TOP » Equipments » Others

SAMSON DK-7

SAMSON DK-7

NEVERFEARのデモ音源レコーディング(未発表)のためにバンドで購入したものを、No Returnのレコーディングのために借り、使わせてもらいました。「借りた」とは言っても、NEVERFEARは解散してしまったし、YUKINGも「返さなくて良いよ」と言ってくれたので実質No Returnの機材として今後活用させていただく予定ですが(笑)。

3万円前後でドラムをレコーディングするのに必要なマイク7本のセットが手に入るというセットは、レコーディング用のスタジオ借りてレコーディングする金額を考えるると、かなりリーズナブル。

セット内容はバスドラム用のQ-KICK、スネア用のQ-SNARE、タム用のQ-TOM(3本)、トップ/シンバル用のコンデンサーマイクC02(2本)という内容。Q-KICKにはマイクホルダーが、Q-SNAREとQ-TAMにはそれぞれドラムに直接取り付けられるリムクリップが付属しています。シンバルはマイクスタンドのマイクホルダーを外して直接取り付ける形になってます。

安物のマイクということでレコーディング前は音質面でやや不安があったのですが、これがどうしてなかなかのもの。練習スタジオのドラムの音を録っても、そこそこの音で録れてました。ただドラムレコーディングに慣れてなかったので、コンプかけ録りすれば良かったとか、マイクの位置をもっとちゃんと調整すれば良かったなどの反省点はありましたが。

特に良かったのがトップマイクとして使ったC02。安いとはいえ、流石コンデンサーマイク。ドラム全体の空気感などがしっかり収録できてました。

正直音質は高価なマイクに及ばないですが、デモ音源用に使用ということと、ミックスで音を弄りまくる(笑)という前提であれば、十分使えるセットだと思います。

Update: 2013年9月15日

イシバシ