映画「7つの会議」

ドラマ化された「半沢直樹」が話題の、池井戸潤原作による、企業内の問題をテーマにした作品。

香川照之、及川光博、片岡愛之助、北大路欣也といった出演陣が異なった役を演じていることで、半沢直樹のパラソルワールドのような感覚に陥ります。が、野村萬斎演じる主人公が本気を出した瞬間から、一気に物語が加速します。

池井戸潤作品に共通しているのが、悪事が次々に暴かれていくところの爽快感。ネタバレになるのであまり言えませんが、この作品でもそれは健在。

しかし実際の企業がこんなに簡単に改革されるようなら、日本経済はまた違う感じになってるよな~、とも思います。その辺りの課題をこの作品を観た経営者やトップマネジメント層、管理職たちがしっかり意識するような組織が「あたりまえ」になると良いなー、と思います。