TOP » Equipments » Others

Roland VS-2000CD

VS-2000CD.jpg

http://www.roland.co.jp/products/mi/VS-2000CD.html
http://www.roland.co.jp/FrontScene/0402_VS-2000CD/

宅録を始めるにあたって、悩みに悩んだ末に2005年1月購入しました。
PC+DAWソフトという環境も考えたのですが、PCのスペックアップやソフトウェア/インターフェースの選定などを考えると、一台で完結するものを購入した方が環境がすっきりする気が。あとは自分の趣向として、こういう作業をする際はPC内で細かいことをやるよりも専用機材を使い倒したい、という気持ちもあり。
また操作性に関しても、店頭でいろんなMTRやDAWソフトのデモを触ってみた結果、マウスで該当個所を選択していくよりも専用のボタンをポンポンと押して作業をした方が作業に勢いが出るのかなと。

というわけでHDD内蔵のMTRを中心に検討し、いろいろカタログや雑誌を見ていたら第一印象から気になっていたのがこのVS-2000CD。

機能面ではややプロ志向のアマチュア向けという感じで、プラグインエフェクトの追加などの拡張性もあり、トラック数も18トラック(うち4トラックはステレオトラック)+マスタリング用2トラックと十分な数が。
何よりインプット端子がデジタル入力を合わせて9つもあるので、ギター、マイク、リズムマシン、シンセなどのケーブルを繋ぎっぱなしにしておくことが出来るので、録音の度に差し替える必要がないのは面倒くさがり屋の自分にはありがたいところ。

マウス・VGAディスプレイ・キーボードを接続して録音・編集専用の単体マシンのように使用することが可能なのですが、これはちょっとPC周りの環境を整理してから取り組もうかと思ってます。

エフェクト拡張ボードVS8F-3も調子に乗って同時購入。
まだあまり使い込んではいませんが、デフォルトでインストールされているプリアンプモデリングは結構使えるかも。
VSプラグインとして追加できるAuto-Tune VS、VS-LA2A/VS-1176LN、SoundBlender VS、T-Racks VSも気になっています。一部のプラグインは体験版もあるので、順番に試していってみようかと。

まだ使用期間が短いので、いろいろと追加で気が付いたことがあったら追記してゆきます。

Update: 2013年12月12日

イシバシ