyncrとPowerAMPでAndroid端末を音楽プレイヤーに

2012/03/05 : Music Mobile

SC20120123-095702.png

iPhoneをしばらく使ってみて、スマートフォンと音楽プレイヤーが一緒だと荷物減るじゃん!と当たり前のことに気がついて、Galaxy SIIを音楽プレイヤー化することに。

まずはmicroSDHCカードを購入。
音楽沢山入れておきたいので、32GBをチョイス。

そしてあとは音楽ファイルをコピーするのですが、長年iPodを使っていたので、iTunesのライブラリと同期できると便利だなー、と思っていろいろ探していたら、iSyncrというアプリを発見。

無料版(Lite)もありますが、一度に20曲しか同期できないため、一気に数千曲を同期したい自分としては迷わず有料版を購入。

[続きを読む......]

Creative EP-830

2012/02/08 : Music
Creative インナーイヤー型イヤホン EP-830 EP-830-BK
クリエイティブ・メディア (2008-03-21)

これまで愛用していたCreative EP-630が断線!
耐久性はやっぱり値段とイコールだったかー、とすっぱりあきらめ、iPod付属のイヤホンをやむを得ず使用することに。

でもやっぱりこのiPodイヤホンダメでしたー。
モコモコしてて安っぽいラジカセみたいな音はどうも音楽聴いていて楽しくないです。

というわけで新しいイヤホンを物色。
前回のEP-630はかなりコストパフォーマンスが良く、音質もややドンシャリ気味でアタック強めながらも、自分が好んで聴くヘヴィメタル/ハードロック系の音楽にはマッチしていて良かったです。

で、もう一回EP-630を購入しても良かったのですが、せっかくなので他のイヤホンにしてみたいなー、ということで上位機種であるEP-830を選択。

というわけでレビュー。
購入後約3週間、通勤に使用していた際の感想です。

【満足した点】

  • P-630に比べ、音質がフラット。中域がしっかりと出てきてくれます。
  • 低音も芯のある音がしっかり出てます。
  • 音質のクセはEP-630に近い感じですが、それより優等生な感じ。
  • 遮音性が高いです。

【改善してほしい点】
  • LRが分かりにくいです。内側に黒素材に黒でLRの表示があるので、装着の度に確認が必要です。
  • 遮音性が高いので、電車とかだと乗り過ごしそうなこともしばしば。

ということで、このクラスのイヤホンとしてはEP-830はコストパフォーマンスも高く、大変満足です。

安くて良いイヤホンを探している人には、EP-630同様オススメできる製品です。

[続きを読む......]

Sony Ericsson MW600

2012/01/26 : Music Mobile

普段の荷物を減らすため、MP3プレイヤーをiPodからスマートフォンに切り替えました。

しかしスマートフォンを操作する際、イヤホンケーブルが邪魔!というわけでBluetoothヘッドホンを試してみることに。

実際これがかなり快適!
このソニエリ製のMW600、1年以上前に発売された製品で、iPadで一回試してみたことがあるのですが、移動中はiPodで音楽を聴くことが多かったのでそれ以降あまり使っていなかったのですが、音楽プレイヤーとしてスマートフォンを活用するようになったらかなり便利です。

イヤホンケーブルと端末が繋がっていたいため、電車の乗り換えの時に端末本体をポケットやカバンにしまう時もケーブルの取り回しが煩雑にならず、かつケーブルがあちこちにひっかかったりしないので断線防止にもなります。

あとMW600はFMチューナーも内蔵しているため、ふとラジオを聞きたくなったときや、スマホのバッテリー残量があまりないときにFMラジオを楽しむことが出来ます。

AVRCP 1.3に対応している機器の場合はディスプレイに曲名も出るのが嬉しいところ。
ただGalaxy S2は端末自体は対応しているものの、プレイヤーアプリとして使っているPowerAMPで再生したときは表示されなかったのがちょっと残念でした。

自分はスマートフォンで電話をすることはあまりないので、音楽鑑賞のためのお気に入りのイヤホンを差し込んで使用していますが、付属のヘッドセットを使用すればこれで電話もそのままできます。

バッテリも音楽再生時7時間となかなかもち、USB充電対応、音質劣化も殆どなし、と優秀な機器。

音量調節のスライドバーだけはなかなか慣れませんが、スマホ側のボリュームボタンで調整するのには特に不便を感じていないので、今のところ問題なしです。


iPhoneなどのスマートフォンで音楽を聴いていて、イヤホン&ヘッドホンケーブルが邪魔だなー、と思っている方にはお勧めの一品です。

[続きを読む......]

なわけで、それがし打首獄門同好会ですよろしくダカダダンジャーン / 打首獄門同好会

2011/02/10 : Music

最近ヘビロテの「生活密着型ラウドロックバンド」、打首獄門同好会のニューアルバム!
大げさではなく、本当に毎日聴いています。

どんなバンドなのかまずはこちらのPVをご覧ください。

このPV、なんとバンドの中心人物である大澤会長が一人でコツコツと作っているもの。
それにしてはクオリティが高い!

ちなみに字幕の使い方はあの「水曜どうでしょう」の影響が色濃く見えるなー、と思ったら本人が「影響を受けたアーティストは水曜どうでしょう」と公言していました。


そしてこのアルバムからのPV。
おじいちゃんと孫たちが良い味出してます。

System of A Downが好き、って言うだけあって、ヘヴィネスをベースにいろんな要素を詰め込みながら、無茶かつドラマティックな曲展開を見せるあたりがたまりません。
更にそこに「生活密着型」なゆるーい歌詞が乗るので、いつの間にか頭にこびりついて、気がつくと口ずさんでいます。
うーん、このセンスは凄い!
ありそうでなかったタイプのバンドです。

アレンジの引き出しも多く、アルバム通して聴いても似てる曲が無く、飽きることがありません。
デス声と甲高い叫び声を使い分ける大澤会長と、女性リズム隊の声のバランスもいいです。


「庶民派爆弾さん」というベストアルバムに収録されている「デリシャスティック」のPVも秀逸!
これも大澤会長の手によるものです。


またマリカンと対バンしたいです。

[続きを読む......]

Creative EP-630

2010/06/03 : Music

■Creative EP-630 earphones - いろんなミュージックソースを迫力の高品位サウンドで再生するインナーイヤー型イヤフォン

SONY MDR-EX90SLが購入後2年位して断線し、修理と新品購入がさほど値段が変わらなかったので再度新品購入して使っていたのですが、先日その2代目も断線。

所詮イヤホンは消耗品なのかと割り切り、それならば今度はちょっと安価なものを・・・と探していた際に、このEP-630をレビューサイトで発見し、購入。

MDR-EX90SLに比べると音の解像度は若干落ちるというか、モニター的なフラットな再現性はないものの、この値段でこの低音が出るのか!と驚くくらいの低音の主張と、気持ちの良いドンシャリ風のサウンドが楽しめます。
2,000円ちょいでこの音質が手に入るというのはなかなか驚くべきコストパフォーマンスかと。

主にメタルやハードロックを聴くことが多い自分にとって、リスニング用としてはなかなか満足の一品となりました。

[続きを読む......]

友だちを殺してまで。 / 神聖かまってちゃん

2010/06/03 : Music
友だちを殺してまで。
神聖かまってちゃん
バウンディ (2010-03-10)

■神聖かまってちゃん

普段自分の好きなバンド以外へのアンテナはあまり張っておらず、新しいバンドが話題になりはじめると、そのブームのピークのちょっと後くらいでようやくそのバンドに気づく、というのが自分のパターンなのですが、このバンドもそんな感じで気がついたひとつ。

Twitterで自分がフォローしている人たちが「神聖かまってちゃん」というバンドについて言及することが多いのに気がつき、YouTubeでチェックしたPV"23才の夏休み"を観て衝撃を受けたのが出会い。

その後この音源を購入、"23才の夏休み"と"ロックンロールは鳴り止まないっ"をほぼ毎日ヘヴィローテーションして、そのなんともいえない危ういサウンドにハマっていました。

このバンドを語るにあたって、2010年のパンクだとか、非リア充の逆襲だとか、いろいろ言われてますが、過去に伝説になったバンドはみなこのような危うさを持っていたのではないかと。
そしてその危うさと、そのバンドを取り巻く状況の変化にリアルタイムに触れられることで、今はとても貴重な体験をしているのだと思います。

ロックとは、パンクとは、などという議論をするには格好の材料となりそうな神聖かまってちゃんですが、今はこの今しか味わえないかもしれない、このバンドの魅力のひとつである、バンドとして未完成だからこそ発せられる独特の危うさと、その楽曲にこめられた底知れない鬱屈したエネルギーに触れられることを楽しみたいと思います。

メジャーデビューが決まったらしいですが、今後それがどのように影響するのかも気になるところ。

Believe / Orianthi

2010/03/19 : Music
ビリーヴ(初回限定盤)ビリーヴ(初回限定盤)
10%OFF(約100円引き)で→ 1,782円

ここ1~2ヶ月ハマってヘヴィーローテーションの1枚。THIS IS ITで一躍脚光を浴びた女性ギタリスト、オリアンティのソロアルバムです。

インストとかの多いギターアルバムかと思いきや、シングルカットされた"According to You(YouTube)"をはじめ、80年代を髣髴とさせるUSハードロックど真ん中という歌に重点を置いた楽曲が多く、最初は「ギターだけじゃなく、こんなに歌える人なんだ!」と驚きました。

BON JOVI、Alice Cooperなどで知られるUSハードロック界の名プロデューサーデズモンド・チャイルドが参加していることもあり、誤解を恐れずに言うと「コマーシャル」な楽曲が多いですが、そんな楽曲の要所要所ではギタリスト魂を発揮して弾きまくってます。
PRSユーザということもあり、彼女の敬愛するサンタナを連想させるトーンとスティーヴ・ヴァイやエディ・ヴァン・ヘイレン的なテクニックを融合させたそのギターは、流石、「12人の偉大な女性エレキギタリスト」に名前を連ねるだけのことはあるなー、と納得。

またスティーヴ・ヴァイがゲスト参加して二人でギターを弾きまくる"Highly Strung(YouTube)"もギタリストにとっては一聴の価値アリの佳曲です。

ガールズ・ロック、USハードロック、そしてギターロックが好きな人なら楽しめる1枚かと。

YouTubeのOfficialOrianthiチャネルでは公式のPVなどが閲覧できます。

[続きを読む......]

デトロイト・メタル・シティ

2010/02/22 : Movie Music
デトロイト・メタル・シティ スペシャル・エディション [DVD]デトロイト・メタル・シティ スペシャル・エディション [DVD]
28%OFF(約1,900円引き)で→ 5,120円
デトロイト・メタル・シティ スタンダード・エディション [DVD]デトロイト・メタル・シティ スタンダード・エディション [DVD]
21%OFF(約800円引き)で→ 3,124円
お洒落な渋谷系ポップソングミュージシャンを夢見て上京した心優しき青年・根岸崇一は、なぜかデスメタルバンドのギターボーカル、ヨハネ・クラウザー2世として活動することになり…。

ヤングアニマルで連載中のデスメタルギャグ漫画の映画化作品。

映画化に当たって特筆すべきは、根岸とクラウザーさんの2面性を見事演じた主演の松山ケンイチでしょう。渋谷系に憧れる気持ち悪い青年と、デスメタルのカリスマという対極にある2つのキャラクターを、漫画原作の雰囲気を壊すことなく見事3次元の世界に体現した様は見事という他ありません。

四文字言葉などを連発するデスレコード社長を演じる松雪泰子も最高。
そして何よりこの作品のタイトルの元ネタとなった名曲"Detroit Rock City"で知られるKISSジーン・シモンズがメタルの帝王として出演していることがHr/HMファンとしてはたまりません。

映画本編は原作を踏襲しつつも、自分を探して苦悩する根岸が原作よりもちょっとセンチメンタルかつシリアスに描かれており、ある種青春映画のようなまとめ方をされているのですが、DMCという最高の素材を壊すことなく見事に一本のエンターテインメント作品として作り上げられています。

メタル好きなら必見!というわけではないのですが、メタルという音楽の極端なパロディから生まれたDMCというバンドとクラウザーさんというキャラクターが実写で動く様だけでも観ておくべきかと。


冠徹弥カジヒデキ、K DUB SHINEなどによる主題歌&挿入歌も一聴の価値あり。

[続きを読む......]

THIS IS IT

2010/02/08 : Movie Music
マイケル・ジャクソン THIS IS IT デラックス・コレクターズ・エディション(2枚組) [DVD]マイケル・ジャクソン THIS IS IT デラックス・コレクターズ・エディション(2枚組) [DVD]
29%OFF(約1,100円引き)で→ 2,804円
最期のコンサート”THIS IS IT”がリハーサル映像により奇跡の映画化!
今年の夏、ロンドンのO2アリーナで開催されるはずだった彼のコンサート”THIS IS IT”。
本作は2009年4月から6月までの時間の流れを追いつつ、百時間以上にも及ぶリハーサルと
舞台裏の貴重な映像から構成されている。

自分はそれほど熱心なマイケル・ジャクソンファンではないので、リハーサルのドキュメンタリー映像なのにこんなに話題になるのは何でだろう?と思いながら観たのですが、見終わって納得。

「マイケル・ジャクソン」という一人の天才がどのように自分のステージを作り上げていくか、そして彼と一緒に作業するスタッフがどんな気持ちを抱いているか。
それを知れば知るほど、彼という逸材のレベルの高さというか、凄さを益々感じることになります。

バンドを構成する各メンバーもギターのオリアンティをはじめ一流の人材揃い。このメンバーで一つの音楽を作り上げていくのって楽しいだろうな、と思いました。リハーサルとはいえ、このメンバーがステージの上で揃い、ある種のケミストリーが発生していく様子を見ていると鳥肌が立ちます。

この「THIS IS IT」が実現したらどんなに凄いステージになったろう、と思わずにはいられません。

実現しない夢を思い描きながら、1音楽ファンとして。何度も観たい一本です。

[続きを読む......]

バッチコイ!!! / デブパレード

2009/03/31 : Music
10%OFF(約100円引き)で→ 918円
www.amazon.co.jp
バッチコイの通販をもっとみる


メンバー全員100kg以上、総体重570kgという「エリートデブ」によるバンド、デブパレードのメジャーデブーシングル第二弾。

いやー、良い曲だわこれ。ふとした瞬間に口ずさんだり頭の中でループしてたりします。タイトル曲もカップリング曲もキャッチーであり、バンドの良いところが出てるかと。

デブパレードはCOYASSがMalignant Co.のドラムだったし、TAHもNEVERFEARでドラム叩いてもらってたことがあり、ugazinもハンサム兄弟も昔からの仲間なので是非是非このタイミングでガーっと売れて、さらなる飛躍をしてくれることを願ってます。

No ReturnMalignant Co.Bong Tongue Cityのアートワークや、ライブ写真をいつも撮ってくれてるAtoCも写真/ジャケデザインでよい仕事しています。

[続きを読む......]

Chinese Democracy / GUNS N' ROSES

2009/01/09 : Music

人生において最も愛してやまないバンド、GUNS N' ROSESの17年ぶりのオリジナルアルバム!!

17年というと自分の人生の半分以上です。つまり人生の半分以上、このアルバムを待っていたということ。それだけ待っていると、雑誌に発売情報が掲載され、Amazonで予約が始まっても本当に発売されるのか、実際に実物を手にするまで信じられませんでした(笑)。

で、昨年発売と同時に購入し、早々にレビューを書こうと思っていたのですが、如何せん冷静に聴くことができず、全然まともなこと書ける気がしないので、しばらく保留にしてました。
年が明けてようやくまともなこと書けそうな気がしたので書いてみます。

---

誤解を恐れずにいうと、ロック史上に残る超名盤である1st「Appetite For Destruction」がGN'Rだと思ってる人にとっては、このアルバムはGUNS N' ROSESではないということ。アクセル、スラッシュ、イジー、ダフ、スティーヴンの5人によるケミストリーが詰まったあの頃のバッドボーイズ達はGN'Rではなくなり、アクセル・ローズという孤高のカリスマが「Use Your Illusion」で確立した自分の世界をより進化させたもの、といえるかと。

とはいえ、GN'Rの楽曲を唯一無二にしていたのはスラッシュやダフなどの繰り出す独特のサウンド。メンバーが変わった今、全く違うサウントになると思っていたのですが、前回の来日公演では過去の楽曲においても完全なGN'Rサウンドが再現。早い話が、完璧な「あの当時」のGN'Rのコピーバンドがそこにいました。

そんな体制で作られたニューアルバム。いくつかの曲は既にライブで演奏されたりしていたので知った曲でしたが、ライブだと思い入れの強すぎる過去の超名曲たちと並べて演奏されるため、どうしてもインパクトが薄れがちに。

しかし改めてこのアルバム単体で聴いたときに「なんて凄いアルバムだ」と驚愕することに。

一音聴いただけで「GN'Rの音」と分かるサウンドに、アクセル得意のオクターブボーカルが入ってくるだけで身震い。そこにはかつてのロックンロール/パンク色は薄れ、よりラウドでエモーショナルに進化した楽曲が。

前回の来日公演のときも感じたのですが、GN'Rというのはもはやバンドではなく、「アクセル・ローズ」という一人のアーティストを凝縮し、詰め込んだものなんだろうと。それがこうして形になって発売されたことで、それを改めて感じました。
活動のスタイルとしては、かつてアクセルが大ファンだと公言しており、ライブ中もよくTシャツを着ていたNINE INCH NAILSに近いのかと。

ともあれ、17年ぶりのニューアルバムは予想を遥かに上回って素晴らしいものでした。あとはまた日本に来てくれることと、5年後でも10年後でもいいからこれに匹敵するニューアルバムをまた出してくれると最高です!

---

・・・と書いてみれば全然冷静じゃないレビューに。まぁ冷静になれというのが無理だったのかも。

[続きを読む......]

All Hope Is Gone / SLIPKNOT

2008/10/06 : Music
All Hope Is GoneAll Hope Is Gone
36%OFF(約600円引き)で→ 1,123円

Slipknot4年ぶりのニューアルバム!

相変わらずの極悪リフ&超速グルーヴに加え、前作「Vol. 3」で確立したメロディアス路線も発展させた、現在の「Slipknot節」が炸裂しています。

正直なところ、1作目、2作目ほどのインパクトはないですが、現在のメタルシーンを背負うアーティストとしては文句なしの一枚。

LOUD PARK 08が楽しみです!

[続きを読む......]

BODY&SOUL/cosmic mind / デブパレード

2008/06/30 : Music
B0019BI772BODY&SOUL/cosmic mind
デブパレード 伊秩弘将 判治大介
DefSTAR RECORDS(SME)(M) 2008-06-25

by G-Tools
メンバーの総体重570kgという前代未聞のデブバンド "デブパレード "が遂にメジャーデブー!『全ての武器をお箸に!』『少年よ体脂肪を抱け!』など数々の名言を残し話題沸騰中!デビュー曲はなんとSPEEDのデビュー曲「Body&Soul」のカバー! ビジュアル系であり、アイドルを自負する彼らには正しく持ってこいの楽曲である。そしていきなり映画主題歌が決まった「cosmic mind」とのダブルA面仕様!幼稚園児から有閑マダム、お年寄りまで幅広い層をターゲットにできる丸いバンドです。

メンバーが昔からの仲間ばかり、というだけではなく、そのコンセプトや楽曲、パフォーマンスともにどれをとってもそんじゃそこらのバンドじゃないと思っていたデブパレード。

結成当時からバンド仲間同士で
「このバンドはメジャーに行くべき!」
と言ってたデブパが、遂にメジャーという大舞台に踏み出した一歩。

演奏はもとより、アレンジもかなりのハイレベル!
「J-POP」というカテゴリのなかにデブ旋風を巻き起こしてくれるのを期待しています。

最近はマスメディアでの露出も増えてきたみたいですが、忙しすぎて痩せてしまわないかどうか心配です。

[続きを読む......]

United Abominations / MEGADETH

2007/06/08 : Music
ユナイテッド・アボミネイションズユナイテッド・アボミネイションズ
40%OFF(約1,000円引き)で→ 1,507円

METALLICA、SLAYER、ANTHRAXと並んで「スラッシュ4天王」と呼ばれたメンツが昨年はSUMMER SONICやLOUD PARKなどのフェスで昔からのメンバーでの健在&復活っぷりをアピールしていたのに対し、MEGADETHはムステイン以外は新メンバー、という体制。

しかしNINE INCH NAILSがそうであるように、MEGADETHというのはもはやデイヴ・ムステインそのもの。他のメンバーが誰であれ、デイヴがいればそれは「MEGADETH」である、というのをLOUD PARKではイヤというほど見せ付けてくれました。

個人的には「Rust In Peace」前後の時代がMEGADETHの真骨頂ともいえる時期だと思っており、プログレッシヴでありながらスラッシーなリフと、メロディを大切にしたソロがたまらないのですが、このアルバムでは昨年のLOUD PARKで披露された"Washington Is Next!"をはじめ、「これぞMEGADETH」節!」といえる楽曲が並んでいます。女性ボーカルの入ったバージョンで再録された"A Tout Le Monde (Set Me Free)"も予想外にいい感じ。

デイヴィッド・ギルモア(PINK FLOYD)所有のスタジオで、ジョン・ボーナム(LED ZEPPELIN)のドラム・キットを借りて行われたということで、アナログの太さとデジタルのクリアさを兼ね備えており、ザクザクしていながらも中音域を大切にしている独特のギタートーンはもちろん、サウンド面でも文句なしの出来。

しかし良い曲が並んでいるものの、「MEGADETHとしての名曲」になり得る楽曲が少ない、という弱みも。これについては自分が過去のアルバムが好き過ぎる、というのも要因だと思いますが。

とにかく過去MEGADETHに心震わせた人なら必聴、といえる内容です。

[続きを読む......]

ぶっ生き返す / マキシマム ザ ホルモン

2007/04/28 : Music
ぶっ生き返すぶっ生き返す
19%OFF(約400円引き)で→ 2,071円

今勢いに乗っている恋の街八王子出身の満腹(ハラペコ)ミクスチャーバンド、メジャーシーンでありながらデス声、ポップなのに歌詞が聞き取れない、どこかで聞いたことありそうなリフ&歌メロなのにホルモン節と、とことん異端なバンドであるマキシマム ザ ホルモン が2007/3/14に発売したアルバム。

前作「ロッキンポ殺し」の延長線上でありながらも、アニメ版「アカギ」のエンディング「アカギ」や「DEATH NOTE」のオープニング「What's up people?」とエンディング「絶望ビリー」などを含む、全13曲、今のホルモンの美味しいところが凝縮された曲が揃っています。というかはっきり言って超名盤!日本のヘヴィミュージックシーンの新星であることは間違いないかと。

中でも「絶望ビリー」が秀逸!
これ自分の中ではかなり完璧な曲の一つです。こんなに自分の中のツボにぴったりハマる曲はなかなかないかと。
こんなにヘビーローテーションな曲は久々です。

ジャケットが結構普通・・・と思ったら裏ジャケはやっぱり漫☆画太郎。真のホルモンファンはレジに出すときに裏ジャケを見せて持っていくそうです。

同じステージに上がっていた仲間が売れていくのって、昔はちょっと悔しかったですが、今では年を取ったせいか、素直に応援できます。


ちなみに大学の時のゼミの先輩がA&Rとコーラスで参加してるのですが、クレジット見るとその名前のあとに(糖尿)って・・・。

[続きを読む......]

SONY MDR-EX90SL

2006/10/02 : Music
B000FAL7P2SONY 密閉型インナーイヤーレシーバー 「N・U・D・E EX」 MDR-EX90SL
ソニー 2006-05-10

by G-Tools

■MDR-EX90SL(Sony Headphones)

密閉型音響構造による優れた低音再現力。削り出しアルミニウム筐体による低音域でのスムーズなレスポンス、クリアな中高音。直径13.5mmドライバーユニットによる広帯域再生、広ダイナミックレンジ。独自の形状が実現した外れにくく快適な装着性。手作業による精緻な音質調整がたどり着いた、理想的な音質特性。
(Amazonより)

iPod nanoで最大の不満だったのがイヤホン。こちらにも書いたとおり、付属のイヤホンがなんだか耳に合わない上に、高低音域の分離が悪いため、全体的に音がこもりがちでした。

[続きを読む......]

Apple iPod nano 8GB ブラック MA497J/A

2006/09/26 : Music
B000IDHI9AApple iPod nano 8GB ブラック MA497J/A
アップルコンピュータ 2006-09-13

by G-Tools
さらに薄くなったデザイン。スタイリッシュな5つのカラー。いっそう明るくなったディスプレイ。最長24時間のバッテリー駆動時間。名前だけはそのままで、iPod nanoが生まれ変わった。最大2,000曲がそのままポケットに入る。
(Amazonより)


iPodが気になりだしてはや数年。なんかやっと「これだ!」という製品に出会えたという直感で、発売日に購入。カラーが愛用のGibson Flying V GothicWX310SAと同じつや消しブラックというのが大きなポイントでした。
あと再生時間24時間というのも大きな魅力。

[続きを読む......]

DVD~Debu Vs Debu / マキシマム ザ ホルモン

2006/07/12 : Music

DVD~Debu Vs Debu

デビューアルバム「ロッキンポ殺し」が好調のロックバンド・マキシマム ザ ホルモン。今作は全国ツアーファイナルを飾った2005年7月のライブの模様と、ビデオクリップ、メイキングなどを収める。「ロック番狂わせ」「ミノレバ☆ロック」ほかを収録。
(Amazonより)

SUMMER SONIC出演記念レビュー。

[続きを読む......]

Rust In Peace / MEGADETH

2006/03/30 : Music

ラスト・イン・ピース (CCCD)

■MEGADETH.COM


「Intellectual Thrash Metal(知性的スラッシュメタル)」という、下手をすると逆に知性ゼロっぽい印象を受けてしまいそうなキャッチフレーズを掲げて活動し、最近デイヴ・ムステインの復帰により活動を再開したMEGADETHの4枚目のアルバム。

自分の中では1st「Killing Is My Business...And Business Is Good!」から5thのアルバム「Countdown to Extinction」まではとても聴き込んだアルバムで、いわば「俺的MEGADETH黄金期」だったわけですが、その中でも一番影響を受けた一枚。

[続きを読む......]

Vulgar Display Of Power / PANTERA

2006/03/10 : Music

俗悪

1990年代のヘヴィメタルシーンを塗り替えた、1992年発売のPANTERAのセカンドアルバム。
従来のヘヴィメタルにパンクとハードコアの要素と取り混ぜ、より攻撃的で重厚なサウンドを確立することに成功した一枚。

[続きを読む......]

Appetite For Destruction / GUNS N' ROSES

2006/02/24 : Music

アペタイト・フォー・ディストラクション

せっかくミュージシャンである自分のBlogのカテゴリに「Music」というのがあるので、もう少しこのカテゴリを充実させようと思い、週一ペースくらいで自分が狂ったように聴きこんだ思い入れの深いアルバムなどを紹介していこうかと思います。

というわけで第一弾は言わずと知れたモンスターバンド、GUNS N' ROSESの1987年に発売されたファーストアルバム。

[続きを読む......]

The Roots Of Guns N' Roses

2004/12/06 : Music

B0002XVTZU
■ハリウッド・ローズ『ザ・ルーツ・オブ・ガンズ・アンド・ローゼズ』(Columbia)

GUNSにロックを教えられた、と言っても過言ではないと思っている自分としたことが、最近はドラクエ情報とDTM機材情報ばかり追っていたので見逃してました。
先日ようやく購入。

[続きを読む......]

アライヴIV / KISS

2004/11/16 : Music

B0001M6IGC

先日のライブでKISSメイクをしたのは、実はこのDVDがきっかけです。
DISC1はメルボルン・シンフォニー・オーケストラとの共演に向けてのドキュメンタリー、DISC2はライブ映像のみが楽しめる、という構成。

[続きを読む......]

マイヤヒー

2004/10/18 : Music

B000239EI4 B0007G8CDE

ルーマニアの男性3人組「O-Zone」による「Dragostea Din Tei」があちこちのサイトで話題沸騰中。
日本のメディアでは全く耳にしていない曲がこういう形で話題になるのは、インターネット時代の国境を越えた新しい口コミの形なのかなぁ、と思います。

で、肝心の曲なのですが、確かに一度聞くと忘れられないフレーズです。
関連するものをあちこちから拾ってきました。

[続きを読む......]

ギタリストトップ5

2003/11/07 : Music

■The 100 Greatest Guitarists of All Time(RollingStone)

100人の偉大なギタリストを選ぼう、という企画。流石といったメンツが並んでいます。そのことを日記で取り上げてたugazinに「ちなみにOKZさんのトップ10は??」と言われて考えてみました。

[続きを読む......]

Disasterpieces / SLIPKNOT

2003/11/03 : Music
B00006HB7K

友人が貸してくれと言うので、貸す前に一回観ておこうと観ているうちに、なんか気持ちが盛り上がってきて思わず紹介。

SLIPKNOTのライブ/PVを収録した2枚組DVDなのですが、SLIPKNOT初のDVD作品ということでかなり気合の入った内容になってます。
メインとなる合計30台ものカメラで撮影したという映像はライブの迫力をかなり伝えてくれ、昨年観に行ったあの熱いステージが脳裏に蘇って来ました。
尚DVDならではの機能として、自分でカメラを切り替えながら見れるマルチアングル映像も面白いです。 最高のプレイヤーであると共に最高のエンターテイナーである9人の魅力をしっかりと伝えてくれる作品となっており、SLIPKNOTに魅せられたことのある人なら必見かと。

[続きを読む......]

ALL /  1 /  2 /  3 /  4 /  5 

rakuten