Book

悪人

悪人

2013-04-25 Book
悪人posted with amazlet at 13.04.25吉田 修一 朝日新聞社 Amazon.co.jpで詳細を見る 保険外交員の女が殺害された。捜査線上に浮かぶ男。彼と出会ったもう一人の女。加害者と被害者、それぞれの家族たち。群像劇は、逃亡劇から純愛劇へ。なぜ、事件は起きたのか?なぜ、二人は逃げ続けるのか?そして、悪人とはいったい誰なのか。 久しぶりに震えるような読後感を味わった一冊。…
限界集落(ギリギリ)温泉

限界集落(ギリギリ)温泉

2013-02-18 Book
限界集落(ギリギリ)温泉第一巻posted with amazlet at 13.02.13鈴木みそ (2013-01-05)Amazon.co.jpで詳細を見る 伊豆の山奥のさびれた温泉宿にたどりついたホームレスは、ゲームクリエイターだった。コスプレイヤーのアユやたくさんのおたくを巻き込んで、限界集落の旅館街が元気を取り戻していくストーリー。重いテーマに軽いタッチで挑んだ、社会派コメディ漫画。 …
イキガミ

イキガミ

2013-02-06 Book
イキガミ posted with amazlet at 13.02.06東宝 (2009-04-24)Amazon.co.jpで詳細を見る 間瀬元朗の同名コミックを、松田翔太主演で映画化したヒューマンドラマ。1/1000の確率で選ばれた若者の命を強制的に奪う"国家繁栄維持法"が施行された世界を舞台に、死亡予告証"イキガミ"を受け取った3人の若者を巡る最期の24時間を描く。 「国家繁栄維持法」。 国…
一九八四年

一九八四年

2013-01-14 Book
一九八四年 (ハヤカワepi文庫)posted with amazlet at 13.01.11ジョージ・オーウェル 早川書房 Amazon.co.jp で詳細を見る 〈ビッグ・ブラザー〉率いる党が支配する全体主義的近未来。ウィンストン・スミスは真理省記録局に勤務する党員で、歴史の改竄が仕事だった。しかし彼は、以前より完璧な屈従を強いる体制に不満を抱いていた。ある時、奔放な美女ジュリアと出会ったこ…
Kindleアプリの日本展開

Kindleアプリの日本展開

2012-11-24 Book
読書は好きなのですが、蔵書を増やすと収納場所に困るため普段は図書館でいろいろと借りることが多いです。 だいたい読むのは通勤時間などなのですが、移動時間が長いと一冊だけじゃ足りないこともあったり、またもうすぐ読み終わりそうな場合は次の本を持ち歩いたりしなければいけないため、荷物が多くなるということも。 稀に読み始めた本が凄いつまらなかった場合、他の本を持っていないことを後悔することもありました。 そ…
クラウドが変える世界

クラウドが変える世界

2012-04-11 Book
クラウドが変える世界―企業経営と社会システムの新潮流posted with amazlet at 12.04.11宇治 則孝 日本経済新聞出版社 Amazon.co.jp で詳細を見る パソコンの登場、インターネットの出現に続き、社会にインパクトを与えると目されるクラウド。しかし、それは単なる通信やIT産業における技術革新の話ではない。企業の競争力奪回の重要なツールであるとともに、社会システムや個…
デジタルネイティブが世界を変える

デジタルネイティブが世界を変える

2012-03-16 Book
デジタルネイティブが世界を変えるposted with amazlet at 12.03.05ドン・タプスコット 翔泳社 Amazon.co.jp で詳細を見る 本書はネット世代が与えうる、企業、社会、学校、家庭、政治などへの影響とインパクトを、詳細なデータに基づいて分析している。なぜ、オバマが大統領選で勝利をおさめられたのか?なぜ、今までのやり方では物が売れなくなったのか?彼らは何を考えているの…
「障害児なんだ、うちの子」って言えた、おやじたち

「障害児なんだ、うちの子」って言えた、おやじたち

2012-02-11 Book
障害児を育てるお母ちゃんたちは、みんなでおしゃべりしたり、活発に動いたりしてるけど。おやじたちは、どうしているんだろう?おやじだって、頑張ってるよ。子どもの面倒見たり、お母ちゃんを手伝ったり、家庭を支えていかなければならないし、仕事もしっかりやりたい、と。そんな、おやじたちが語り始めた!子どものこと、お母ちゃんのこと、きょうだいのこと。会社のこと、仕事のこと、自分自身のこと。普通のおやじたちの、それぞれの「障害児の父親物語」。
あらしのよるに

あらしのよるに

2011-11-14 Book
映画化、舞台化もされたロングセラーの絵本シリーズ1作目。
以前読んだことがあるのですが、息子が図書館で借りてきたので、続編の7巻まで一気に再読。