Y!mobile DIGNO T 302KC

前回の記事の結果、Y!mobile(旧Willcom)のスマホに変更することにしました。
PHSの070番号から他キャリアへのMNPが開始されたので、ここで一気にdocomo、au、Softbankの3台キャリアに乗り換えてiPhone6へ、という選択肢もあったのですが、2002年に今は亡きアステルからDDIポケット(後のウィルコム)に乗り換え、通信キャリアにひたすら「安さ」を求めてきた自分としては、初期コスト&ランニングコストが跳ね上がる「iPhone」という選択肢はいまいち踏ん切りがなかなかつかないものが。
しかしそんな自分のようなユーザのためか、MNP対策か、Y!mobileが以下のようなキャンペーンを。

(1)Y!mobileのPHSからY!mobileのスマートフォンへ契約変更した場合の端末価格の割引

■ 特典
Y!mobileのPHSからY!mobileのスマートフォン(DIGNO T 302KC)へ契約変更した場合、端末価格を割引いたします。

(2)Y!mobileのPHSからY!mobileのスマートフォンへ契約変更される際の手数料無料化

■ 特典
Y!mobileのPHSからY!mobileのスマートフォンへ契約変更される際の手数料(3,000円)を無料とします。

(4)Y!mobileのPHSからスマートフォンへの契約変更時における、Y!mobileのPHSのメールアドレスの引継利用サービスの開始

■ 概要
Y!mobileのPHSをご利用のお客さまがY!mobileのスマートフォンに契約変更される際、Y!mobileのPHSでお使いのメールアドレスをスマートフォンへ引継ぎ、そのまま利用できるサービスです。これにより、Y!mobileのPHSをご利用のお客さまがスムーズにスマートフォンへ契約変更可能となります。

何この渡りに船なキャンペーン!とまんまと乗っかることにし、DIGNO T(302KC)に機種変更。
digno-t
DIGNO T 302KC|スマートフォン|製品|Y!mobile(ワイモバイル)
色は最初黒にしようかと思ったのですが、面白味がないなー、と青をチョイス。
写真で見るよりなかなか良い発色。
PHS時代は青い端末を使うことも多かったので、結構しっくり「自分のもの」という感覚になりました。



それまでGalaxy S2を使っていたこともあり、Androidベースのスマートフォンは慣れたもの。
防水、防塵、耐衝撃という点にも惹かれました。
(といっても大切に使いたいので、その点を試す気はあまりないですが)
早速これまで愛用していたホーム画面&アプリ管理のための以下のアプリをインストール。

そしてこれまで使っていたものをある程度見直しながらインストールしていきました。
で、ホーム画面はこんな感じ。
Screenshot_2014-10-11-01-20-25.png
今のところシンプルな1画面運用。飽きたらまた変えてくと思いますが。
アプリはFolder Organizerでまとめ、全部下のアイコンの中から起動するようになってます。
良く使うアプリ(iPhoneで言うと1画面目に持ってくるようなアプリ)は★のアイコンに。

ちなみにこの端末、この記事書いている時点ではキャリアメール(pdx.ne.jp)はデフォルトではハングアウトというチャットツールからしか使えません。
このアプリの仕様が独特で、eメール感覚で使おうとすると大変苦労します。
色々調査した結果、Softbankメールが旧ウィルコムのキャリアメールを扱うのには使いやすいとのこと。
ただ正攻法だとGoogle Playからダウンロードできないので、APK(インストールファイル)をどこぞのダウンローダから入手してインストールする方法を2ちゃんねるのDIGNO Tスレッドで知り、試してみることに。
結果、大変満足の行く結果になりました。

というわけで現状は機種変更に大満足。
この3連休にちょっと遠出するので、そこでも色々便利になるかなー、と夢想しているところです。
また色々使って気がついた点が出てきたらレビューいたします。

1件のコメント

  • Google Nexus 6P

    約1年半DIGNO Tという端末を使ってきました。 端末の安定性やバッテリー性能などは問題なかったのですが、(悪い意味で)800万画素とは思えないクオリテ…

コメントは受け付けていません。