Kindleアプリの日本展開

読書は好きなのですが、蔵書を増やすと収納場所に困るため普段は図書館でいろいろと借りることが多いです。
だいたい読むのは通勤時間などなのですが、移動時間が長いと一冊だけじゃ足りないこともあったり、またもうすぐ読み終わりそうな場合は次の本を持ち歩いたりしなければいけないため、荷物が多くなるということも。
稀に読み始めた本が凄いつまらなかった場合、他の本を持っていないことを後悔することもありました。
その点、電子書籍で大量の書籍を持ち歩けるのは便利なので、重宝してました。
いくつかの電子書籍アプリの中でも今までiPadやAndroid端末で使用していたKindleアプリが、日本でのKindle端末の販売にあわせて、Amazon.co.jpでもAmazon Kindleストアがオープンし、青空文庫書籍を含む日本語書籍の購入ができるように。
従来の電子書籍ストアは、「電子書籍のためのオンラインスツア」としてオープンしたものが殆どで、そのせいか実績がないためにいつかサービスが停止するのではないか、そうしたら端末の故障や交換が発生したら購入した書籍は失われるなー、ということが頭にあったため、なかなかガンガン電子書籍を購入する気にはなりませんでした。
しかしさすがにAmazonはここまできてサービス停止しないだろうなー、と思い、また電子書籍ということで安価になっているものがいくつかあり、購入するならKindle用のものを購入するのが良いかと。端末を変更したとしてもAmazonから再度ダウンロードすることができます。また、アカウント情報が同一なら複数端末で購入した書籍を共有できるのも良いです。
というわけで、勢いついていろいろ購入してみました。


まず100円前後だと、アプリ感覚でついつい買ってしまいます。
 
300円くらいまでも結構ついつい手が出てしまいます。
特に「Gene Mapper」は電子書籍のみでの販売ということで、今後こういうコンテンツが増えてくるのかなー、と思います。
 
いつか欲しいなー、と思って気になってたあの本も割引だったので、つい購入してしまいました。

こうなると純正Kindle端末も気になってきます。シンプルでありながらも、バッテリー寿命が8週間(!)というPaperwhiteモデルが今一番気になります。
これで国内の新聞配信もカバーしてくれるようになると、Androidタブレットから乗り換えてしまうかもしれません。

ともあれ、iPad登場時に「電子書籍元年」と言われていましたが、Kindle端末およびKindleアプリの日本への本格展開により、電子書籍が一気に広がる土台がようやく出来たな、という感想を持ちました。

1件のコメント

  • Kindle Paperwhite (2013バージョン)

    Kindleアプリの日本展開という記事にも書いた通り、AmazonのKindleストアで電子書籍を購入し、iOS/Android端末のKindleアプリを…

コメントは受け付けていません。