2011年5月 « 2011年6月 » 2011年7月

35歳になりました

2011/06/28 : Diary Blog

今年は娘が産まれたと思ったらNICUに入って、退院してきたと思ったら手術してICUに入って、といろいろ落ちかないことが多いですが、おかげさまで仕事も充実しているし、お休み中のバンド活動も秋からの再開に向けて準備を進めているところです。

四捨五入したら40になる年ですが、まだまだ精神的には攻めの姿勢で、家庭も仕事もバンドも頑張っていきたいと思います。

---

最近は寝る前にウイスキー飲みながらiPadのゲームするのが日課になってるのですが、3年前の誕生日の日記を見たら

最近は寝る前にウイスキー飲みながらマリオカートDSやるのが日課に。

と書いてあり、全然進歩してないことが判明。

まぁそれはそれで。

---

ちなみに本日は妻にプレゼントとして買ってもらったポロシャツで出勤。

帰りには自分へのプレゼントとして、ちょっと良いウイスキー買っちゃおうかなー、とか思ってます。

生後四ヶ月 / 一進一退のICU7日目

2011/06/27 : Diary DownSyndrome

本日で娘が生後4ヶ月!
で、手術から一週間が経ちましたが、未だにICUから出られません。


手術をした心臓は調子良いのですが、肺高血圧症がなかなか厄介で、機械の呼吸補助なしではうまく呼吸できない状態に。

一回呼吸補助を外したら右肺の一部が「無気肺」という状態になってしまい、投薬などでも改善しなかったため再度呼吸補助をつけることに。

上記Wikipediaの記事には肺胞が潰れるとか書いてありますが、呼吸補助つけたら元に戻ったそうです。

ちなみにダウン症だと筋肉の発達が遅いので、その辺りの影響もあるみたいです。
とりあえずあと一週間くらい、自力で呼吸できるような体力つくまで様子をみることに。


しかしいつ行っても寝てるので寂しいです。
たまに起きてるらしいですが、朝の面会時間のときはいつも寝てます。

P1100456

もとの病棟に戻ればまた抱っこしたりして遊べるのになー。


ちなみにこれは手術直前に撮った写真。

P1100444

P1100448

早く元気になぁれ!

---

ちなみにこれは入院の付き添いにママ&パパがいなくても、息子が規則正しく生活できるようにするための、一日の予定表。
代わりに面倒をみてくれるおばあちゃんたちもこれ見ていろいろしてくれます。

110622-094658.jpg

ときどき守れていないですが(笑)、概ねちゃんとやっているようなので一安心。

眠り姫 : ICU2日目&3日目

2011/06/23 : Diary DownSyndrome

術後から眠りっぱなしの娘。
といっても異常があって眠っているわけではなく、状態が安定するまで薬で眠っているだけなのですが、面会に行っても眠っているだけなのでちょっと味気ないです。


現在は心臓手術のあと、肺高血圧症の状態がどうなるか、という観点でICUで治療してもらってます。

一昨日に比べ、昨日、本日と段々状態が良くなり、本日は一酸化窒素の吸入なしでも肺の状態が安定してきており、吸入酸素の濃度も低くして様子を見るとのこと。


状態が良ければ明日か明後日には目を覚まさせるとのこと。
最近家族の顔を認識できているみたいなので、早く目覚めた娘に会いたいです。

---

ちなみにICUではかけられている毛布をめくるとオムツ一枚なので、生々しい手術跡を見ることができます。
この小さな身体でこんなに切られてよく頑張ったなー、としみじみしてしまいます。

葉桜の季節に君を想うということ

2011/06/23 : Book
「何でもやってやろう屋」を自称する元私立探偵・成瀬将虎は、同じフィットネスクラブに通う愛子から悪質な霊感商法の調査を依頼された。そんな折、自殺を図ろうとしているところを救った麻宮さくらと運命の出会いを果たして―。あらゆるミステリーの賞を総なめにした本作は、必ず二度、三度と読みたくなる究極の徹夜本です。

2003年度の「このミステリーがすごい!」第1位、「本格ミステリ・ベスト10」第1位、「週刊文春ミステリーベスト10」第2位、「第4回本格ミステリ大賞」小説部門受賞、「第57回日本推理作家協会賞」長編および連作短編部門受賞と、各所で話題になった一冊。

ミステリーというジャンルは、真実が分かった時に読者としてどれだけの衝撃を受けることができるか、というのが一つの指標になりえますが、この作品は凄かったです。

文章上の仕掛けによって読者のミスリードを誘う「叙述トリック」という手法がありますが、その叙述トリックの中でも最高峰に位置すると思いました。
詳しく書くとネタバレになってしまうのですが、人間の先入観をうまく利用して、読者の想像力を作者の意図通りに導いていく展開は見事の一言。

そういう内容であるからこそ、映像化は難しいだろうなー、という内容でもあります。


と、詳しく説明できないのが非常にもどかしいです。


以前紹介したイニシエーション・ラブが好きな方にはオススメの一冊。

手術完了&ICU 1日目

2011/06/21 : Diary DownSyndrome

昨日Twitterなどでは報告したとおり、娘の心臓手術は無事終了しました。


前日は緊張してあまり眠れないまま、8時に病院に行きました。

病室で娘を抱っこしたりしてると、8時半に担当の麻酔医の先生が来て、肛門から最初の薬を注入・・・した直後にまさかの排便!

「うーん、薬ちょっと出ちゃったかなー。まぁでも大丈夫でしょう」
ということで、そのまま手術室に。

予定通り9時に手術室に入りました。


ここからは待機室でひたすら待つだけ。


まぁ基本的に待ってるだけなので自由にだらだらしてて良いのですが、それでも完了の連絡があるまでは内心ドキドキしっぱなし。

ちなみに今回の手術で予定していた内容は以下の3点。

  • 心室中隔に空いていた7mm程の穴は、パッチをあてて塞ぐ
  • 心房中隔の小さな穴は、縫って塞ぐ
  • 動脈と静脈が繋がってしまっている部分は、その繋がっている部分を結んで血流が流れないようにする

文章で書くと簡単そうですが、生後3か月の子供の心臓の中を切り開いて7mmの穴を塞ぐ、っていう行為の難易度がどれくらいなのか想像も出来ません。

さらに事前に手術によるリスクも説明されたため、どうしても悪いことばかり考えてしまいます。


で、悪いこと考えないように漫画でも読もう、と読んでいたのが妻が借りてきた田村由美の「7SEEDS」。
これが絶望に次ぐ絶望のストーリーで、手術の待ち時間に読むのにはとても相応しくない作品でした・・・が、面白かったです(笑)。

あとは持ってきた読みかけの小説読んだり、昼食にモスバーガーの新メニュー(ピリ辛“フルーツ味噌”チキンバーガー)を食べたり、寝不足だったので昼寝したり、iPadで会社のメールチェックしたり。


そんなことしてると16時にようやく連絡が!

無事終了とのことなので、急いで担当看護師さんと合流し、ICUへ。


ICUに行くと、先生や看護師さんが10名ほど娘のベッドの前に並んでました。
何名か入院中に回診に来てくれた方がいたので、おそらくこの方達が今回娘の手術を担当してくれたチームなんだろうと思いました。

そして主担当の先生から、施術結果と現状についての説明が。


予定していた手術内容は無事終了し、肺高血圧症が今回の手術によりどうなるか注意が必要だけど、娘本人の脈も呼吸も安定しているとのこと。

先生方にお礼を言って、一旦退室。
このあと1時間待機し、17時から再度術後経過を再確認してから帰宅。


手術成功祝いのビールが美味かったです。

---

そして本日は出社前にICUによって面会&先生の話を聞いてきました。

経過としては血液などの循環は順調だけど、肺高血圧症が悪化しており、一酸化窒素の吸入により肺血管の拡張&改善の措置をとっているとのこと。

現状ではあと1週間くらいはICUに入ってもらった状態で経過観察をするとのことでした。


一難去ってまた一難、という程ではないですが、今後もまだまだ心配が続きそうです。


入院も予定よりは延びそうですが、焦らずにしっかり治して元気に退院してくれることを願ってます。

[続きを読む......]

父の日集会&手術前日

2011/06/19 : Diary DownSyndrome

本日は息子の幼稚園の父の日集会でした。


幼稚園前の広場に集合し、皆で体操してからミニ運動会のようなイベント。


キツかったのがおんぶリレー!
15kgの我が子を背負って

飲み友達のSさんのお子さんは20kgもあるのでもっと大変そうでした(笑)。


しかし大きくなったなー、年少の子達と我が子を見比べていると、もうすっかりお兄ちゃんになっていて感心しました。
あと年少のときよりもお調子者になって、先生の話を聞かないでふざけまくり・・・親の悪い部分が似てきている・・・。


最後に似顔絵と、遠足にいったときに河原で拾ってきた石を綺麗にペイントしたペーパーウェイトをプレゼントしてくれました。

110619-115057.jpg

そして歌のプレゼントも。

「すてきなパパ」

♪ パパ パパ えらいえらい パパ
世界の誰よりえらいんだー
大きなお口で笑ったら 怪獣みたいに見えるけど
すてきな すてきな パパなんだ


♪ パパ パパ つよーい つよーいパパ
せかいの だれより つよいんだ
おこった おかおは こわいけど
ほんとは とっても やさしくて
すてきーな すてきな パパなんだ

毎年恒例とはいえ、嬉しい行事です。

---

ウチに帰って、さぁゴーカイジャー観ようか!とレコーダーを起動したら録画リストのところに
「全米オープンゴルフ」
との表示が。

慌てて新聞の番組表をチェックすると、なんと今日はその辺りの時間帯はまるまる全米オープンが放映されていた模様。


二人で失意に沈んでいたら、義母がヨーグルトアイスを作ってくれたので二人とも元気になりました。
単純な親子です。

---

そして今日は妻の実家に息子を預かってもらい、手術前日の娘のお見舞いに病院へ。


いよいよ明日です。
ドキドキです。
ドキドキというか、どちらかというとガクブルに近いものが。


明日は8:30から事前麻酔などの処置をし、9:00から手術開始。
3~4時間くらいかかる見込みとのこと。


今回の手術は心臓の左心室と右心室の間の心室中隔というカベに空いている穴を塞ぐのが目的ですが、実は心房中隔にも小さい穴が空いており、それも縫って塞ぐとのこと。

さらに動脈と静脈がくっついていて血流が乱れそうな部分も適宜処置をしていくそうです。


術後は今まで入院していた病室ではなくICUに入り、数日は面会も制限された状態に。
ICUでの経過がよければまた病室に戻り、2週間ほど経過を見てから問題なければ退院、という運びになるとのことです。

---

うまくいきますように。

再入院&手術予定日

2011/06/16 : Diary DownSyndrome

先日、入院後わずか5時間で退院した娘ですが、昨日無事に再入院できました。

そして採血、エコー検査、レントゲン、心電図など一連の検査を実施。
エコー検査で麻酔のような点滴をしたので、せっかく一日付き添いのために休んだのに、その後ずっと寝てました・・・。

寝てるのを良いことに、1ヶ月の入院期間中24時間付き添いとなる妻の生活を豊かにするため、病院近所の店などを探検&買い出しに。
病院内の売店だけではちと物足りない感じになりそうでしたが、いい感じのスーパーやお店などを発見できたので良かったです。

ちなみに妻の付き添いですが、病室が4人部屋で、全員付き添いがお母さん。
お母さんとお父さん、つまり成人女性と成人男性が同室に宿泊できないという決まりのため、日中の付添は自分が後退できるものの、宿泊はどうしても妻になってしまうのです。

ただ、土日の日中とかは自分も付き添い交代できるので、自分用のおやつなどもついでに買っておきました。

---

そして本日、手術日が来週6/20(月)にほぼ確定、ということで手術内容の説明を受けてきました。


以前にも書いた通り、今回の入院は娘の先天性心疾患である心室中隔欠損症による肺高血圧症が進んでいるため、その治療の第一歩として心室中核欠損を外科手術で治療するというもの。

現時点で手術をしないと、肺高血圧症の症状が進行し、肺の血管が硬化して今後の成長などに著しく悪影響を与え兼ねない、ということで今回手術前提の入院となりました。


その術式の内容ですが

  • 右心室と左心室の間の穴をパッチで塞ぐ
  • 実は右心房と左心房の間にも小さい穴が開いてるので、それは縫って塞ぐ
  • 穴を塞いだ後、動脈と静脈がくっつきそうなところは紐で縛る
  • 施術時間は約4時間
  • その間は心肺停止状態にするため、人工心肺を使用する

というもの。

さらにダウン症/肺高血圧症を合併しているため、統計上、術後に死亡or重度障害が発生する確率が7-10%であり、手術によってこんなことが発生する恐れがある、というリスクを懇切丁寧に説明してもらいました。

こんなリスクがあるなら手術なんて・・・と思いそうな内容でしたが、現状では手術をしない方が生きていくのにリスクが大きく、また担当ドクターの方はこのような症例での失敗例はゼロであり、入院先病院でも心室中核欠損の手術は週一ペースくらいで行われているという話を伺い、なんとか安心できました。


そのあといろいろな同意書にサインしてとりあえず手術の手続きはひと段落。

しかし小児慢性疾患医療費助成の手続きがまだだったので、明日急いで役所に手続きに。

心肺の疾患だけに、心配が尽きません(これが言いたかったw)。

---

今日は起きてたので、抱っこしたら超笑顔で喜んでくれて、幸せもらいました。

笑顔の写真

2011/06/12 : Diary Photo

ようやく笑顔の撮影に成功!

EOS_2011_06_12_7942

EOS_2011_06_12_7947

ピントが甘いですが、とりあえず本日撮影分で一番いいやつを2枚。

明後日から1ヶ月ほど入院なので、入院前に撮影できてよかったです。

ついでにアッチョンブリケ。

EOS_2011_06_12_7953


そして我が家のもう一人のカメラマン。

EOS_2011_06_12_7955

鋼の錬金術師

2011/06/10 : Book
最強ダークファンタジー完全版、ついに登場! 失った全てを取り戻すため──エルリック兄弟の旅が始まる!

禁忌とされる人体錬成を行った二人の兄弟、エドワードとアルフォンス。絶望の淵に立たされながらも、全てを取り戻そうと決意した兄弟の旅が今、始まる──。大人気ファンタジー作品ついに完全版で登場。荒川弘氏描き下ろしカバーに加え、雑誌掲載時のカラー原稿を完全再現し、01・02巻同時発売!!

これまで自分の中の漫画作品ベスト1は「寄生獣」だったのですが、それを覆す作品に出合いました。

連載当初、コミックスを3巻くらいまで読む機会があり、
「これはなかなか面白そうだなー」
と思っていたのですが、連載誌が「月刊少年ガンガン」ということもあり、コンビニなどで立ち読みしてストーリーを後追いすることが出来なかったのでそのままスルーしてしまっていました。

しかしそのあとアニメ「鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST」が始まったので、これは良い機会だと第一話から観始めると、あっという間にハマってしまいました。

アニメの作画・演出・声優のクオリティが高いのもあったのですが

  • ストーリーの完成度
  • 世界観
  • キャラクターの魅力
  • 無理のない展開
  • ゾクゾクするようなドラマ
  • 笑いあり
  • 涙あり

と、最初から最後まで文句のない作品でした。
主題歌も良かったですね。

そんなアニメが最終回を終えて「あー、面白かったなー、原作も一から読み返したいなー」と思っていたのですが、なかなかその機会もなかったところに、妻がなんと全巻借りてきました。


いやー、面白かった!
これ間違いなく自分の中のナンバー1コミックスです。

ONE PIECEも大好きなのですが、アニメがいまいち好きになれないとの、まだ物語が完結していないので、正直現時点では評価ができないところ。

それに比べ、この作品は物語の尺としてもちょうどよく、そして最初から最後まで物語がちゃんと構成されたうえで描かれているので、長期連載作品にありがちな矛盾もなく、エンディングまで流れるようにストーリーが進んでいく様が気持ち良いです。

最終巻を読んだ後の読後感は最高でした。


完全版がこれから発売されるので、これを機に買っちゃおうかなー、どうしようかなー、と悩んでいるところです。


同作者による、現在週刊少年サンデーで連載している「銀の匙 Silver Spoon」も面白いです。

[続きを読む......]

在宅勤務

2011/06/04 : Diary

会社で育児&介護のための在宅勤務が制度化され、自分が条件を満たせたので早速申請し、4月末から在宅勤務を開始しています。

とはいっても、条件として「週の半分は出社すること」ということが規定されているため、以下のような変則的な在宅勤務をしています。

8:30-10:00 在宅勤務
10:00-11:00 移動
11:00-16:00 出社&オフィスにて勤務
17:00-18:00 移動
18:00-20:30 夕飯&子供たちと風呂&寝かしつけ
20:30-22:00 在宅勤務

社内の人とのコミュニケーションは、e-mailとOffice Communicatorというメッセンジャーツール、電話、Web会議ツールを駆使して行ってます。
ややタイムラグがありますが、それはまぁなんとかなる、ということで。


というわけでこの形で一ヶ月ちょっと自分が働いてみた結果、感じたメリット/デメリットを並べてみたいと思います。

【メリット】

  • 朝バタバタしない
  • 通勤ラッシュを避けて出勤できる(電車で座れる)
  • 家では作業、会社ではコミュニケーション、と仕事を区切ることでタイムマネージメントがし易い
  • 夕飯を家族で食べられる
  • 在宅時に会議があっても、電話会議+Web Meetingで参加できる
  • 子供が寝てから帰宅、というのがないので、毎日子供と会話できる

【デメリット】

  • 残業がない(在宅勤務時は基本的にみなし勤務となるため)
  • 労働時間の計算が面倒(1日が7.75hになるように調整する)
  • 在宅勤務時にちょっとした確認したいことがあっても、メールorメッセンジャーなどで確認するので、直接会話するよりもやや時間がかかる
  • 内線電話がとれない
  • 来客への対応ができない

そんな感じでメリット、デメリットそれぞれありますが、メールが使えて社内のシステム&ファイルサーバにアクセス出来ればなんとかなる業務が多いので、来客対応や偉い人達への報告会など以外はなんとかこなせる事が分かりました。

また、東日本大震災後、一週間ほど本社社員のほとんど全員が在宅勤務を経験してた、ということで周りの人も在宅勤務している人への対応に慣れているという状況も、良かったかと。

現状ではメリットの方が大きいと思ってますし、育児という面でも大変良い状態です。
今は自分の会社では一定の条件を満たす人しか在宅勤務が許可されていませんが、今後もっと他の人にも利用出来るような制度になればいいなー、と思います。

[続きを読む......]

2011年5月 « 2011年6月 » 2011年7月