M.O.D.S.Vol.3 ありがとうございました!

先週土曜はアクセプションズの音楽イベント、M.O.D.S.Vol.3でした。
今回は今までと違った「クラシック」というテーマで。
M.O.D.S.は毎回ダウン症のあるアーティストの方に出演いただくようにしているのですが、今回依頼することになってたのは鈴木凛太朗さん。

ダウン症があり、右手首より先は生まれつき欠損しているながらも、心を打つピアノ演奏をしてくれる凛太朗さん。
それに合わせて今回のテーマを「クラシック」として、ブッキングを進めました。
今回もPA担当。
前回頼んでたメインのオペレーターが急病で来られなくなってしまったので、急遽サブPAの予定だった自分が一人でこなすことに。
でも3回目の会場ということもあり、機材や音の特性など大体把握していたので一昨年のVol.1よりはスムーズでした。
本日のお仕事。リハーサル順調です。
今回はアクセプションズメンバーが他のNPOなどともコラボしよう!ということで音楽以外にも楽しめる仕掛けを仕込んでくれました。
評判も良かったみたいです!
M.O.D.S Vol.3 開場しましたー。 開演前のお楽しみも色々あります。 14:00開演予定です!


開演後、一発目はいつものMIMOさん!
しっとりとしたバラードで親の涙腺緩ませてからの、子供向けダンスタイム!こういうイベント慣れしているだけに、トップバッターでガツンと客席のハートを掴んでくれるのが心強いです。
そしてパソナミュージックメイトの鈴木菜穂子さん(フルート)と釣川有紗さん(ピアノ)。
子供向けにも分かりやすい選曲で、MIMOさんで盛り上がった空気を逃がさずに音楽の楽しさを伝えてくれました。
前半の最後は鈴木凛太朗さん(ピアノ)。
動画で、欠損のある右手を駆使してメロディラインを弾く様を予習はしていたものの、リハーサル、そして本番と、希望にあふれる演奏を見せてもらえました。
客席にはダウン症のある方の家族の割合が多かったのですが、みなさん惹きつけられていましたね。
打ち上げでご両親のお話を聞けたのですが、ここまで色んな出来事があったらしいですが、それでも本人が輝ける場所に導いてきたご両親に敬服します。
休憩を挟んで後半は山田あずささん(マリンバ)とKEVIN MCHUGHさん(ピアノ)のデュオ。
本来ならトリオだったのですが、ドラム・パーカッションの池澤龍作さんが急病で参加出来なくなってしまったとのこと。
しかりマリンバの魅力を感じられる楽曲に加え、子供たちに人気の曲を演奏してくれたりと、工夫を凝らして、普段あまり馴染みのないマリンバという楽器の音色と楽しさを伝えてくれました。
最後は平澤 仁さん(バイオリン)と竹村浄子(ピアノ)さんのデュオ。
このお二方、ワールドクラスの経歴&技術の持ち主なのですが、奇跡のような縁でお知り合いになり、出てくれることになりました。
超感謝!
流石の超一流のテクニックと演奏を見せつけてくれました。長丁場で疲れているはずの客席も、演奏始まった途端釘づけになっていたのが印象的でした。
アンコールまで披露してくれて感謝倍増。

というわけで今回も出演者の皆様、アクセプションズスタッフ、ボランティアの皆様、パソナ様、そしてご来場いただいた皆様のおかげで大成功でした!
最後は打ち上げで美味しいお酒が飲めました!
ただ課題も色々と見えてきたので、次に繋げてより良いものを提供していけるように精進したいと思います。

当日の写真はこちら。

出演者のBlogなど

1件のコメント

  • 2016年もよろしくお願いします!

    昨年もお世話になりました、今年もよろしくお願いします! 毎年恒例の振り返りと今年の目標的なやつを。…

コメントは受け付けていません。